tianzao


曾祖母の故郷訪問

《再会》
明日、若かりし日に学生寮で共に過ごした友人を訪ねる。
彼女は絵心があっていつも素敵な絵手紙を送ってくださる。
九州はそろそろ梅雨いりかな?
e0111220_22452798.jpg
福岡ではもう紫陽花が咲き始めたとのこと。北海道では7月になって花が咲きそろうので紫陽花は夏の花のイメージがある。
e0111220_2247369.jpg
彼女の旦那様は花を愛で美しく育てる名人。綺麗なお花を見に来てとお誘いがあり、会いに行くことにした。多分8年振りの再会になる。
それぞれに年を重ねてきた私たち、学生時代からもう45年も経ってしまった。
あの頃はお金にゆとりが無くて一個のリンゴを4人で割り勘で買ってきて、食べていた。あの頃食べた4分の1のリンゴはさくさく歯ごたえがあり、甘酸っぱさが口の中に広がって「初恋の味」がした。

母の曾祖母(大ばあさん)は大分県中津市の出身でお城にあがっていたらしい。屯田兵の息子と共に、旭川に住むことになった大ばあさんは、どれほど故郷が恋しかったことか。母は18歳の頃にこの大ばあさんと数年間同居していたという。
そのゆかりの中津城
へ友人ご夫妻が連れて行って下さるという。
さて、どんなところだろう。先祖のことは余り分からないけど、母が元気な内に写真を一杯撮ってきて母に見せてあげたいと思う。
[PR]
by tianzao | 2009-05-28 23:33 |

<< 曾祖母の故郷      モンゴル書道 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧