tianzao


室蘭市民美術館

《加藤寿牛書道展》 
室蘭市所蔵作品:展示8月16日まで
加藤寿牛は室蘭市ゆかりの書家。昭和、平成を代表する書家・金子鷗亭に師事し、漢字仮名交じりの口語文を書家の感性で表現する『近代詩文書』を制作。日展に8度入選を果たすなど、その作品は高く評価されました。
生きて不死鳥のようにe0111220_10401295.jpg
純白の衣装をまとって優美な姿をみせた羊蹄山は 高く澄み上がった蒼い空の下に 聖なる女性のようにすっくと立っている
e0111220_1044893.jpg
海に海豚は踊る女の軀體へ營み續け公孫樹の葉は落ちるe0111220_10442755.jpg
もう一度濃いお茶を飲んで別れませう
e0111220_10445265.jpg
ゆらゆらと紋白蝶がとぶ 激しい草いきれのなかで
e0111220_10454122.jpg
似合わぬ木瓜の花でも花瓶に押せば花唇を震わし壺との調和に赤くなる
e0111220_1046641.jpg
漲る生きものは地上絵緒蝕み盡くした この球體を清浄に還すため あなたはもう一度氷河時代を呼ぼうか
e0111220_10462241.jpg

[PR]
by tianzao | 2009-07-20 11:17 | 出来事

<< 高橋昭五郎彫刻展      書道展 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧