tianzao


大雁塔再訪

2000年夏に初めて中国旅行に行き、西安の大雁塔の3階で生前夫が浄書した般若心経を西方に向かって読み上げてきた。

《2009年夏の旅でご一緒した工藤善蔵画伯のスケッチ》
e0111220_22595754.jpg


今回のシルクロード同好会の旅で再度大雁塔を訪れることが出来た。その時、私は9年前に持参した同じ写経を握りしめて同好会の仲間3人と最上階の7階を目指した。旅の終盤で足も腰も痛くて体力も無くなっていた。そんな私の体になぜそれだけのパワーが残っていたのだろうか。仲間に励まされ一気に7階まで登り切ることができた。
e0111220_2345592.jpg

もう少しだ、頑張れ、がんばれ!夫も私に力を貸してくれたように感じた。

玄奘三蔵が般若心経を翻訳し、その経文を納めるために建立された大雁塔。今回の旅で一番行きたかった大雁塔。同好会の旅の参加者14人のうち大雁塔に上ったのは私を含めて僅かに4人。あのパワーは何処から湧き上がってきたのだろうか。体調を崩すこともなく無事に帰宅できた今、あの日体感した力をなんとも不思議な感覚で思い返している。
[PR]
by tianzao | 2009-09-08 23:10 |

<< 我中国各地旅行了      運動会 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧