tianzao


玄奘三蔵拓本

玄奘三蔵が天竺から持ち帰った教典を翻訳して納めた所が西安の
大雁塔、写経といえば般若心経、そのお経も玄奘三蔵が訳したと聞いた。今回の旅で私はその大雁塔の最上階に上り、その上玄奘三蔵が教典を背負う図柄の拓本を手に入れ持ち帰った。この拓本は自宅に置くよりお寺に飾っていただくほうがふさわしいと思う。
e0111220_2055316.jpg
先日津田額縁店に額装を依頼、落ち着いた良い額に仕上がった。その額を母と共に父の菩提寺の大真寺に納めることができた。お寺でどのように飾られるのか母も私も楽しみにしている。
[PR]
by tianzao | 2009-10-02 20:19 |

<< 室蘭市民美術館開館一周年記念展      毎日書道展北海道展 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧