tianzao


雲崗石窟(中国三大石窟の一つ)・懸空寺(空中楼閣)

【8月24日・3日目】 雨  大同 (宏安国際大酒店泊)
e0111220_10451988.jpg

《雲崗石窟》
e0111220_1121629.jpg
e0111220_103676.jpg
e0111220_1046418.jpg

《中国五岳》
五岳と称せられるのは北岳恒山(こうざん)、東岳泰山(たいざん)、西岳崋山(かざん)、南岳衡山(こうざん)、中岳崇山(すうざん)
その北岳恒山・翠屏峰の断崖に懸空寺が建てられたのは北魏後の1200年前。

《懸空寺》
断崖絶壁に穴を空け、支柱を差し込んで土台とし、山腹に張り付くように建てられた空中楼閣。 儒教の孔子、 仏教の釈迦、道教の老子の像が併置されている。
e0111220_2052670.jpg
冷たい雨と風が吹き付けて夏とは思えない寒さ。ここで風邪を引いた人もいて。
e0111220_2055136.jpg

e0111220_20534562.jpg

出来るだけ崖側を歩くように指示されて急階段を前へ前へと進んでいく。 楼と楼は桟橋でつながれ、建物と桟橋を支える頼みの綱の柱は、触れるとゆらゆらと揺らめき 足がすくむ。
e0111220_20544693.jpg

高所恐怖症の人、閉所恐怖症の人は避けたいところでしょう。でも私はなぜか平気で・・・。

《ヤオトン見学》
おじいさんがひとり暮らしをしているヤオトンを訪問する。室内は温かで結構広い。ここで映画の撮影があったとか。

《得月楼で夕食》
ひとり30元追加して夕食はしゃぶしゃぶ。客の前で舌打ちしながら従業員を叱りつける上司。プウーとふくれる従業員達、その無愛想なことといったらもう、にこりともしない。美味しいものもまずくなっちゃって。駄目だ、こりゃ!

それにひきかえ昼食をとった「緑園飯店」の従業員達はニコニコしていてとても感じが良かった。伊原夫人がツルの折り紙と5円、50円の穴あきコインをプレゼントしたら大喜び。笑顔に出会うと皆幸せ気分になるんですよ!
[PR]
by tianzao | 2009-10-07 21:49 |

<< 室蘭市民美術館      鳥の巣、万里長城、大同九龍壁 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧