tianzao


生前戒名

《生前戒名と永代供養》
夫の祥月命日に菩提寺の方丈様から授かった生前戒名には、私の雅号である「綾雨」という文字と私の本名の一字、そして夫の名前の一字が入っていた。

昨年12月の月命日のお参りの際に、私の書の雅号を確認しておられたけれど、まさかその二文字とも戒名にいれられるとはと、少々戸惑っていた。
最近の私は展覧会の書道作品作りは正直言って気持ちも体力的にも金銭的にもちょっと負担になっていた。ところが、自分の戒名を眺めている内に心境が変化してきたのだ。

「もう少し書を楽しんで書いてみようかな」と。
雅号の名付け親の吉田三沙先生がおっしゃっていた。
「綾雨には絹のように繊細な雨との意味合いがあるのですよ」
当時の私の雰囲気はそのようなものだったらしい。今の私は繊細な雨のようとは言えないくらい図太くもなってしまったけれど・・・。

戒名を授かったというと驚く人もいるけれど、生きてる内に仏弟子になったということなんだもの、この世に生きている内に黄泉の世界の名前が解るのもわるくないものだと、自分の戒名に手を合わせる私なのです。

生前戒名と併せて永代供養もお願いした。今、お寺の開山堂に我が家の位牌も祀られている。
さあ、長生きするぞ!
[PR]
by tianzao | 2010-02-15 14:40 | 静心

<< 免許更新用の写真      春節パーティ >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧