tianzao


17日の夜、母に電話をした。声に力がなかったので
「具合悪いの?」と聞いたら
「お腹が痛くて吐いてくだして気分が悪いの」と母、
「今、Mちゃんがすぐに行くそうだから待っててね」と私。
その夜は妹のMちゃんが母宅に泊まって様子を見ることになり、翌日から私が泊まり込むことになった。
「ねぇ、母さん病院に行こうよ」
「今こんな風邪が流行っているんだよ。病院に行ってあっちこっち検査されて、なんか言われたら嫌だもの」
そんなこんなで数日続けて母と暮らし、どうにか回復してきたようで、ほっと一息つき昨日私は帰宅した。
先ほど母に電話をした。
「あんたが作ってくれた野菜のおかずが美味しかったから、今私も作っているの」
気力体力、本当に母はすごい!

妹も弟も私も一緒に暮らそうかと誘っているのだけれど、高齢の母は自分のことが出来るうちは自分の家で気ままに過ごすのが一番という。その気持ちは痛いほど分かる。近くに住み頼りになる妹夫婦がいつも母を気遣ってくれている。私に出来ることは母に会いに行く機会を増やすことなんだよね。
[PR]
by tianzao | 2010-03-22 15:21 | 出来事

<< 町の電気屋さん      誕生祝いをいただきました >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧