tianzao


さくら、咲く

e0111220_1617574.jpg

季節がめぐり、空き家になった隣家の裏で桜がほころび始めた。寒空の中、ピンク色のはなびらが春を告げている。去年も一昨年も同じように咲いていたはずだけど、ことしの桜は今までよりも、何となく寂しげで儚げで健気に感じるのは見てくれる主がいなくなってしまったせいなのか。
e0111220_16321316.jpg

裏の事業所では毎年暖房用に薪を焚いている。軒に積み上げられた薪も残り少なになっていたが、最近また大量の薪が運び込まれた。この寒さ、何時まで続くのやら。
その事業所が私道に砂をたくさん入れてきれいに整備してくれた。、私道の半分は我が家の名義、とはいえ私はほとんど使わない。草むしりが関の山、とても助かる。ありがとうございました。
[PR]
by tianzao | 2010-05-14 16:46

<< 桜満開、こぼれるばかりの花ざかり      身体不舒服 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧