tianzao


タクラマカン砂漠・第2砂漠公路を走る

《4日目【21日)・アクスからホウタン(和田)までタクラマカン沙漠を横断》

【アクスの朝市】
e0111220_22493478.jpg
e0111220_22491629.jpg
e0111220_2249121.jpg
中国を旅していて、楽しみなのは朝市やバザールを見に行くこと。庶民のパワー全開。売り声、値段交渉、ざわめき、スピーカーの音。野菜、肉類、香辛料、食品だけでなく雑多な物が並べられている。雑踏の中に入ると迷子になりそう。
警戒中の公安の人に話しかけると笑顔が返ってきた。私たち一行がアクスに着く日の朝にアクス市内で爆弾テロがあり、7人の犠牲者が出たことをウルムチに戻ってからガイドの上司から知らされた。水面下、ガイドの気苦労は並大抵ではなかっただろう。

【タクラマカン沙漠】
e0111220_23174799.jpg
2007年に続き、今年もタクラマカン沙漠に立つことができた。熱い砂、降り注ぐ太陽、私のデジカメでは強い光で色が飛んで白っぽくなってしまった。
e0111220_23131414.jpg
何処まで行っても沙漠。写真に写っている植物はラクダソウ。
e0111220_23283198.jpg
ラクダソウはとげとげが鋭い。沙漠に強いラクダはこのトゲをものともせずに食べる。
e0111220_23265714.jpg
万年雪が融け出してタリム川に流れ込み洪水を引き起こして沙漠の中に湖出現。幻の湖"ロプノール”もこれとおなじようだったのではとガイドさんの説明あり。水があるせいか少し涼しく気温は43.7度。タリムとはウイグル語でお母さん。タリム川は中国内陸部の川では一番の長さ。
e0111220_2328552.jpg
胡楊は地中の深いところにある水脈まで根を下ろし"生きて1000年、枯れて1000年、朽ちて1000年”の3000年の木だという。道路の両側や沙漠のあちこちで流砂防止のわらが敷き詰められている。
e0111220_23291128.jpg
ホウタンまであと140キロメートルのところでバスが停止、前方にはトラックの行列。道路工事作業のため。

砂漠公路の分岐点で交通警察がバスの中を点検。あまり気分のよい話ではない。
21時10分にタクラマカン沙漠を抜ける。朝9時にアクスを経ったバスは夜21時40分に今日のホテル・ホータン賓館に到着。22時から夕食、こんな遅い時間に脂っこい物はたべたくない。
[PR]
by tianzao | 2010-09-17 00:20 |

<< 玉の産地・ホータン(和田)に連泊      ウルムチ南山牧場にて >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧