tianzao


マッサージ道路、ポプラ並木、ロバ車、難行苦行

《ホータンの朝》
朝早く目覚めて歯磨きをしているとき停電(5時45分から6時30分まで)に。室内は真っ暗。私はいつもベッドサイドに懐中電灯を置いて寝る。それが大いに役立った。
朝7時45分、まだ明け切らない中を朝の散歩に出た。昨日と違って今朝は何の制約も受けない。

e0111220_16364598.jpg


《6日目(8月23日)メルケト(麥蓋提)まで300キロメートル》
午前9時30分:ホータン出発。途中ガソリンを給油。今日はマッサージ道路を走りますとガイドさんの説明。まずい!車酔いするかもしれない。トラベルミンを2錠。
右に揺れ、左に傾きながらバスは進む。舌を噛みそう、マッサージどころではない悪路が1時間ほど続いた。
遠くに菎崙山脈の山々が聳え、手前に広がるゴビ灘、石油工場らしきものが見える。
13時30分、ピシャン(皮山)県の辺りを通過。私たちのバスが走っている道路の右側では来年開通予定の南疆鉄道工事が、左側では西域南道工事が同時進行中。昼の時間帯なので人影はまばら。レールを敷設しながら進められる鉄道工事。
e0111220_16562752.jpg


14時30分、ゴビ灘のごつごつとした殺風景な景色が一変、緑が多く小鳥もたくさん飛んでいる。道路が分岐している所を左折するとチベットのラサに着くという。昼食をとる予定のイエチャン(葉城)市街は近そう。お腹ぺこぺこ。

15時30分、イエチャンで遅い昼食、ラグ麺を食べる。
e0111220_17165194.jpg

生後4ヶ月の赤ちゃん、とても可愛い!
e0111220_1717321.jpg


18時00分、メルケトまであと50キロ、新疆で2番目に大きなヤルカンド川が見える。1番大きな川はタリム川。ヤルカンドの旧名はシャカウルル、ヤルカンド王朝はシャカ族の街で日本の桃山時代から江戸時代までにあたる270年間続いたそうだ。
絵になる景色、ポプラ並木をロバ車が通る。ポプラは計画的に植えられたもので木と木の間隔がとても狭い。ロバは力持ち、とても可愛い目をしている。
e0111220_17314194.jpg
e0111220_17295863.jpg

19時30分、バザールを終えて家路につくロバ車にたくさん出会った。
e0111220_17422965.jpg


19時55分、あと10キロでメルケト到着と言うところでまたまたもの凄いでこぼこ道に入る。外はまだまだ明るい。先行していたバスが突然停まり乗客が降りて歩き出した。前方には何台もの車が止まっていて私たちの車も移動できない状態。道路工事で通行止めなんだって。
しょうがないから、じっと待つのみ。
e0111220_1834672.jpg
e0111220_1833132.jpg
e0111220_1831676.jpg


21時過ぎに片側交互通行でようやく車が動き出した。対向車線で待ちくたびれている車の列。このようなことがたびたびあるようで。あぁあ、やれやれ。

21時25分メルケトのホテル到着。12時間の長い長いドライブでした。
夕食は22時から、そのあと世界遺産・ドランムカムを見に行くことになっている。
[PR]
by tianzao | 2010-09-22 18:15

<< 真夜中、世界遺産・ドランムカムを見る      玉の産地・ホータン(和田)に連泊 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧