tianzao


国境の街に別れを告げ、カシュガルに向かう

《8月26日(8日目)タクシュルガンを後にして》
朝8時の気温は10、6度。食事の前にいつもの散歩。通りに人影はなし。
e0111220_2365233.jpg

雪をかぶった山がこれほど近くに見えるとは。
e0111220_232495.jpg

ホテルの門前で工藤画伯と小佳がスケッチしていた。
e0111220_23125867.jpg
e0111220_2313171.jpg
e0111220_23142138.jpg


チェックアウトの時、ホテルの鍵に札が付いていないとクレームが付く。受け取ったときから付いていなかったのに、結局その代金10元を払う羽目になった。交渉事は岡本会長、お疲れ様でした。

10時ホテルを出発。景色は秋色。
e0111220_23292261.jpg

バスを降りて写真タイム。
e0111220_23294487.jpg

11時30分スバシ峠、海抜4200メートル。空気が薄い、風が冷たい。
e0111220_233132100.jpg


12時20分、カラクリ湖が近くなってきた所で青空トイレと休憩。会長が切り分けてくれた瓜を食べる。瑞々しくて甘くてとても美味しい! 生き返った気分。
e0111220_23375328.jpg


この後大変な事態になるとは誰も思わなかっただろう。
[PR]
by tianzao | 2010-10-05 23:43 |

<< 中国語でコミニュケーションとれますか      国境の街タシュクルガン >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧