tianzao


文明の十字路に魅せられて(室蘭民報10月10日朝刊文化面)

 《伊原克利事務局長の寄稿文が掲載されました》

 シルクロード同好会設立10周年企画の旅
文明の十字路に魅せられて

 もういい、疲れた。シルクロードの旅はこれで終わりだ。帰国後、家の階段を登りながらいつもそう思う。しかし、1週間もするとたまらなく又行きたくなるのはなぜだろうか。

〔天山南路から西域南道へ〕
 今年8月21日、我々仲間15名を乗せたバスは天山南路アクスからホータンへと丸一日砂漠公路を走り続け、夕方西域南道最大のオアシス、ホータンへ到着した。白玉河では玉探しに挑戦、遥か崑崙山脈の恩恵は雪解け水だけではなく、近年高騰を続ける玉で農民の経済をも潤している。仲間達の玉探しの成果はどうだったのだろうか。
 昼食は農家の中庭で、絶品の焼きたての羊の丸焼きとウイグル料理のフルコースでもてなされた。
午後バザールを歩く、道端に延々と続くバザールの雑踏と喧騒は迫力に満ち、西域に生きる人達の逞しさを嫌と言うほど実感できる。
e0111220_1344190.jpg

 歴史の街ホータン、玄奘はここから東行し民豊(ニヤ)、且末(チェルチェン)を通り敦煌から西安へと戻り17年の求法の旅に終止符を打ったのである。
我々はその玄奘の足跡を求め、カシュガルからタシュクルガンへと更に西へとバスの旅は続けられる。まだ旅は始まったばかりである。

〔美しい国境の街、タシュクルガンへ〕
 5年前あと35キロでタシュクルガンという処でパミール山中からの洪水で道を阻まれて引き返したが今回旅立ち前の情報では道は舗装されていい道だ、と聞いていた。しかし舗装道路は無残にも洪水により破壊され迂回路の山道を通る。カシュガルからブルンクル湖、3600m.のカラクリ湖、玄奘が大頭痛峠と書いた4200m.のスバシ峠を越え、バスは走り続け遂に夢は5年振りに現実のものとなった。3200m.の高地にあるタシュクルガン、タジク族の郷である。
 歩いて石頭城へ、タジク帽姿で街を歩く女性は美しい。石頭城、1300年前玄奘は天竺からの帰路ここへ立ち寄っている。高地のオアシスは寒くもう秋の気配である。アフガン、パキスタン国境は近く、白雪を抱くパミールが美しい。
 翌日未練を残しながらカシュガルへ戻るが、100キロ程走りバスは止められた。前方で交通事故らしく道路整備を待つ。ここに住むキルギスの子供たちが何か物を籠に入れて売りに寄ってくる。長い待ち時間、やがて商売を諦めた子供達との交流がはじまる。
e0111220_13475289.jpg

 子供達は仲間の折鶴や紙飛行機に大喜びだった。待つこと4時間30分、ようやく小雨の中バスは動き出した。崖と川に挟まれた狭い道に大型車の列が続く。やがて事故現場、大きなトラック同士の事故で、その横をゆっくりと通り過ぎバスは崖っぷちの狭い道を走り続け夜10時にカシュガルのホテルに到着したが、翌日の情報によると、その後洪水の被害で4名が亡くなられたという。危機一髪という感じである。

〔感動の最終日の夜〕
 カシュガル、トルファン観光後、ウルムチから午後の便で北京へ戻りバスでホテルへ向かう。バス内で仲間たちへ連絡する。室蘭工大留学生時代に交流していた満都拉君、その友人たち、内モンゴル教育基金の支援を受けている高校生の女の子2名が朝5時に内モンゴルを出てレストランで我々を歓迎するために待っている。明日朝のモーニングコールは4時である。旅の最終日疲れもピークなはずであるがもうひと踏ん張りをお願いした。夜9時レストランではすでに我々を待っていた。早速パーティがはじまる。歓迎の儀式、彼女たちからの馬乳酒を一気に飲み干さなければならない。次ぎは馬頭琴の演奏、彼らの歌、彼女たちの歌と踊り、深夜のレストランは疲れも忘れて感動の時間が過ぎる。僅か2時間あまりの交流のために遠い内モンゴルから走って来た彼らの気持ちがあまりにも嬉しい。

 こうして15名の旅は終わる。何度も参加している人、シルクロードが初めての人、どのように今回の旅を受け止めているのだろうか。数々の感動もあったがトラブルもまたあった。暴動、洪水、交通事故、がけ崩れ、砂嵐、40℃を越える暑さ、高山病など、西域はリスクも多い。
 夜空に高く響くダップとドタールの音にあわせて踊る彼らの背に古来熱砂の中興亡を繰り返した民族の哀切が伝わってくる。いずれの日か、西部開発の波は新疆を大きく変貌するだろう。しかし、私の脳裏からは長いポプラ並木をとことこ走るロバ車の風景は消えることはない。 
(2010年9月寄稿)     
  

【伊原夫妻・石頭城址にて】
e0111220_15154454.jpg


【ご案内】
2010年シルクロード同好会会員撮影の旅写真展と工藤善蔵シルクロード絵画展を開催します。
会場では会員が提供して下さったオアシス都市の民芸品や絵画の葉書なども販売します。その売り上げ金は全額内モンゴル教育基金に寄付されます。

日時:10月16日(土)10時から18時、17日(日)10時から17時
場所:ぷらっと てついち 集会場(室蘭市民会館隣接)
[PR]
by tianzao | 2010-10-11 13:52 |

<< カシュガル(喀什)市内観光1      ヤクシムスズ(yahximus... >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧