tianzao


トルファンの交河故城再訪

《8月30日(13日目)新疆ウイグル自治区とももうすぐお別れ》
【交河故城】
二つの河が交わる高台にある城址遺跡。紀元前2世紀に城郭を有し、漢代に軍隊が屯田したので「交河壁」とも称された。元代に廃棄されるまで1500年の歴史がある。
e0111220_16341394.jpg

中央大通りを歩く。
e0111220_155586.jpg
交河台地は柳の形をし、長さが1700メートル、最大幅300メートル。
e0111220_1554015.jpg
e0111220_1555210.jpg
大仏寺の周囲を3回廻って、ゆかりの人たちを偲んだ。
e0111220_15695.jpg
僧堂を背に夫の写経を広げる。
e0111220_15331771.jpg
故城下には河が流れ緑豊か。
e0111220_1562473.jpg
居住区?
e0111220_15365939.jpg


【ウルムチへ】
トルファンからバスで3時間ほど、旅の初日に泊まったウルムチの屯河美達酒店到着。
昼食後二道橋バザールに出かける。巨大なテントを張ったような店で値段交渉を楽しんだ前回とは大違い、立派なビルにそれらの店が入ってしまっていた。旅行者の勝手な思い入れなんだけれど何となく興ざめ。

【お別れパーティ】
とても美味しく皆食欲が戻ってきた。
e0111220_15563752.jpg
一足早くウルムチに戻っていたガイドのイミンさんがホテルに会いに来てくださった。
e0111220_15591210.jpg


【ウルムチ最大の屋台村】
李洲さんの案内で岡本会長、佐々木さん親子と私の5人で屋台村を散策する。夜の9時半を過ぎていたのにこの賑わいには圧倒される。
e0111220_1642843.jpg

イカ、エビ、カニ、シャコ、カイコ、リボンをつけた羊の頭・・・・。
魚の開きを回転させながら焼いているのを見て、一匹の魚なのに李洲さんは
「頭が二つだから2匹だ」と言う。
日本に精通していても、ホッケやアジの開きを食べたことがないのかな。
岡本会長曰く「今度ご馳走するから、室蘭に遊びにおいで」
[PR]
by tianzao | 2010-10-21 16:27

<< 新疆ウイグル自治区にさようなら      トルファン(吐魯番)観光 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のコメント
お花は、綺麗ですね。賛!
by shinba at 08:37
长寿百岁,健康快乐。
by 李占涛 at 22:12
长寿百岁,健康快乐。
by 李占涛 at 22:12
谢谢!!
by りーろん at 22:20
何事もなくてよかったです..
by りーろん at 21:04
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧