tianzao


かな書道をしてみたけれど、悲しいほど書けない私

《かな昇段試験》
5年ぶりにかなの昇段試験を受けることにした。筆を持つ手が震えてふらりふらり、線質の厳しさが全然出せない。こりゃ駄目だぁ!日頃の積み重ねが大切なんだと思い知らされた。
受験を止そうとの思いがよぎったけれど、今の私には挑戦することも必要かなと思い直して書いてみた。書けば書くほど悲しくなる出来上がり、その中から作品を1枚ずつ選んで、エイッとばかりに郵送した。
e0111220_18174314.jpg

古筆臨書原寸大課題は元永古今集・僧正偏照(そうじょうへんじょう)のうた
ちはやぶる 神やきりけん つくからに 
千年のさかも こえぬべらなり

条幅臨書課題は粘葉本和漢朗詠集・能宣(よしのぶ)のうた
ちとせまで ちぎりしまつも きょうまでは
きみにひかれて よろずよやへむ

半懐紙創作課題・菅原道真(すがわらのみちざね)のうた
海ならず たたへる水の 底までも
清きこころは 月ぞ照らさむ


《北海道書道展》
2月12日までに書き込まなければ間に合わないので、少々焦って書き始めた。入選はおぼつかないなぁ。
e0111220_18235286.jpg


1月の忙しさの反動かちょっと体調が不安定。紙に向かって書き始めると治まっていたはずの足のつっぱり症状が出てきた。休み休み書きなさいということらしい。
週末は母に会いに出かけよう。
[PR]
by tianzao | 2011-02-02 18:29 | 書道

<< 登別中国語交流会中国語講座      夢輝のあチャリティミニ・コンサート >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧