tianzao


函館・懐かしのローレル

函館旅行の2日目の午後、七飯在住の夫の弟夫婦が車で函館山と元町周辺を案内してくれた。
函館山で巴湾を一望して駐車場に戻り車に乗り込もうとしたとき、思わず息をのんだ。
e0111220_17291710.jpg

「もしかしてこの車は・・・・」
「そう、兄貴の形見のローレル」
「もう手放したとばっかり思ってた。こんなに綺麗にして大事に乗ってくれていたんだね」
「20年も乗ると下回りが腐食してきてもう限界、今年兄貴の十三回忌が終わったので踏ん切りがついて手放すことにしたんだ。だから最後に義姉さんに乗って貰いたくてね」
ここで夫の愛車に再会出来るとは思ってもいなかったので驚きと共に胸がいっぱいになった。

旅に出かける前日に「2日目は私たちが観光案内するのでホテルで待ってて」
と、義妹が連絡してきた。
「友人との二人旅で、電車に揺られてのんびり気ままの旅をするんだから気を遣わないで」
と応える私に、
「気なんか遣っていないから、ホテルで待っていてね」

義弟夫婦の心遣いに感謝。涙うるうる。
ありがとう!
ローレル、お疲れ様。さようなら。

e0111220_17552932.jpg

[PR]
by tianzao | 2011-05-18 17:55 | 出来事

<< 我身体不舒服      家の近くの公園で桜が満開になりました >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧