tianzao


室蘭消防署救命講習会・心肺蘇生法とAEDの使用法

《室蘭市第7地区福祉委員研修会》
福祉委員14名が室蘭消防署本部で3時間の救命講習会を受講しました。
e0111220_14481017.jpg

【救命救急車】
室蘭には3台の救急車があり、消防署救急隊、本輪西救急隊、入江救急隊に各1台ずつ配備されています。昨年の出動回数は3,985件、平均7.3分で到着します。心臓が停止すると4分以内に脳障害を起こすと言われており、救急車の到着までの間にそばに居合わせた人による救命処置が必要になるのだそうです。

【講師は4名の救命救急士さん】
e0111220_14303061.jpg
東北の大震災にも派遣されたそうです。

《救命処置》
人工呼吸2回(1回1秒)、心臓マッサージ30回(1分間に100回のテンポで、胸が4~5㎝沈むまで)を、繰り返す。

【気道の確保】
片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本を顎先(骨のある硬い部分)に当て、頭を転がすようにしてのけぞらせる(頭部後屈)
e0111220_1530996.jpg


【人工呼吸】
口対口の人工呼吸法なので、簡易感染防護具(一方向弁付感染防止用シート)を使用。今回は実習用の人形を使ったので、実習用の布を使用した。
e0111220_15125388.jpg


【胸部圧迫(心臓マッサージ)】
乳頭と乳頭を結ぶ線の真ん中に、片方の手の付け根を置き、他方の手を重ねる(両手の指を互いに組むと、より力が集中する。垂直に圧迫。(斜めに押すと脾臓や肝臓を傷つける恐れがある)
e0111220_15282419.jpg
e0111220_1603592.jpg


【AED】
AEDが届いたら直ぐに使う準備を始め、準備中も心肺蘇生を続けるが準備が整ったら傷病者から離れ、AEDの音声メッセージに従い電源ボタンを押す。
e0111220_15395485.jpg
e0111220_1540142.jpg


【心肺蘇生を再開】
AEDの電気ショックが完了したとメッセージが流れたら心臓マッサージ30回と人工呼吸2回を繰り返す。救急隊が到着したら、隊員に引き継ぎ、傷病者の倒れていた状況、心肺蘇生とAEDによる電気ショックの回数を伝える。

【心肺蘇生法の実習】
e0111220_15263268.jpg

[PR]
by tianzao | 2011-06-04 16:02 | 出来事

<< 小鳥の名前は?      登別市亀田記念公園 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧