tianzao


曾祖母の兄・広澤徳治郎が描いた屯田兵絵巻

《屯田物語原画綴り》 旭川市の文化財指定
e0111220_21392979.jpg
e0111220_22123366.jpg

《広澤徳治郎》
慶応元年大分県中津に生まれ、27歳の時に屯田兵として旭川兵村に入植した。
e0111220_21411224.jpg
開墾などの農作業は苦手で家族任せ、悠々自適、華道の他茶道にも通じていて、村の娘や動向の人たちにその道を教授していた。私の曾祖母・中村ツルは徳治郎の妹で、入植時は17歳だった。
結婚前に曾祖母と旭川で暮らしていた母は曾祖母から中津のことをよく聞かされていたという。数年前私の母の願いで私は曾祖母の故郷の中津に行ってきた。

【中津城(別名は扇城)】
黒田孝高(別名黒田如水、黒田官兵衛)が豊臣秀吉の命により九州を平定し、16万石を拝領して1588年、中津川河口周防灘に臨む地に築城した。
e0111220_214824100.jpg

【福沢諭吉旧宅】
e0111220_21484331.jpg


《屯田兵絵巻》 北海道開拓記念館蔵
【1998年(平成10年)北海道新聞掲載】
4月に亡くなった叔母(母の妹)の遺品の中にこのような記事の切り抜きが見つかったと、従兄弟が送ってくれた記事。
e0111220_22212029.jpg


《曾祖母と若かりし頃の母&叔母と曾祖母の甥と姪》
e0111220_22515594.jpg

《母と今は亡き祖母と叔母姉妹の幼い頃》
e0111220_2255243.jpg

[PR]
by tianzao | 2011-06-22 22:36 | 出来事

<< 登別市民会館で水餃子作りをしました      北海道新聞6月14日朝刊で内モ... >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧