tianzao


美唄湿原,宮島沼、ピパの湯・ユウリン館

キウシト湿原のバスツアーで美唄に行ってきました。美唄という地名はピパオイ(沼貝の多いところ)というアイヌ語に由来している。
e0111220_22111436.jpg

【美唄湿原】
東西約540メートル、南北440メートルの高層湿原です。湿原内は乾燥化でかなりの部分に笹が繁茂しており、貴重な草花を凌駕していました。
e0111220_2273726.jpg
持参した長靴を履いて木道を横断し、ワタスゲ、ミズゴケ、モウセンゴケ、タテヤマリンドウ、エゾカンゾウなどを観察しました。
e0111220_22154124.jpg

e0111220_226632.jpg
e0111220_2263464.jpg
e0111220_2271032.jpg
e0111220_2292794.jpg
e0111220_22122955.jpg
e0111220_22131152.jpg
e0111220_22133038.jpg
e0111220_22204048.jpg
e0111220_22211260.jpg

【宮島沼】
面積は約30ヘクタール、平均水深1,7メートルの沼は真ガンや白鳥、鴨類の渡りの中継点になっている。環境省指定の鳥獣保護区でラムサール条約の国際保護湿地にも登録されている。
e0111220_223055.jpg
e0111220_22302111.jpg

渡りの季節になると東アジアに生息するマガンの個体の約半分に当たる6万羽が飛来するそうです。6万羽のマガンがひしめく小さな沼・宮島沼は酷使される湿地ナンバーワンに登録確実ではないでしょうか。
今の季節は鳥類が去って静かそのもの、美しい水面が広がっていました。
【ピパの湯・ユウリン館】
昼食と入浴セット1300円を払って入館し、アスパラを練り込んで作った麺のサラダを食べた後に温泉に入った。軟らかい泉質のお湯で肌がすべすべ、美肌の温泉でした。

初めて行った美唄はとても綺麗な街で、桜やツツジの時期にもう一度行ってみたいなあと思いました。
[PR]
by tianzao | 2011-06-27 22:44 | 出来事

<< キウシト湿原でヒツジ草が開花しました      登別市民会館で水餃子作りをしました >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧