tianzao


最近続けて転んでしまった母

母の家に泊まりに行ったある日の真夜中3時、私を呼ぶ母の声で目が覚めた。
母が顔から血を流して台所に立っていた。トイレに行こうとして足がもつれて転び額を切ったという。顔もパジャマも転んだ場所にも血が飛び散って・・・。
しばらく患部を押さえて応急処置、血が止まった。病院に行こうかと聞いたら痛いけれど大丈夫と母は言う。歯医者さんで処方された痛み止めを飲んでようすをみることにした。
ベッドに入るのを見届けてパジャマを洗おうとすると母から、
「血の付いた物の洗濯をするときは水洗いを先にしてね」と指示が飛んだ。
「それだけしっかりしていたら大丈夫だね」と私。
夜が明けて母の顔を見ると瞼の上から額にかけてぶすいろになっていた。それでも病院には行きたくないという。隣に住む姉を呼びに行った。姉は私より手際よく傷の処置をしながらようすをみようといった。
朝晩姉が傷の手当てを、夜は妹たちが泊まり込んでくれた。

10日後、気がかりで母の家に泊まりに行った。傷はかなり良くなったが目の周囲から頬にかけて色が変わっていた。あのとき額の傷のほかに身体のあちこちを打ったようで足や腰にも打ち身の痕があった。でも骨折はないようで安心した。強いんだな母は。
「なんで転んだんだろうね。なさけない」という母は1月2日に93歳になる。いつまでも元気でいてください。

11月23日は母と亡き父との70回目の結婚記念日なので、お祝いに花を贈ることになり姉妹でシクラメンの鉢を買いに洞爺の道の駅へ行った。羊蹄山はすっかり雪景色。
e0111220_16531811.jpg

[PR]
by tianzao | 2011-11-27 16:54 | 出来事

<< 全国学生書道展と国際現代書道展      書道の聖地・蘭亭を訪ねて >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧