tianzao


南天、生き生きと

義弟が送り迎えをしてくれて、1泊で洞爺湖町の母の家に行ってきた。私が年末に持参した南天が1ヶ月半経っても艶やかさを失わず仏間と玄関に飾られていた。まだまだ長持ちしそう。
e0111220_1753944.jpg


妹夫婦は最近母を温泉に誘ってくれる。温泉に入ると身体が温まって痛みが取れ気持ちよいと母は言う。神経痛の持病が和らぎ母が元気なのがとても嬉しい。昨日妹夫婦と母と4人で「洞爺いこいの家」に行った。何時も同行する姉は生憎風邪気味でと残念がっていた。道中まん丸な月が出ていて月の光が湖面に反射して美しく光っていた。浴場には私達4人だけ、浴槽から見える月は幻想的な雰囲気を醸し出していた。極楽、極楽!

今日はとっても冷え込んでいる。有珠山も昭和新山も寒そうだった。
e0111220_17192213.jpg
e0111220_1719354.jpg

[PR]
by tianzao | 2012-02-09 17:19 | 出来事

<< 雪掻きしましょうか?      間違い電話 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧