tianzao


一葦会錬成

久しぶりに一葦会の錬成に参加した。
【佐藤翔雲先生が解説を交えて書いた昇段試験のお手本】
e0111220_14121692.jpg
e0111220_14115864.jpg
e0111220_14114312.jpg


お仲間さんがしんと静まりかえった中で皆熱心に毎日書道展の錬成をしていた。

でもお茶の時間や昼食時には相変わらず皆の笑い声が会場を包んでとても楽しかった。
私も自宅で書いた作品を2枚持参し見ていただいた。字が同じ幅でまっすぐ立っている。字の懐を広く、偏と旁の方向に変化を持たせたり、墨つぎやかすれを意識して、綺麗に纏めようとしないで等々。
アドバイスを参考にゆっくり書いてみた。家で書いていったものより少し幅だしができたかなと思いつつ字面が大きすぎたよう。なんと言っても書き込み不足。締め切りまでに少しはよくなるだろうか?
e0111220_20553140.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-03-04 14:10 | 書道

<< 时间虽短,友谊长存      絵手紙 おひなさま >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧