tianzao


お正月には南天を

母は毎年南天を生けてお正月を迎える。
「お正月には南天を飾りたい」と母は言う。
お花屋のりーろんさんが、年の瀬に札幌の市場で仕入れてきた南天。「蘭をあしらうと素敵ですよ」とりーろんさんの奥さまのアドバイスを受け、正月用の花を母に届けた。
e0111220_12102018.jpg

未生流の師範資格を持ち、教えていたこともあったという母、「いい花だねぇ、南天の実の艶やかなこと」と言いながら、早速とても真剣な眼差しで花に向き合っていた。母の底力を感じた。
e0111220_12133257.jpg


1月2日に母は95歳の誕生日を迎えた。
e0111220_12164355.jpg

来年も再来年もまだまだ先も、毎年南天を生けられるように元気でいてくださいね、母さん
[PR]
by tianzao | 2014-01-04 12:19 | 出来事

<< 運を使い果たすのでは・・・      洞爺いこいの家 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧