tianzao


乗馬

数年前、友人のお誘いで乗馬を楽しんだことがある。最初は馬の背に乗るだけでもひと苦労だったのに、回を重ねるごとに鐙に足をかけ一気に馬上の人になることができた。馬はとても頭がよく私のように下手な人にもそれなりに付き合ってくれる。いつものように右に行こうと思い右の手綱を引いたら左に行くし、あんたの言うことなんか聞いてやるものかと無視を決め込んでてこでも動かないぞと態度で示す。時には急に走り出し振り落とそうともする。友人の上達は早かったが私は全てがスローだった。でも馬の背に揺られて高い目線で草原を散策したあの数ヶ月間はとても気持ちが癒されたように思う。
e0111220_2126775.jpg
その後内モンゴルの草原で馬に乗る機会があった。日本で乗っていた馬よりひとまわり小さなモンゴルの馬は観光客用によく訓練されていてとても温和しかった。歩くだけだったので安心して乗馬を楽しめたが少々物足りなさを感じてしまった。振り落とされてもいいの、ちょっとだけ草原を走ってみたかったんだ、あの日のわたしは。
e0111220_13273330.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-02-23 21:27 | 出来事

<< 春近し      母の絵 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧