tianzao


空海マンダラ

友人と二人で北海道立近代美術館に空海マンダラ・弘法大師と高野山を見に行った。
e0111220_1910192.jpg
e0111220_17105544.jpg
弘法大師空海
平安時代初期に遣唐使として中国へ渡り、インド伝来の本格的な密教(みっきょう)を初めて日本に伝え、真言宗(しんごんしゅう)をひらいた人物。
日本三筆の一人に数えられる書家・弘法大師の直筆も展示されていて、書を習っている私はとても興味を引かれた。
空海座像・大日如来像・不動明王像・曼荼羅など、空海が建立した高野山真言宗総本山・金剛峯寺を中心とした諸寺に伝わる国宝や重要文化財に指定された名品が沢山展示されている。
平清盛が寄進した曼荼羅は大日如来の宝冠の部分に自からの血を混ぜて作らせたと言い伝えられていて、血曼荼羅ともいわれている。又仏師として有名な運慶や快慶作の仏像も人目を引いていた。

私たちが札幌に行った日は風が強くとても寒い日(リラ冷え?)だった。大通公園ではライラックと藤の花が華やかに咲いていた。ライラック(フランス語でリラ)
e0111220_18304379.jpg
e0111220_18334152.jpg
寒さにめげず迷いながら狸小路まで歩いた。結構遠くてああ、疲れた!
e0111220_18314019.jpg
e0111220_1838121.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-05-28 15:24 | 出来事

<< キャノンA-1カメラ      御衣黄(ぎょいこう) >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧