tianzao


ナナカマド

毎年、父の命日に子供達が母の家に集う。
e0111220_21404515.jpg

父は米寿の祝いをした翌月にこの世を去った。
その様なことがあったので母の米寿の祝いは延び延びになっていたが、子供達が集まったのを機会にささやかながら母の長寿を祝った。

父母が家を建てたときに植えたナナカマドは、たくさんの小鳥たちが羽を休めに訪れる大木に成長した。
e0111220_2264444.jpg

しかし、ここ数年は強風が吹くたびに今にも倒れそうな状態ではらはらしていた。
母も納得し子供達が協力して木の丈を詰める作業をすることになった。
母は塩とお酒をナナカマドの根元に供えた。
e0111220_2221333.jpg
e0111220_2223961.jpg

たくさんの実をつけたナナカマド、まさか切られるとは思わなかったことだろう。
勝手な思いかもしれないがいつかたわわに実をつけるナナカマドを目にする日が訪れてほしいと願っている。
[PR]
by tianzao | 2007-07-12 22:20 | 出来事

<< サクランボ狩り      瑞世拝登(2)  >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧