tianzao


北京故宮書の名宝展

9月13日の夕方、江戸東京博物館に着いた。
e0111220_1155694.jpg
e0111220_11555374.jpg

開催期間は9月15日まで、私が見に行ったのはその前々日の土曜日で、閉館時間が午後7時ということもあり、会場はかなり混み合っていた。お目当ての蘭亭序には長蛇の列ができていた。人と人の隙間からしっかり見ることが出来感激だった。

【蘭亭序・八柱第三本(馮承素本)】
e0111220_1292739.jpg
王羲之筆「蘭亭序」原跡は唐代太宗皇帝が昭陵に副葬させたため原本は存在しない。太宗皇帝が在世中に作らせた臨本や模本があり、それを元に模本や拓本がたくさんつくられた。
清代乾隆帝は蘭亭序の中から優品三種を選りすぐって蘭亭詩とともに「蘭亭八柱帖」を定めた。(北京故宮書の名宝展作品解説より抜粋)

【行楷書張翰帖・欧陽詢】
e0111220_12591019.jpg

【行書湖州帖巻・顔真卿】
e0111220_12594381.jpg

【草書諸上座帖巻・黄庭堅】
e0111220_1302743.jpg

【行書復官帖・米芾】
e0111220_1305667.jpg


素晴らしい書の名宝、時代を経て今なお残る墨色の美しさに息を呑んで見入った。
[PR]
by tianzao | 2008-10-05 12:56 | 書道

<< 特別展スリランカ      もんじゃ焼き >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧