tianzao


初詣

1月2日は母の90歳の誕生日。
朝、道路に除雪車が入って、年末から元旦にかけて降り積もっていた雪の轍を解消してくれた。
その日は真冬らしからぬ暖かい日差しが降り注いでいた。
「神社に初詣に行こうよ」と母を誘った。
「喪中だし、・・・・。」
「大丈夫!去年はいろんな事が有りすぎたから厄除けに行こうよ。階段の下で本殿に向かって手を合わせて、その後お神籤を買うだけでも気分転換になるから行こう!」
ということで姉と3人で虻田神社の初詣に出かけた。

駐車場から本殿まで50数段の階段がある。
母は娘達の手を借りず、杖をつき手すりにつかまりゆっくりゆっくりとだが、ついに階段を上りきった。足も腰も背中も痛い母、母の直ぐ下を歩いた私は一心に本殿を目指す母の姿に胸が一杯になった。
e0111220_15301867.jpg

初詣は10年ぶりだそうで、お守りと破魔矢を買い、お神籤もひいた。
母は大吉、今年は良いことがいっぱいありそう。

家に戻る途中、緩やかな坂道の雪を踏みしめ父のお墓にも寄った。
母はお墓の雪を手で払いのけ、ナンテンの枝を供えて合掌した。
「ここは見晴らしがいいね!」
母の視線の先には明るい日差しに輝く噴火湾が広がっていた。

その夜、孫達も来て母の誕生祝いをした。
「神社の階段は本当はとても大変だったんだよ。お墓までの雪道は歩きづらくてどうしようかなと思ったけど、行くことができてやっぱり嬉しかった!」
と孫たちに楽しそうに話す母。

来年もまた一緒にお詣りできますように!
[PR]
by tianzao | 2009-01-05 15:44 | 出来事

<< たんぽぽ      ナンテン >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧