tianzao


北海道家庭医療学センター

《家庭医》
日鋼記念病院から家庭医のいる東町クリニックに転院して1年半になる。私の主治医の家庭医は北海道家庭医療学センター・本輪西ファミリークリニックから派遣されているH医師で、地域医療に情熱をかたむけ、患者1人1人に親身に語りかけ、それぞれが持つ心の痛みにもこころ配りをしてくださる信頼のおける先生である。通院しているクリニックでは3月一杯で家庭医の診療が終了するとのことなので、私は4月から本輪西の北海道家庭医療センターへ通院しようと決めている。

先日東町クリニックで市の健診をうけた。誕生日を目前にして良い機会と考え胃ガン検診も受けようと思った。しかし、このクリニックでは実施していないため、日鋼記念病院の健診センターに電話をした。

以前日鋼記念病院消化器科に入院後通院していたこと、最近吐き気で目が覚め、時々胃痛や不快感があるのでガン健診をうけたいと告げたところ、健診はバリュームのみなので、消化器科を受診した方がよいのではと勧められた。

血液検査、CT検査、造影CT検査、超音波検査、胃カメラ検査を受けることになった。
造影CT検査は造影剤を注射した直後体が熱くなると説明を受けていた。本当に短時間ながら熱さが体の中を駆けめぐった。
明後日は胃カメラ検査がある。あの美味しい?胃カメラを飲むんだ!涙、よだれ・・・・を友として。

数年前に経験した言いようのない身動きの出来ないような痛みはない。今日は胃の不快感が和らいでいるし、食欲もある。明日はもっと良くなりそう、きっと良くなる。
これは単なる胃炎なんだろうと楽観している私が此処にいる。
[PR]
by tianzao | 2009-02-10 18:54 | 出来事

<< 胃カメラ検査      摩訶般若波羅蜜多心経 >>

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧