tianzao


カテゴリ:美術館( 52 )



室蘭市民美術

《第2回北海道現代具象展》
中央画壇で活躍する、北海道内ゆかりの画家の巡回展
e0111220_2124436.jpg

会場:室蘭市民美術館
期日:12月9日から12月14日まで
e0111220_21385199.jpg
e0111220_2139617.jpg

会場には100号前後の大作が展示され、訪れた多くの市民が熱心に鑑賞。
今日、私は会場で受付の隣の席に座り、ささやかなお手伝いをした。
目線の先には美しい大作の数々、贅沢な時間をプレゼントされた気分になった。

《室蘭市民美術館 次回展のお知らせ》
【室蘭の風景】  ー港・工場・自然 Part 2 ー
期間:平成20年12月16日から平成21年1月8日まで
*期間中閉館日:12月22・24・29〜31日、1月1〜3・5・13・14日
e0111220_21543617.jpg

[PR]
by tianzao | 2008-12-10 22:04 | 美術館


室蘭市民美術館

《田中恵 書展》(12月7日まで)
e0111220_17404865.jpg

恵(けい)さんは札幌高等養護学校の3年生。
e0111220_17331653.jpg

力強くて暖ったかでほのぼのとした書の数々。
e0111220_17334031.jpg
e0111220_1735341.jpg
e0111220_17421530.jpg
e0111220_17443430.jpg


《室蘭の風景》(Part1)
e0111220_1844556.jpg
e0111220_185365.jpg
e0111220_1855378.jpg
e0111220_1861348.jpg

《室蘭の風景》part2は12月16日から開催されます。

《第2回 北海道現代具象展》移動展
道内及び国内著名作家による具象絵画26点を展示する。
会期:平成20年12月9日から12月14日まで
[PR]
by tianzao | 2008-12-06 18:11 | 美術館


白鳥大橋建設の記録

【月岡正明写真展】
今年は白鳥大橋(室蘭市)開通10周年記念の年。
それに合わせて白鳥大橋建設の記録展を開催している。
e0111220_1747320.jpg


 会場:室蘭市民美術館
 期間:11月6日(木)から16日(日)まで

月岡正明氏は主塔着工から開通にいたるまでの6年間を記録し続けた。
e0111220_1851328.jpg
大きな石は海底から引き上げられた300万年前の安山岩。
e0111220_1853228.jpg
月岡氏の側にはいつも夫人が寄り添い、助手としてかいがいしく働いている。
e0111220_18215046.jpg
特別の許可を貰って主塔の上からも撮影した。
e0111220_1842722.jpg
ダンスをしているのかな?何だか楽しそう!
e0111220_1838166.jpg


月岡氏ご夫妻は一緒にシルクロードを旅したお仲間。
とても仲の良い素敵なご夫婦です。
奥様も4年前から写真撮影を始め展覧会での受賞歴もある。
e0111220_18464399.jpg


月岡氏は白鳥大橋の記録、有珠山の記録、室蘭イタンキ浜に流れ着いた漂流物の記録なをライフワークに写真を撮り続けている。
[PR]
by tianzao | 2008-11-07 18:59 | 美術館


室蘭市民美術館

【掛川源一郎展】
e0111220_20385666.jpg

掛川源一郎氏はアイヌ民族の人々や北の大地をテーマに記録し続けた写真家。
文部省地域文化功労賞・東川賞特別賞。講談社写真賞など数々の賞を受賞。
会場:室蘭市民美術館常設ギャラリー
会期:11月9日まで

e0111220_21311346.jpg
e0111220_21315178.jpg
e0111220_21321753.jpg
e0111220_21333530.jpg

室蘭市民美術館館長・小原章嗣氏
e0111220_2135175.jpg


【室蘭版画の会展】
e0111220_21554771.jpg
e0111220_2156582.jpg
e0111220_21562367.jpg

会場:室蘭市民美術館オープンギャラリー
会期:11月3日まで
[PR]
by tianzao | 2008-10-31 21:58 | 美術館


ブルガリア・トラキア王の黄金のマスク

【よみがえる黄金文明展】を北海道近代美術館で見た。
世界最古といわれる紀元前5000年紀後半(バァルナ銅石器時代)の墓から出土した王笏・黄金の腕輪・雄牛のアップリケなどの黄金製品の数々は時空を経た今日もその輝きを失ってはいない。

e0111220_20451023.jpg

2004年、ブルガリア中央部にある「バラの谷」で21世紀の大発見と称されるトラキア王の黄金のマスク(紀元前5世紀後半)が出土した。
ブルガリアの複数の遺跡からは黄金の花冠、ネックレス、リュトン、イヤリング、指輪などの黄金の装飾品が多数出土している。

伝説の「トロイの木馬」でトロイに付いたトラキアの戦士たち。勇猛を馳せた戦士たちが用いた鎧、兜、すね当て、剣なども展示されていた。
今後も古代文明の通説は次々と書き換えられていくのだろうか。
[PR]
by tianzao | 2008-10-21 22:10 | 美術館


室蘭市民美術館

10月1日、室蘭市に待望の美術館が開館した。
e0111220_23263648.jpg

美術館の壁面には市民の手になる絵画が描かれている。
e0111220_2327551.jpg

《オープニングは室蘭出身画家の二人展》19日まで開催中
福井正治展
e0111220_23303418.jpg
e0111220_23305690.jpg
e0111220_23311264.jpg
e0111220_2332435.jpg

野本醇展
e0111220_23333039.jpg
e0111220_23335912.jpg
e0111220_23341569.jpg
e0111220_23343458.jpg
e0111220_23355958.jpg


引き続き数々の展覧会を企画しているのでお出かけ下さいませんか。
[PR]
by tianzao | 2008-10-18 23:44 | 美術館


室蘭市民美術館

「室蘭に美術館を」という長年の市民運動が実を結び10月1日、室蘭文化センター地階に室蘭市民美術館がオープンした。
会館記念展は室蘭ゆかりの画家《野本醇・福井正治二人展》
e0111220_13533541.jpg
e0111220_13535515.jpg

「室蘭市民美術館をささえる会」の会員が運営を全面的にサポートする体制で臨む。

【室蘭市民美術館特別展のご案内】
野本醇・福井正治 二人展
  会期:平成20年10月1日(火)〜19日(日)
掛川源一郎 写真展
  会期:平成20年10月21日(火)〜11月3日(月)
室蘭版画の会
  会期:平成20年10月21日(火)〜11月3日(月)
白鳥大橋開通10周年記念 月岡正明写真展
  会期:平成20年11月6日(水)〜11月16日(日)
第2回北海道現代具象展
  会期:平成20年12月9日(火)〜12月14(日)

【室蘭市美術館をささえる会】
会長:丸山貴陸
連絡先:室蘭市幸町6-23 室蘭市民美術館内
電話:0143-25-3090
[PR]
by tianzao | 2008-10-07 14:14 | 美術館


特別展スリランカ

上京の折、東京国立博物館にスリランカ展を見に行った。
e0111220_213514.jpg

テレビでおなじみのウィッキーさんの穏やかで優しい音声ガイドに耳を傾ける。
金色に輝く仏像、微笑みをたたえた仏像、優美な仏像の数々、ルビーやサファイヤが埋め込まれた刀剣や装飾品、何世紀にもわたり心の安寧を求めて作られたであろうこれらの仏像群や装飾品などを時間をかけて見て歩いた。
スリランカには仏陀ゆかりの聖地があり、現在も巡礼者が多く訪れる。
e0111220_22345674.jpg

古代都市と仏教遺跡、世界最高品質の紅茶の生産国、貴重な宝石の数々を採掘加工している丘陵地帯。
東京国立博物館でちょっとだけスリランカに触れた。
《輝く島の美に出会える》スリランカに興味を持った。

スリランカ展を見る前に上野公園内にある「韻松亭」で早めの昼食。
黒光りした板の間で「花籠膳」をいただいた。
e0111220_2336454.jpg

店の外では小雨降る中、長蛇の列が食事の順番を待っていた。
[PR]
by tianzao | 2008-10-06 23:02 | 美術館


小島和夫日本画展

《遙かな刻ー小島和夫日本画展》
会場:室蘭市文化センター
期日:9月23日〜9月28日・午前10時〜午後5時
後援:室蘭市・室蘭教育委員会
   室蘭清水丘高校創立90周年記念事業協賛会
   室蘭市民美術館をささえる会

e0111220_21163593.jpg
e0111220_21165486.jpg


小島和夫氏の日本画展が文化センターで開催中
小島画伯は室蘭清水丘高校出身、東京芸術大学美術学部日本画専攻卒業
日本美術院で数々の賞を受賞、平山郁夫画伯に師事
現在は美術院特待

e0111220_2136934.jpg
アマリアの街
e0111220_21364326.jpg
e0111220_21371432.jpg
e0111220_21375091.jpg
e0111220_21384467.jpg
e0111220_2140375.jpg
沙路
e0111220_21412197.jpg
e0111220_22131698.jpg
e0111220_21434265.jpg


中国《北京、新疆ウイグル自治区)・インド・モロッコ・ウズベキスタン・チェコ・ルーマニア・スペインなど各国の街角で庶民の生活を題材としており、宗教画も数多く手がけている。
描かれている人々の目線の先は・・・。

e0111220_224463.jpg

ハマナスの絵や自画像、室蘭の風景画も展示されている。
室蘭ゆかりの画伯の絵を鑑賞し、芸術の秋を楽しんでみませんか。
[PR]
by tianzao | 2008-09-24 22:09 | 美術館


美術館巡り

友人と札幌の美術館巡りをした。

【北海道立近代美術館】レオナール・フジタ
e0111220_22242737.jpg

音声ガイドに導かれながら時間をかけて見て回った。宗教画、陶器のような乳白色の裸婦像、躍動する筋肉、猫、幻の大作・・・・。素晴らしかった!偉大だった!

【三岸好太郎美術館】
札幌出身の洋画家三岸好太郎の代表作品と彼の妻三岸節子の絵画を展示している。

【札幌マイセン美術館】
サッポロファクトリー2条館にあるマイセン美術館で美しい磁器の数々を見た。
ミュージアムカフェでケーキと紅茶を楽しんで至福の時をゆったりと過ごした。
e0111220_22505051.jpg
e0111220_22511810.jpg
e0111220_22523540.jpg


【サッポロファクトリー】
e0111220_22565242.jpg
e0111220_22572063.jpg


ファクトリーから札幌駅まで歩いた。歩数は1万歩を優に超えた。
夕食は大丸8階の「北の麩庵」でヘルシーな生麩料理に舌鼓。美味しかった!
e0111220_2334796.jpg


美術三昧の一日、とても幸せな気分で帰宅した。また行きたい、行こう!
[PR]
by tianzao | 2008-08-28 23:10 | 美術館

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧