tianzao


カテゴリ:ふくろう文庫( 69 )



全長211メートルの絵巻一挙公開

8月14,15,16日にモルエ室蘭の全面協力でふくろう文庫所蔵の「弘法大師行状絵巻」全12巻が公開された。
e0111220_21503156.jpg

全長211メートルの絵巻を130台の長テーブルを4列に並べての一挙公開で、大入りの盛況だった。
e0111220_21533196.jpg
e0111220_21544389.jpg
e0111220_2155627.jpg

「ふくろう文庫」は平成11年、図書館の図書購入費からではなく、市民が作る市民文庫を作ろうと元室蘭市立図書館長の山下敏明氏が発案、命名し発足した。
ふくろう文庫の蔵書は市民からの、人生の節目を記念しての寄付金で豪華限定書や原本から忠実に復元した国宝や重要文化財の巻子本や軸物を蒐集し随時公開している。
ふくろう文庫代表は山下敏明氏で選書もすべて山下氏によるものです。ふくろう文庫の支援者には「ふくろうの会」(代表芝垣美男)、「ふくろう文庫ウオッチャーズ」(代表立野了子)があり、蔵書の整理、展示会の手伝いなどを無償で行っている。
奇数月に開催される「ふくろう文庫ワンコイン美術講座」はすでに46回を数える。入場料の500円は全てふくろう文庫の蔵書代に当てられている。
11月28日開催の「47回ワンコイン美術講座」の演題は「酒呑童子とは何者??」です。
[PR]
by tianzao | 2015-09-26 22:52 | ふくろう文庫


童画の巨匠・武井武雄

今月のふくろう文庫ワンコイン美術講座は童画の神様・武井武雄です。
雑誌「子供の友」表紙絵や童話、いろはかるた、トランプ、擬人化した動物たち、さまざまな作品は年配の人なら馴染みのある童画です。
「戦中戦後気侭画帳」は戦時中の東京で体験したこと、戦後の庶民の暮らしぶりなどの絵日記で、当時の庶民の生活や世相を記録した第一線級の作品だそうです。

【第40回 ふくろう文庫ワンコイン美術講座】
日時:平成26年9月27日(土曜日)開場13:00 開講:13:30
会場:ぷらっと・てついち集会室
講師:山下敏明ふくろう文庫代表
入場料:ワンコインの500円(全額ふくろう文庫の蔵書代になります)

e0111220_20164914.jpg
e0111220_2017119.jpg

[PR]
by tianzao | 2014-09-06 20:17 | ふくろう文庫


ふくろう文庫特別展inモルエ中島

室蘭モルエ中島で6月1日までふくろう文庫プレ台北故宮博物院展開催中
e0111220_1023373.jpg


【北海道新聞記事】
e0111220_1035757.jpg

[PR]
by tianzao | 2014-05-31 10:06 | ふくろう文庫


かぜとなりたや 川上澄生

川上澄生の代表作は1926年発表の初夏の風、この作品を見た棟方志功が版画家になる決心をしたといわれている。
e0111220_1175215.png

【ふくろう文庫ワンコイン美術講座】
3月29日(第5土曜日)開場13:00、開講13:30
会場:ぷらっと・てついち集会室
講師:山下敏明ふくろう文庫代表
参加費:500円(全額ふくろう文庫の本購入費に充てられます)
e0111220_11124049.jpg


【予告】
5月のワンコイン美術講座は岸田劉生を予定しています。
5月末にはふくろう文庫特別展も企画中です。
[PR]
by tianzao | 2014-03-20 11:23 | ふくろう文庫


ふくろう文庫ワンコイン美術講座

【挿絵画家 木村荘八】
e0111220_10534643.jpg
e0111220_10532956.jpg

e0111220_10542940.jpg

[PR]
by tianzao | 2014-01-23 10:55 | ふくろう文庫


文化学院の創始者・西村伊作

第34回「ふくろう文庫」ワンコイン美術講座
e0111220_1150502.jpg


【室蘭民報】
e0111220_12561036.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-09-27 11:53 | ふくろう文庫


図書館だより ひまわり

【室蘭市立図書館発行の図書館だより「ひまわり」150号達成】
e0111220_2029471.jpg

「ひまわり」は平成12年(2000年)当時の図書館長だった久保忠夫さんと副館長だった山下敏明さんが立ち上げた。
e0111220_2030492.jpg
久保さんは図書館長を退いた後もボランティアで「ひまわり」の校正・編集・印刷・発行をつづけ、洒脱な文章を寄稿している。
e0111220_20292414.jpg

山下さんはその後、図書館長を経て現在は「ふくろう文庫」代表を務めており、「あんな本、こんな本」コーナーではその博識を披露、「司書独白」もユーモアたっぷりの文章で笑いを誘っている。
e0111220_20294584.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-09-06 20:30 | ふくろう文庫


ふくろう文庫 ミニ特別展開催中

【唐絵手鑑筆耕園】
e0111220_18283939.jpg

e0111220_18271593.jpg

e0111220_18281595.jpg
e0111220_18275139.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-09-01 18:29 | ふくろう文庫


ふくろう文庫ワンコイン美術講座

【生き人形の名手、松本喜三郎の業績】
e0111220_1123622.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-07-24 11:23 | ふくろう文庫


ふくろう文庫蔵書5000冊達成

6月17日室蘭プリンスホテルでふくろう文庫蔵書5000冊達成祝賀会が開催され、関係者107人が出席し盛大に祝いました。
e0111220_942591.jpg


芝垣ふくろうの会代表による発起人挨拶、青山室蘭市長と美術書出版の原書房社長の祝辞、山下ふくろう文庫代表の謝辞のあと、新宮前室蘭市長の乾杯のご発声で杯をあげ、蔵書5000冊達成を祝いました。
e0111220_94541.jpg
e0111220_9493748.jpg
e0111220_9503458.jpg
e0111220_9552311.jpg
e0111220_9565398.jpg
北海道新聞社と室蘭民報社の報道関係者、市議会議員有志、ふくろう文庫を支援して下さっている方々のご挨拶が続き、室蘭市議会議長の万歳三唱で宴の終了となりました。

e0111220_101219.jpg


ふくろう文庫は平成11年に発足、市民から人生の節目や出来事の記念に寄付をいただき、寄付に応じた図書を山下代表が選書し、図書館に寄付している。蒐集にあたっては50年、100年を経ても文化財として生き残り、市民文化度向上の一助となり得る美術書を中心としている。市民の力で豪華限定本や原本から忠実に復元した美術品(国宝や重要文化財の巻子本や軸物)を集めて、地元室蘭で内外の美術品に親しむようにしたいとの考えが中心にある。
年2回開催しているふくろう文庫特別展、毎週木曜日と土曜日に図書館三階で開催しているミニふくろう文庫展、奇数月開催しているワンコイン美術講座には毎回40名に市民が受講し、参加費はすべて蔵書購入にあてている。

ふくろう文庫にはこれまで約300件の寄付、約4200万円が寄せられている。他に類を見ない室蘭のユニークで貴重な「ふくろう文庫」は蔵書1万冊を目指している。

e0111220_14354625.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-06-18 10:23 | ふくろう文庫

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧