tianzao


カテゴリ:旅( 104 )



トルファン(吐魯番)観光

《8月29日(12日目)トルファン》
11時40分、トルファン駅到着。カシュガル、トルファン間の列車軟臥料金486元。
トルファンは天山山脈の内側にあるカイ山に囲まれた盆地で、駅はトルファン市内から50キロメートルの郊外にある。

【農家の葡萄棚の下で昼食】
e0111220_14581718.jpg
気温は46度、暑い!
e0111220_13145073.jpg
e0111220_13152686.jpg
ポロが美味しい!
e0111220_13163099.jpg


【カレーズ】
天山山脈の雪解け水は流れてくる間に蒸発してしまうので、水路を地下深くに掘った。その施設がカレーズ。中はとてもひんやりしている。入場料40元。
e0111220_13195230.jpg
地上に上がると気温は50度、その後2度ほど上昇。さすがに暑い! きつい!
e0111220_1321915.jpg


【トルファン、4つの一番】
〔暑い〕
6月7月の平均気温は43度。56度の記録がある。昼と夜の温度差が20度の時もあったそうだ。
〔低い〕
トルファンの面積の4%は海抜マイナス100メートル。高昌故城はマイナス46メートル、アイン湖はマイナス154メートル。
〔乾燥〕
1年の降水量は10ミリメートル。
〔甘い〕
乾燥、昼夜の温度差が甘い果実を実らせる。葡萄、ハミ瓜、うめ・・・。

あまりにも暑いので2時間ほどホテルで休憩してから観光に出かける。
【高昌故城】
前漢時代に漢の守備群が城壁(高昌壁)を築き、その後高昌故城郡が置かれ、この地は高昌国の国都として1000年の間栄えた。840年滅亡。
入場料40元、ロバ車10元。
ロバ車1台に御者を含めて10人ほど乗る。いくら力持ちのロバでもかわいそう!
e0111220_13354565.jpg

綺麗に整備され(過ぎ)ていて・・・。
e0111220_1341370.jpg
e0111220_13525478.jpg
スケッチをする。
e0111220_13531097.jpg
ここをはいると、
e0111220_13534033.jpg
640年、玄奘三蔵が3ヶ月間高昌国に滞在し、この場所で説法した。
e0111220_140974.jpg


【火焰山】
風が強いぶん、涼しく感じられる。
e0111220_14123510.jpg


【ベゼクリク千佛堂】
火焰山山中にある仏教石窟。入場料20元。
e0111220_1425085.jpg
この地では仏教から偶像崇拝を否定するイスラム教に改宗が進み、壁画や仏像を破壊した。破壊を免れた壁画も殆どが外国の探検隊によってはぎ取られて持ち去られてしまった。
e0111220_14391740.jpg

太陽と月を崇めるマニ教をまつった石窟がかろうじて残されている。これは世界で随一との説明があった。

ホテルに戻る。
ここでガイドさんが交代する。
イミンさん、ありがとう!お世話になりました。
李洲さんお久しぶりです。また、お世話になります。
李洲さんと夜の散策にでかける。
e0111220_14393334.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-10-21 14:40 |


シルクロードの写真・スケッチ展と民芸品バザー

《展示会》
e0111220_2319124.jpg
e0111220_23193118.jpg
e0111220_2217296.jpg

9月15日、3人の室蘭工業大学留学生が準備作業を手伝いました。
e0111220_2320786.jpg

16日、多くの市民が来場、バザーにもご協力頂きました。
e0111220_2321384.jpg
e0111220_23212136.jpg

工藤善蔵画伯のご厚意でシルクロードのスケッチ全てを葉書に加工して販売したところ、とても好評でした
e0111220_2322244.jpg

今年はかなり厳しいシルクロードの旅になりました。砂漠、オアシス、洪水の爪痕、羊の丸焼き、玉探し、バザール、ポプラ、会場でそれらの写真と絵画を見ていると、旅先で体験した辛かったことも楽しかったことも、今ではとても懐かしく思えるてくるから不思議です。
e0111220_22142171.jpg
e0111220_222033100.jpg

オアシスの民芸品なども多くの皆様にお買い求めいただきました。
e0111220_22165721.jpg
e0111220_22181297.jpg


バザーの売上金は内モンゴル教育基金に全額寄付されます。
満都拉(マンドウラ)内モンゴル教育基金副会長と玉栄(イールン)夫人が支援金を届けるため各地の学校を訪問しています。
e0111220_22513245.jpg

詳しくは
内モンゴル教育基金ホームページをご覧下さい。
[PR]
by tianzao | 2010-10-16 23:30 |


列車のなかで交流

列車の通路にいた女性が部屋の椅子に座っていた私に話しかけた。

《在列车里,我和1个小姐聊了一会儿天儿》
(列車内で私と女性がおしゃべりをしました)

小姐:我想去厕所,请这件行李求你照看一下。
(私トイレに行きたいのです。どうかこの荷物を見ていてくれませんでしょうか)
我: 好。(いいですよ)

小姐:谢谢,你去哪儿?
(ありがとう、あなたは何処に行くのですか)
我:我去吐鲁番。(私はトルファンに行きます)
小姐:你们和旅游团出来吗?
(あなたたちは旅行団なんですか)
我:从日本北海道来新疆我们都15人的旅游团。
(日本の北海道から新疆に来た15人の旅行団です)
小姐:我家住库尔勒,我去库车玩。
(私はコルラに住んでいて、クチャに遊びに行くところです)
我:5年前,我去过库尔勒和库车。你的工作什么?
(5年前に私はコルラとクチャに行ったことがあります。あなたのお仕事は?)
小姐:卖服装。(洋服を売っています)
我:这是日本硬币,5日元。5元的日语发音是Goen,御缘也Goen。
(これは日本の硬貨です。これが5円。5円は日本語の発音でごえん、ご縁もごえん)
旅游团的会长:这个1日元,这个10日元,这个50日元,这个100日元。送给你。
(これが1円、10円、100円、1000円。あなたにあげます)
小姐:没有纸币吗?
(紙幣はありませんか)
旅游团会长:这个1000日元,这个5000日元,这个10000日元,这个500硬币。
(これが1000円、これが5000円、これが10000円、これが500円硬貨)
小姐:那个人是谁?(その人は誰ですか)
我:他是野口英世,是有名的细菌学者。你知道日本吗?
(彼は野口英世、有名な細菌学者です。あなたは日本を知ってますか)
小姐:知道富士山。要是会说汉话,还可以交朋友。
(富士山を知っています。中国語でお話できるので友達になれます)
我:我姓田泽,你呢?(私は田澤、あなたは?)
小姐:我叫李春燕。请多多关照。(私は李春燕、どうぞよろしく)
我:我也你请多关照。(こちらこそよろしく)

小雅:你好,送给你这个。这是日本北海道的有名产品叫夕张甜瓜冻。
(こんにちは、これをどうぞ。北海道名産の夕張メロンゼリーです)
小姐:第一次吃这么好吃的。谢谢,送给小雅这些坚果。
(初めて食べてとても美味しかった。ありがとう、小雅にこれらのナッツをあげます)
小雅:有很多,谢谢你。
(こんなにたくさん、ありがとう)

小姐:我要下车了,库车到了。再见。
(クチャに着きました。降ります。さようなら)
我:再见。(さようなら)


相変わらず私の中国語は間違いだらけで時々ちぐはぐ。でも知っている単語を羅列して、楽しく会話できました。おばさんは怖い物知らずなんです。
[PR]
by tianzao | 2010-10-15 22:47 |


南疆鉄道鉄道の旅・車中泊

《8月28日・カシュガルからトルファンまで》
今回の旅では2回目の列車旅。カシュガルからトルファンまで22時間30分ほどもかかる。1回目はウルムチからアクスまで17時間45分を要した。

【南疆鉄道列車の旅】
カシュガルのホーム
e0111220_20141830.jpg

車窓から見える景色
e0111220_20391535.jpg

車内通路
e0111220_20404243.jpg

軟臥コンパートメント
e0111220_20423277.jpg

可愛いね
e0111220_204484.jpg

美味しいね
e0111220_2045587.jpg

停車駅にて
e0111220_20543463.jpg
e0111220_20571071.jpg

はいポーズ
e0111220_20495823.jpg

食堂車
e0111220_2046079.jpg
e0111220_20454020.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-10-15 20:57 |


カシュガルから南疆鉄道にてトルファン(吐魯番)へ

【ドイツ人の旅行団】
ホテルの駐車場には巨大な車が停車中。
e0111220_22195793.jpg

前の車輌はバスと同じで椅子の座席があり、三段ベッドを備えた後ろの車輌を牽引して、ドイツから陸路を西安経由でカシュガルまで走ってきたという。
e0111220_22332716.jpg

後部車輌にテントを張り出させそこで朝食の準備をしていた。
e0111220_22484869.jpg

30人ほどの旅行団でホテルには数人がチェックインしてシャワーを交代で使う。宿泊するので車を停めさせて貰えるとのこと。その合理性、彼らの逞しさに感服。
e0111220_22393033.jpg

かいがいしく食事の世話をしている人は日本人(白い服を着て立ち働いている)で、旅のコンダクターをしているらしい。朝食を済ませると彼らは後ろのベッド車輌を切り離して、カラクリ湖に向けて旅立っていった。
e0111220_2229696.jpg

カラクリ湖までは悪路の難所がありたびたび通行止めになるので行きつけるかどうかわからない。

《8月28日(11日目)カシュガルから南疆鉄道に乗車》
アクスからカシュガルまで1800キロメートルを共に過ごした運転手の張さんと今日でお別れです。
ありがとう!お世話になりました。
e0111220_237980.jpg
e0111220_2374642.jpg


元イギリス領事館で昼食を摂った後、カシュガル駅へ。
e0111220_23101451.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-10-14 23:13 |


北海道新聞14日の朝刊で紹介されました。

《シルクロード同好会・写真&スケッチ展》
同好会会員が旅先で写した写真と同行した工藤善三画伯のスケッチ展が開催されます。
会場:ぷらっとてついち集会室
日時:10月16日(10時から18時)、17日(10時から17時)

e0111220_1743281.jpg


《室蘭市民美術館催事のお知らせ》
【室蘭地区陶芸協会公募展】
会期:10月13日17日、10時から17時(最終日は16時まで)
[PR]
by tianzao | 2010-10-14 17:57 |


カシュガル3

「カシュガルへ行かずにシルクロードへ行ったことにはならない」という言葉がある。カシュガルは東西文明交流の歴史舞台であった。いにしえから国を超え、民族を超えた交流、交易が行われた。

【色満賓館】
カシュガルでは以前ロシア領事館だった色満賓館に3泊(24,26,27日)した。
e0111220_11162364.jpg
e0111220_1117449.jpg

ホテル内部の壁はすべて華やかに彩られている。ピンク大好きな3歳の妹の孫なら大喜び間違いなし。
e0111220_1138454.jpg

ホテルの前庭には様々なモニュメントが。
e0111220_11465519.jpg

e0111220_11472598.jpg
e0111220_11475867.jpg
ホテルを囲むように葡萄棚があり、緑色の葡萄がたわわに実っていた。
e0111220_11505389.jpg


【朝の散歩】
いすを持って学校に行く子供たちを見かけた。
e0111220_11543292.jpg

ホテルのフロントで聞いてみた。
我看了小学门带椅子去学校。为什么带呀?
新开学,开会。

新学期が始まり、体育館など、教室以外の場所で使うらしい。

イスラム風の小さな建物、近づいてよく見ると焼き肉のコンロらしきものがある。
e0111220_129425.jpg
ここでシシカバブを焼くのか。
e0111220_16473132.jpg


ネムの木の花が咲いていた。
e0111220_16564920.jpg
旅の途中の葉城という街でもこの花が咲いているのをみかけた。とても愛らしい。
[PR]
by tianzao | 2010-10-14 12:14 |


カシュガル観光2

【エイテガール清真寺】
新疆最大のイスラム寺院。「エイテガール」とは『祝日に礼拝するところ」という意味。礼拝堂の前は広い広場で4000人もの信者が一斉に礼拝できるとのこと。
e0111220_2045261.jpg

e0111220_2032338.jpg
e0111220_23192748.jpg


【職人街】
ブリキ細工。
e0111220_21422185.jpg
ここでは職人の手業を目の前で見られる。
e0111220_21243070.jpg

銅製品
e0111220_21251248.jpg
e0111220_2143536.jpg

似合っていますか?
e0111220_21185525.jpg


【バザール】
e0111220_21501336.jpg
もの凄く広くて迷子になりそう。お店の数も商品の種類も数えらきれないほど多い。食品、織物、衣類、玉、手業の品・・・。同じ商品を扱う店がたくさんあって競い合っている。正価があってないが如し、店の主人と計算機片手に値段交渉をしての買い物は楽しい。
这张围巾多少钱? (このマフラーはおいくらですか)
一张一百元。(1枚100元です)
太贵了, 多买可以便宜点吗? (高い、たくさん買うのでお安くしてくださいませんか)
你多少钱买? (いくらなら買いますか)
五张一共四百元怎么样? (5枚で400元でどうですか)
不行。(だめです)
那就算了,到别的店看看。(じゃあ、やめます。別の店をみてみます)
等等,再便宜一点儿卖给你。(ちょっと待って、お安くします)

[PR]
by tianzao | 2010-10-13 22:53 |


カシュガル(喀什)市内観光1

カシュガルは紀元前から栄えた海抜1300メートルにあるオアシス都市。人口50万人、そのうちの75%がウイグル族。カラコルムハイウェイ(中国パキスタン友好道路)はカシュガルからカラクリ湖を経由して国境の街タクシュルガン、パキスタンへと通じている。

【香妃墓】
17世紀にこの地を支配していたホージャ一族の墓園。香妃はホージャ一族の娘で清の乾隆帝の后。香しい匂いを漂わせることから香妃と呼ばれた。
e0111220_21323455.jpg
観光客を呼び止め日本語で10個で10元、10元といいながら蝶の髪飾りを売りの来た。2個おまけで10元に。
e0111220_2133558.jpg
右手にある売店で15元で絵はがきを買った。バスの中で貼ってあるシールを剥がすと何と10元と印字された数字が。あぁあ、後の祭りでした。
e0111220_21332396.jpg


【旧市街】
今カシュガルは再開発ラッシュ。日干し煉瓦で建てられた家は殆どが取り壊され、新たに建てられたコンクリートのビルが建ち並ぶ。家賃はうなぎ登りで庶民には高嶺の花らしい。
e0111220_225442.jpg
e0111220_20242333.jpg

保存されている旧市街を歩く。
e0111220_2236621.jpg

カシュガルは地震多発地だとか。ちょっと怖い、今にも崩れそうな・・・。
e0111220_2325998.jpg

こんなに暗い路地を通って、
e0111220_22393712.jpg

民家を訪問。
e0111220_22404753.jpg

ウイグル伝統のベビーベッドに寝かされた赤ちゃん。
e0111220_22571963.jpg

ナイフ(鎌?)を持った少年にも出会って。
e0111220_2345182.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-10-12 23:06 |


文明の十字路に魅せられて(室蘭民報10月10日朝刊文化面)

 《伊原克利事務局長の寄稿文が掲載されました》

 シルクロード同好会設立10周年企画の旅
文明の十字路に魅せられて

 もういい、疲れた。シルクロードの旅はこれで終わりだ。帰国後、家の階段を登りながらいつもそう思う。しかし、1週間もするとたまらなく又行きたくなるのはなぜだろうか。

〔天山南路から西域南道へ〕
 今年8月21日、我々仲間15名を乗せたバスは天山南路アクスからホータンへと丸一日砂漠公路を走り続け、夕方西域南道最大のオアシス、ホータンへ到着した。白玉河では玉探しに挑戦、遥か崑崙山脈の恩恵は雪解け水だけではなく、近年高騰を続ける玉で農民の経済をも潤している。仲間達の玉探しの成果はどうだったのだろうか。
 昼食は農家の中庭で、絶品の焼きたての羊の丸焼きとウイグル料理のフルコースでもてなされた。
午後バザールを歩く、道端に延々と続くバザールの雑踏と喧騒は迫力に満ち、西域に生きる人達の逞しさを嫌と言うほど実感できる。
e0111220_1344190.jpg

 歴史の街ホータン、玄奘はここから東行し民豊(ニヤ)、且末(チェルチェン)を通り敦煌から西安へと戻り17年の求法の旅に終止符を打ったのである。
我々はその玄奘の足跡を求め、カシュガルからタシュクルガンへと更に西へとバスの旅は続けられる。まだ旅は始まったばかりである。

〔美しい国境の街、タシュクルガンへ〕
 5年前あと35キロでタシュクルガンという処でパミール山中からの洪水で道を阻まれて引き返したが今回旅立ち前の情報では道は舗装されていい道だ、と聞いていた。しかし舗装道路は無残にも洪水により破壊され迂回路の山道を通る。カシュガルからブルンクル湖、3600m.のカラクリ湖、玄奘が大頭痛峠と書いた4200m.のスバシ峠を越え、バスは走り続け遂に夢は5年振りに現実のものとなった。3200m.の高地にあるタシュクルガン、タジク族の郷である。
 歩いて石頭城へ、タジク帽姿で街を歩く女性は美しい。石頭城、1300年前玄奘は天竺からの帰路ここへ立ち寄っている。高地のオアシスは寒くもう秋の気配である。アフガン、パキスタン国境は近く、白雪を抱くパミールが美しい。
 翌日未練を残しながらカシュガルへ戻るが、100キロ程走りバスは止められた。前方で交通事故らしく道路整備を待つ。ここに住むキルギスの子供たちが何か物を籠に入れて売りに寄ってくる。長い待ち時間、やがて商売を諦めた子供達との交流がはじまる。
e0111220_13475289.jpg

 子供達は仲間の折鶴や紙飛行機に大喜びだった。待つこと4時間30分、ようやく小雨の中バスは動き出した。崖と川に挟まれた狭い道に大型車の列が続く。やがて事故現場、大きなトラック同士の事故で、その横をゆっくりと通り過ぎバスは崖っぷちの狭い道を走り続け夜10時にカシュガルのホテルに到着したが、翌日の情報によると、その後洪水の被害で4名が亡くなられたという。危機一髪という感じである。

〔感動の最終日の夜〕
 カシュガル、トルファン観光後、ウルムチから午後の便で北京へ戻りバスでホテルへ向かう。バス内で仲間たちへ連絡する。室蘭工大留学生時代に交流していた満都拉君、その友人たち、内モンゴル教育基金の支援を受けている高校生の女の子2名が朝5時に内モンゴルを出てレストランで我々を歓迎するために待っている。明日朝のモーニングコールは4時である。旅の最終日疲れもピークなはずであるがもうひと踏ん張りをお願いした。夜9時レストランではすでに我々を待っていた。早速パーティがはじまる。歓迎の儀式、彼女たちからの馬乳酒を一気に飲み干さなければならない。次ぎは馬頭琴の演奏、彼らの歌、彼女たちの歌と踊り、深夜のレストランは疲れも忘れて感動の時間が過ぎる。僅か2時間あまりの交流のために遠い内モンゴルから走って来た彼らの気持ちがあまりにも嬉しい。

 こうして15名の旅は終わる。何度も参加している人、シルクロードが初めての人、どのように今回の旅を受け止めているのだろうか。数々の感動もあったがトラブルもまたあった。暴動、洪水、交通事故、がけ崩れ、砂嵐、40℃を越える暑さ、高山病など、西域はリスクも多い。
 夜空に高く響くダップとドタールの音にあわせて踊る彼らの背に古来熱砂の中興亡を繰り返した民族の哀切が伝わってくる。いずれの日か、西部開発の波は新疆を大きく変貌するだろう。しかし、私の脳裏からは長いポプラ並木をとことこ走るロバ車の風景は消えることはない。 
(2010年9月寄稿)     
  

【伊原夫妻・石頭城址にて】
e0111220_15154454.jpg


【ご案内】
2010年シルクロード同好会会員撮影の旅写真展と工藤善蔵シルクロード絵画展を開催します。
会場では会員が提供して下さったオアシス都市の民芸品や絵画の葉書なども販売します。その売り上げ金は全額内モンゴル教育基金に寄付されます。

日時:10月16日(土)10時から18時、17日(日)10時から17時
場所:ぷらっと てついち 集会場(室蘭市民会館隣接)
[PR]
by tianzao | 2010-10-11 13:52 |

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧