tianzao


<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧



春近し

e0111220_12405994.jpg
北海道では梅も桜も5月が盛り、茨城在住の友人が「偕楽園で梅の花が綺麗に咲いていました」と匂い立つような写真(2月22日撮影)を送ってくれた。
もうすぐ桃の節句、桃の花を飾って春を手招き。暖冬とはいえまだまだ寒い北国、でも、一足先に我が家に春到来です。e0111220_1443589.jpg
[PR]
by tianzao | 2007-02-26 12:58 | 出来事


乗馬

数年前、友人のお誘いで乗馬を楽しんだことがある。最初は馬の背に乗るだけでもひと苦労だったのに、回を重ねるごとに鐙に足をかけ一気に馬上の人になることができた。馬はとても頭がよく私のように下手な人にもそれなりに付き合ってくれる。いつものように右に行こうと思い右の手綱を引いたら左に行くし、あんたの言うことなんか聞いてやるものかと無視を決め込んでてこでも動かないぞと態度で示す。時には急に走り出し振り落とそうともする。友人の上達は早かったが私は全てがスローだった。でも馬の背に揺られて高い目線で草原を散策したあの数ヶ月間はとても気持ちが癒されたように思う。
e0111220_2126775.jpg
その後内モンゴルの草原で馬に乗る機会があった。日本で乗っていた馬よりひとまわり小さなモンゴルの馬は観光客用によく訓練されていてとても温和しかった。歩くだけだったので安心して乗馬を楽しめたが少々物足りなさを感じてしまった。振り落とされてもいいの、ちょっとだけ草原を走ってみたかったんだ、あの日のわたしは。
e0111220_13273330.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-02-23 21:27 | 出来事


母の絵

e0111220_13285145.jpg私の家に母が描いた数点の水墨画がある。これらの絵は父が病気になって自宅療養する身となり、母がその看護に時間を取られるようになる前に描いたものである。
父を見送ったあと、私は母には再び絵筆をとって趣味を楽しんで欲しいと願っていたし、私自身も水墨画を母に教わりたいと思っていた。しかし母はもう絵を描けないといって本やビデオと共に画材一式を私に託した。
ひとり暮らしの母は88歳、隣に住む姉夫婦に見守られ、手助けして貰いながらも自分の身の回りの家事の殆どを自分でこなしている。今でも子ども達が母の家に集まった時には母手作りの茶碗蒸しが食卓を賑わす。雪の少ない今冬、暖かい日には足が衰えないようにと家の前を散歩しているという。
春が来たら母の元へ通って少しでも絵の教えを請いながら、何とか自己流でもよいから描いてみたい。絵心の無い私には先は見えてこないのだけれど・・・。
母と過ごせる日々を大切にしなければと思う昨今の私なのです。
e0111220_1245065.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-02-19 12:25 | 出来事


三国志

吉川英治の長編小説、「三国志」全10巻8冊を友人から借りて、いま3巻目を読んでいる。これまで何度か虫食いのような読み方をしてきた。まだ完読は覚束ない。
数多の武将が群雄割拠し覇を競い合っていた、西暦168年頃からおよそ120年間の治乱興亡が展開される。劉備玄徳・関羽・張飛が義盟を結んだ桃園の契り、劉備が諸葛孔明を三顧の礼で迎えた場面、孫策・孫権・曹操などの戦略家、洛陽や西安が廃墟と化す場面、赤壁の戦いなど三国志を読み出すと面白い。長編なので読むのにとても時間がかかるけれど今度こそは全巻を読破するつもりでいる。
先年、中国洛陽関羽が祀られている関林堂を訪れる機会があった。関羽の首塚もあった。関羽が大好きな友人に是非とも見せてあげたい場所の一つである。
吉川英治はこのように書いている。
三国志には、詩がある。単に厖大な治乱興亡を記述した戦記軍談の類でない所に、東洋人の血を大きくうつ一種の諧調と音楽と色彩とがある。三国志から詩を除いてしまったら、世界的といわれる大構想の価値もよほど無味乾燥なものになろう。
e0111220_11211418.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-02-16 14:45 | 出来事


蛇腹カメラ

e0111220_2215736.jpg我が家にトランクを思わせる小さな箱状の蛇腹カメラがある。Rokuoh-sha六櫻社製、レンズ側の蓋を開けるとLILYの文字が書かれている。手前にレンズを引き出すと閉じていた黒い蛇腹も伸びてくる。貴重なこのカメラは誰の物だったのだろう。初めて手にしたときの嬉しさはいかばかりだったことか。今までにこのカメラは何を見て何を写してきたのだろう。激動の昭和を切り取ってきたのだろうか。多分もう二度と被写体を撮ることは無いこの古ぼけたカメラ。このカメラを見ていると往時にタイムスリップした気分になりもう一度活躍の場を作ってあげたいと思う。
[PR]
by tianzao | 2007-02-14 22:00 | 遠き日に


ブルーバード

古い写真を整理していたら昭和40年頃に住んでいた家と愛車の写真が出てきた。家は一棟2戸の官舎で冬は屋根裏に吹き込んだ雪を掻き出したり、屋根に上って雪下ろしをしたり、雪と戯れた思い出深い家だった。
風呂が付いていなかったので祖父から貰った厚手の鉄板で周りを囲い、セメントを流し、木桶の湯船を買ってきて手作り風呂を作った。
洗濯機も冷蔵庫も掃除機も無い、ないないづくしの新婚生活だったが、連れ合いはその当時にしては珍しく自家用車を持っていた。ローンが嫌いで何か欲しい物があるとコツコツとお金を貯めてからそれを買う。そのようにして独身時代に中古の車を買った。愛車は昭和37年製、若草色のブルーバード。悪路のためタイヤは時々パンクしたが自分で修理もした。休みの日にはいつも車をピカピカに磨き上げて満足そうにしていた。
我が家ではサニーやバイオレット、ローレルにも乗ったがブルーバードは3台目。今乗っている車もブルーバード、ボディの錆が気になるが丸8年大きな故障もない。まだまだ乗り続けられるかな。でもそろそろ次の車を買うためにまた車貯金をしなくっちゃ!
e0111220_15211516.jpg
e0111220_19514910.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-02-10 15:22 | 遠き日に


おかゆ

e0111220_116772.jpgここ10日間ほど夜中の2時半頃に胃が重くなり吐き気もして目が覚める。朝食は抜きにしたいところだが「食後の薬はどうするの、それではやっと増えてきた体重が減ってしまうでしょう、食は力の源です」などと自分に言い聞かせながら毎朝おかゆを食べている。
以前、中国を旅しているとき、朝食におかゆをよく食べた。種類も豊富で胃にももたれず、とても美味しかった。なつめ、くこ、干しぶどう、緑豆、蓮の実などが入ったおかゆ、トウモロコシのひき割りおかゆ、甘酒のようなおかゆ、行く先々でいろいろなおかゆを味わった。
中国河南省出身の友人が子どもの頃によく食べていたフゥートゥー(糊塗・・塗の字は下部の土はいらない)というおかゆをご馳走してくれたことがある。きびの粉のおかゆのようでほのかな甘みがあって、糊を薄めたようなちょつと不思議な食感だった。
今月の診察日に病院で再度胃の薬が処方された。持病があるので4月初めに
エコー、胃カメラ、血液検査をすることになった。
結果オーライでありますように・・・・。
再び敦煌に行けますように・・・・。
[PR]
by tianzao | 2007-02-08 11:09 | 出来事


エゾシカ料理

北海道では増えすぎたエゾシカを食材として活用しようと、エゾシカ料理が話題になっています。日頃牛肉、豚肉、鶏肉などを口にしている私なのに「エッ、ェー、野生のエゾシカを食べちゃうの、かわいそう!」とずっと思っておりました。そんな私がエゾシカ肉をご馳走になってしまったのです。エゾシカの骨付きもも肉をゆでてタレ(ニンニク+しょうゆ)をつけていただくとてもシンプルな料理です。そのシンプルさが素材の味を引き出して美味しいのです。適度に柔らかくて臭みもなくとてもヘルシーでした。北海道の食材として今後需要が伸びていきそうです。
人間は他の生き物の命を頂いて生きています。それらの命に対して
「ごちそうさま、ありがとう!」と心からの感謝の気持ちを持ち続けていきたいと思います。
[PR]
by tianzao | 2007-02-06 09:53 | 交流


twins

姪が男の子と女の子の双子のお母さんになって2週間ちょっと。今日やっと保育器から出られたよと姪から嬉しそうな声の便りが届きました。子ども達の退院はもう少し先、愛情をいっぱいもらって健やかに育ってと願っています。
室蘭、登別、伊達で双子、三つ子を育てているお母さんたちがサークルをつくり活動しています。月に一回集まって情報交換し、アドバイスしあいながら子育てを頑張っています。子育てには体力も精神力もたくさん必要でしょう。愛情はいっぱいあるのに辛くなり泣きたくなる日もあるでしょう。でも子ども達の笑顔が答えてくれています。年配者がたくさんいるこの時代、思いやりを持って、お互いさりげなく助け合える環境作りができるといいなと思います。
先日、乳幼児安全法の講習会を受講し、心肺蘇生法を教わりました。事故で命を亡くす子どもが多いとのこと。世界中の全ての子ども達が瞳を輝かせながら育っていける世の中になって欲しいと祈っています。
e0111220_16382099.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-02-02 19:14 | 出来事

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧