tianzao


<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧



北国の三月、一足先に夏国の花咲く母の家。
ハイビスカス
e0111220_2129161.jpg
ブーゲンビリア
e0111220_21275339.jpg

唐辛子だって綺麗です
e0111220_21255243.jpg

我が家の椿も
e0111220_2140016.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-03-27 21:33 |


キレンジャク

e0111220_1263973.jpg

母の隣に住む義兄が庭に餌台をつくり、リンゴやパンくずなどをまいている。カラスにえさ全部を持って行かれないようにと小さくちぎって置くと良いらしい。

e0111220_122567.jpgそれを目当てにいろんな野鳥が集まってくる。最近はキレンジャクが群れていると聞いたので楽しみにしていたところ、先日数羽のキレンジャクが餌台に群がり、またナナカマドの枝にもお行儀よく順番を待って止まっているのを見つけた。季節によって珍しい野鳥の訪問もあるらしい。えさ代は義兄のポケットマネーでまかなっているとのこと。毎日のようにまいているので結構出費があるらしい。
また母の庭でキレンジャクに会えると嬉しいな!
[PR]
by tianzao | 2007-03-20 13:08 | 出来事


誕生日

e0111220_21225962.jpg
私の○○歳の誕生日を母と姉妹たちが祝ってくれた。
お袋の味「茶碗蒸し」、心のこもった姉手作りのご馳走、妹が持参した美味しいケーキ、かわいらしい花かご。ありがとう!嬉しかった!
私は誕生日にかこつけて実家に3泊し夜遅くまで母と話し込んだ。話は尽きない。
全道書道展の伊達移動展が開催中だったので母、姉、母の友人と一緒に見に行った。母は墨痕豊かな大作に見とれ、仮名の繊細さと料紙の美しさに感嘆し、淡墨の微妙な色合いに自身が描く水墨画を重ね合わせながら、ゆっくりゆっくり歩を進めて書の織りなす様々な表情を堪能していた。
「とても素晴らしい書道展だった、いろんな作品があって見応えがあったね」と喜んでくれた。上手とは言えない私の作品も初めて見て、「よかったよ」と親のひいき目のひとこと。
マイペースな私を温かくご指導くださった佐藤翔雲先生、吉田三沙先生、書友の皆様に感謝。
高齢で足の弱っている母でも住まいの近くで全道規模の書道展があったお陰で足を運ぶことができた。移動展開催に尽力された関係者に心よりの感謝を申し上げたい。
私は7人きょうだいの3番目。父は数年前に亡くなったが、母も兄弟姉妹も皆それぞれ元気に暮らしている。私たちを育てるために父母は大変な苦労をしていた。「若いから苦労を苦労とも思わず頑張れた」と母はいうけれど子ども心にも親の大変さは解っていたつもり。でも子どもが理解できる程度の生やさしいものでなかったことも確か。母の丸くなった背中を見ながらつくづくそう思う。
私がとても辛かったときや病を得たときにどれだけ助けられたことか。時には気持ちの行き違いもあるけれど、歳を重ねるごとにきょうだいがたくさんいてくれることがありがたい。
母にも亡き父にも感謝感謝!
[PR]
by tianzao | 2007-03-19 21:43 | 出来事


風沙 タクラマカン沙漠

風沙:伊原克利シルクロード同好会事務局長・記
昨年末、書道家である同期の友人から「風沙」という書を頂いた。私の拙文「シルクロード紀行」を読んで「風沙」という文字を思いついたという。
彼は私とは似ても似つかない温厚で篤実な人である。しかし、頂いた書はその人柄からは想像もつかない迫力に溢れたものである。私は幾度となくシルクロードを歩いてきたが、これほどの凄い風沙にはまだお目にかかってはいない。書のもつ表現の力を改めて知らされた。
49歳で初めてシルクロードに足を踏み入れて17年、以来西域に魅せられ続けた。そこには文明から隔絶されたような人達が豊沃とはかけ離れた自然環境の中で生きている。我々旅人に見せる純朴な柔和さと質朴さとは確かに違う、自然と共存する逞しい別の顔を彼らは持っている。そして彼らはその生活に確たる誇りをもつ。豊かさの中で混濁を極める日本と比べどちらが心豊かに充足した生活をしているか、答えは明らかである。
今年8月、私にとって7度目、「シルクロード同好会」では4度目のシルクロードの旅が待っている。会員も各地に増え今回の参加者は25名、平均年齢66歳の15日間となる。      
今回は敦煌陽関からアルキン山脈の北麓を走り、広漠たるタクラマカン沙漠にテントを張って、玄奘やヘディンも見上げたであろう満天の星の下で仲間と西域に乾杯しよう。そして悠久無辺たるタリムで往古の旅人に想いを馳せるのである。もしかすると、沙漠の風に乗って遠くから、かすかに駱駝の鈴の音が聞こえてくるかもしれない。などと年甲斐もなくそんな夢幻的なロマンに心ときめかせる。
家に飾られた等身大の「風沙」の書を見つめながら、この夏の辺境へ戈壁へと想いをつのらせる冬の日々である。
タクラマカン沙漠に立つ(2005年7月1日)
e0111220_10595299.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-03-14 11:00 |


風沙

e0111220_1413555.jpg「風沙」 書家・駒澤静秀氏揮毫
大嵐、風吹きすさび舞い上がる砂塵、荒々しく過酷で困難な沙漠。そんなタクラマカン沙漠のすごさをイメージし表現してみたそうです。

タクラマカン沙漠の早春、3月から5月頃はいつも強い風が吹きつける荒々しい季節。今年も13級の風(風速51メートル)が吹き南疆鉄道で脱線事故が起き4名が亡くなり、トラックもあちこちで横転したとのニュースが流れた。

タクラマカン沙漠は天山・パミール・崑崙3つの山脈に挟まれたタリム盆地で日本の面積に匹敵するような大沙漠。
その北辺にはホータン河・ケリヤ河・ニヤ河などの流れを集めたタリム河(2007年同好会の旅でこの河を渡る予定)が流れ、コルラの孔雀河を飲み込み、やがてロブノール前で沙漠に消えていきます。ロマンチックですね(シルクロード同好会事務局長談)

人を拒絶する荒々しい春の沙漠。束の間見せる夏の穏やかな沙漠。長い年月数々の歴史を刻んできた沙漠。鳩摩羅汁、玄奘三蔵、法顕、マルコポーロも通ったであろうシルクロード。いにしえ人に思いを馳せながら今年の夏、念願だった新彊ウイグル自治区に行き、タクラマカン沙漠に立ちたいと思う。
[PR]
by tianzao | 2007-03-13 13:58 |


シルクロード同好会の旅

2007年8月に同好会一行は蘭州・武威・酒泉・敦煌・ハミ・クチャ・タクマラカン沙漠・コルラ・ウルムチなどのシルクロード・西域を巡る旅に出かける。私も行きたい。きっと行けると思って・・・。
天山山脈:ウルムチが近くなる飛行機の中からその勇姿を現す
e0111220_22505630.jpg

鉄門関:新疆コルラ市郊外にあり、古代シルクロードの道が
伸びている。
e0111220_22515575.jpg

3600メートルの高地にあるパミールのカラクリ湖
標高7546メートルのムスターグアタ山(父なる氷の山という意味)

e0111220_2255342.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-03-09 22:56 |


シルクロード同好会の旅

2004年8月、第2回シルクロード同好会の旅は内モンゴル訪問の後、敦煌・莫高窟・鳴沙山・月牙泉・蘭州・五泉山公園・炳霊寺嘉峪関・陽関などの河西回廊を巡った。
敦煌莫高窟は時間が足りなくて少ししか見ていない。是非もう一度訪ねてみたい。
敦煌莫高窟
e0111220_22355381.jpg

蘭州黄河
e0111220_22153184.jpg
長城第一トン
e0111220_22272427.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-03-09 22:37 |


もうすぐ春ですね!ヤッター

e0111220_2234968.jpg私の友達ノヨちゃん(ペンネーム)が描いた絵。あなたはとっても絵が上手。絵が大好き、花が大好き、春が大好き。勉強も頑張ってるね。
もうすぐ小学校を卒業。あの小さかったあなたがもうお母さんの背丈を越えたんだってね。
中国語、モンゴル語、日本語を話し、英語も習っているあなたは何語の夢をみるの?
旅立ちの春、帰国してからの勉強は大変だろうけど、あなたには愛してくれる家族がいる。
あなたの幸せを願っている人はたくさんいるんだよ。だから元気で頑張ろう。
いつかまたクラスの仲良しに会いに来れるといいね!
[PR]
by tianzao | 2007-03-03 22:19 | 交流


蓬莱はがき

e0111220_1595621.jpg最近、亮昌寺という真言宗のお寺から杉の香り豊かな蓬莱はがきをいただいた。
このはがきは高野山に繁る樹齢500年以上の高野六木(こうやりくぼく)の樹種、高野杉でつくられたとのこと。
弘法大師空海によって開かれた高野山の総本山は金剛峯寺(こんごうぶじ)。
その高野山周辺で見られる樹木のうち、スギ・ヒノキ・コウヤマキ・モミ・アカマツ・ツガの六種の針葉樹を高野六木と称する。
家庭の幸せを祈るというこの蓬莱はがきは、日を経てもなお我が家に杉の香りのすがすがしさを生み出し、私の気分を落ち着かせてくれている。
[PR]
by tianzao | 2007-03-01 16:05 | 出来事

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧