tianzao


<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧



瑞世拝登(1) 

大光寺副住職瑞世式(2001年5月)

曹洞宗総持寺と永平寺両本山で、菩提寺・大光寺(室蘭市知利別町)の若さんの瑞世式があり、私も随行させていただいた。
【大本山総持寺】
e0111220_21235375.jpg

瑞世(ずいせ)は両本山で一泊し一朝の住職を務める儀式で、曹洞宗の僧侶としての報恩の誓いの場。
大光寺にとってとても重要な儀式とはつゆ知らず、軽いのりで参加した私は・・・。
大雄宝殿(仏殿)
e0111220_21523038.jpg
e0111220_21535579.jpg
百間廊下
e0111220_2153462.jpg

総持寺瑞世
e0111220_21551073.jpg
e0111220_21564056.jpg
e0111220_22182217.jpg
只管打坐
e0111220_22131818.jpg
太祖瑩山禅師の遺偈
e0111220_22191119.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-06-29 22:17 | 静心


笑顔

今日が美矢子さんの七七日・満中陰。
7日ごとにお経をいただいて今日で49日。月日の移ろいのなんと速いことか。
春爛漫の桜の季節に旅立って、今は夏の花が咲き、そして秋が来て・・・・・・。
笑顔弾ける展覧会場
e0111220_15411257.jpg

e0111220_15481799.jpg
生まれ変わって
e0111220_15492680.jpg

花ことばは《旅人の喜び》
e0111220_15505517.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-06-27 15:55 | Ms Miyako 


写真展

女と男の生き生き活動写真展
 〜仕事も家庭も地域も みんなで築こう男女平等参画社会〜

展示場所:胆振地方男女平等参画センター「ミンクール」1F展示ホール
展示期間:6月23日〜7月1日
e0111220_2028351.jpg

友人に勧められ応募してみた。
審査の結果、
「あなたの作品は《楽しく参画で賞》に選ばれました。」
と友人から電話を頂いたので早速見に行った。
展示作品は僅かに15点、その内の5点は5枚一組にして応募した私の作品だった。
職員の方に思わず
「写真はこれだけですか」と聞いてしまった私。
道理で・・・、私でも賞がいただける訳だよね、妙に納得!
e0111220_20523898.jpg

展示された写真よりも飾られていた凧の絵の方についつい目がいく私だった。
e0111220_210488.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-06-25 21:08 | 出来事


シャンシャン共和国フリーマーケット(3)

建国祭の参加者、みんなが楽しんだ。
けん玉
e0111220_114210100.jpg
美味しい!
e0111220_11432999.jpg
笑顔
e0111220_114491.jpg
e0111220_11443626.jpg
e0111220_11453552.jpg
e0111220_126054.jpg
e0111220_1261982.jpg

室蘭ルネッサンス(よさこいソーランチーム)
e0111220_1148946.jpg
e0111220_11575184.jpg

プルメリアサークル(フラダンスチーム)
e0111220_11595757.jpg
e0111220_1201871.jpg
e0111220_1204211.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-06-25 12:06 | 交流


シャンシャン共和国フリーマーケット(2)

フリーマーケットの期間中は夏の日差しが降り注ぐ絶好の行楽日よりになった。
e0111220_11213441.jpg
e0111220_11224465.jpg
e0111220_11293058.jpg

内モンゴル教育基金出店に際し善意の品々を提供してくださった皆様、美味しい肉まんと小龍包を手作りしてくださった留学生の皆様、募金に応じてくださった市民の皆様、そして毎年売り場と調理場を提供くださる共和国関係者に感謝!
e0111220_1136732.jpg
e0111220_11323558.jpg
e0111220_11241718.jpg
e0111220_1128118.jpg

心からのありがとうを伝えます。
ボランティア・留学生・基金関係者の皆様、お疲れ様でした!
[PR]
by tianzao | 2007-06-25 11:37 | 交流


シャンシャン共和国フリーマーケット

【シャンシャン共和国】
全国初の商店街国家で1985年6月6日に建国。
北海道室蘭市のJR東室蘭駅から歩いて15分、幅8m長さ360mの対面商店街で年間を通じてさまざまなイベントを開催している。
フリーマーケット(6月23・24日)
e0111220_2225320.jpg
黄色の服装の方が共和国大統領
e0111220_2245965.jpg
小龍包作り(23日)
e0111220_2274834.jpg
e0111220_228717.jpg
e0111220_22111590.jpg
肉まん作り(24日)
e0111220_22121063.jpg
e0111220_22161195.jpg
内モンゴル教育基金も出店、室蘭工業大学留学生の協力で手作り小龍包と肉まんを販売。ほっかほっかでジューシイと大好評。
美味しかった!
[PR]
by tianzao | 2007-06-24 22:31 | 交流


モトマリ(アイヌ語で静かな入り江)

青山亭
e0111220_19284186.jpg

追直漁港に行ったとき、同行した友人がこの近くに綺麗な東屋がありますと言って「青山亭」に連れて行ってくれた。
着いたところはなんとモトマリ墓地のなか。彼女はボランティアで「モトマリ墓地をきれいにする会」の一員としてこの墓地の保全活動をしているとのこと。
蝉時雨の中、緑豊かな墓地の一隅に朱塗りの東屋はひっそりと建っていた。
e0111220_19562023.jpg

e0111220_19565028.jpge0111220_19573756.jpg
e0111220_19583998.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-06-23 20:00 | 出来事


藤の花

連れ合いの実家から歩いて10分ほどの所に函館五稜郭公園があった。帰省した時には度々そのお堀ばたを二人で散策した思い出深い場所である。
6月の公園、堀を渡ると藤棚に這わせた藤の花が香りを振りまいて咲いていた。
花が終わって大きなさやがぶら下がると、それを手に取り「パン!」と鳴らして遊んだと連れ合いは懐かしそうに話していた。そのことからもこの藤はかなりの年輪を重ねた木なのだろうと思う。
両親も彼も既に亡くなり、今では藤の花が咲く季節に函館へ出かけることは無い。

亀田記念公園・ふじ棚のトンネル
e0111220_1522492.jpg
e0111220_1591349.jpg
e0111220_1593385.jpg

五稜郭公園の藤を見なくなって久しいが、最近は毎年亀田公園の藤に会いに行く。
今年も初夏の陽差しの中、亀田公園にでかけた。沢山の家族連れが訪れていた。
e0111220_16124855.jpg


登別青嶺高校・ふじ棚(2003年撮影)
e0111220_16231430.jpg


洞爺湖町・藤の花(母宅にて)
e0111220_16322792.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-06-20 16:32 | 交流


鷲別漁港

早朝、鷲別岬の写真を撮りたいと思い、散歩がてら鷲別漁港に出かけた。
e0111220_169454.jpg

途中の道端に馬頭観音が祀られおり、えぞかんぞうの花が彩りを添えていた。
e0111220_1610646.jpg
e0111220_16102584.jpg
砂で覆われていた古い船着き場は立ち入り禁止になっていた。それでも釣りを楽しんでいる人がいたりして・・・・。
e0111220_16352495.jpg

現在、近くの浜辺で新しい港を作る工事が進行している。
e0111220_16475025.jpg
e0111220_16372954.jpg
以前は砂浜に降りて裸足になって砂の感触を楽しみながらゆったり気分で海を眺めることができる場所だった。
 いまそこにはテトラポットの群れが並び浜辺に近寄ることすらできなくなっていた。海の近くで育った私はかなり寂しい気分になってしまった。

可愛いくてとてもシャイなダックスフンド犬にも出会った。
e0111220_16591012.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-06-19 17:00 | 出来事


室蘭絵靹臨海公園
e0111220_1156184.jpg
e0111220_10422367.jpg
e0111220_1113195.jpg

白鳥大橋周辺には、道の駅みたら・室蘭水族館・エンルムマリーナ・屋台村などの観光スポットがある。絵靹臨海公園もそのひとつで、そこから大黒島を望むことが出来る。
6月17日、臨海公園は束の間の夏の日ざしを楽しもうと、たくさんの人が訪れていた。海上をきらきらと夏の日ざしが輝く中、レースをしているのかたくさんのヨットが浮かんでいた。
空には一羽のかもめが悠々と・・・・。

室蘭イタンキ浜
e0111220_11155464.jpg
2年前の6月に、来蘭されていた留学生のお母さんと「鳴り砂」で有名なイタンキ浜で遊んだ。内陸に住んでいる彼女は貝殻を拾い、波打ち際を楽しそうに歩いた。
そのときと同じ6月、彼女の娘夫婦とそのイタンキ浜に行ってみた。
太平洋に面するイタンキ浜。
風が強くて高い波が寄せては返していたが、夏の訪れを告げるハマナスやハマヒルガオの花が密やかに咲いているのを見つけた。
7月下旬から8月、イタンキ浜は海水浴場となり、砂の造形フェステバルも開催され、たくさんの市民が北国の短い夏を楽しむ。
e0111220_11222930.jpg
e0111220_11225376.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-06-18 11:44 | 交流

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧