tianzao


<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧



絵手紙

七色の宝石・紫陽花(友の絵手紙)
e0111220_14305229.jpg

我が家の紫陽花は毎年鮮やかな濃紺の花をつけていた。今年は同じ紫陽花なのになぜか青や赤など微妙に違う色合いの花が混在して咲いている。
e0111220_15185544.jpg
e0111220_1519998.jpg

e0111220_14514971.jpge0111220_1452307.jpg


友の絵は花の絵だったり食べ物の絵だったり季節感があって彼女の絵手紙が届くと嬉しくなる。e0111220_145354100.jpg
e0111220_15145497.jpge0111220_15152122.jpg



e0111220_15232473.jpg
[PR]
by tianzao | 2007-07-28 15:29 |


野球

美矢子ちゃんは大の野球好きでした。彼女の両親も弟一家もみんな野球が大好きで、それぞれにひいきのチームがあります。
小学生の甥っ子二人は美矢子ちゃんの影響を受けて、彼女がしていたようにシーズン前に新聞社が配る野球の小冊子をチェックし、全球団の選手情報を仕入れます。
シーズン中は自分のひいきチームの応援に熱が入り、家族全員で盛り上がっては楽しい時間を過ごします。
その甥っ子は二人とも小学生の野球チームに所属し活動中です。
野球の練習がお休みになったある日、6年生の甥が
「おばあちゃん、美矢子ちゃんの筆と墨を使って字を書いてみたい!」
と、美矢子ちゃんのお母さんに言いました。
彼は遺品の筆と墨で紙にいろんな文字を何枚も何枚も書いていたそうです。
納得できた作品が《野球》という二文字
e0111220_15523294.jpg

将来の夢を美矢子ちゃんに打ち明けていたという彼、不思議な縁を感じます。
いつか美矢子ちゃんと同じ書の道に進むかもしれません。
彼らにとってとても大きな存在だった美矢子ちゃん。
美矢子ちゃんは可愛がっていた甥っ子達の成長を、いつまでも天国から見守り続けてくれていると思います。《合掌》

ちなみに美矢子ちゃんは大の中日ドラゴンズファンでした。今頃、彼女はメガホン・帽子・ユニホームのドラゴンズグッズを身につけて応援していることでしょうね。 (美矢子ちゃんの叔母さん・記) 


美矢子ちゃんは中日ドラゴンズのファンで何回も名古屋ドームに足を運んでいた。
昨年の日本シリーズ、札幌ドームの試合では北海道日本ハムファイターズの熱狂的ファンに囲まれながらも
「『頑張れ!頑張れ!ドラゴンズ!』と声をからして叫んじゃいました。」 
書道の会で、その時の応援のようすを笑いながら話していた彼女の楽しそうな姿を思い出す。
6年生の甥御さんは「野球」という文字を毛筆で書いて仏前にお供えし、
3年生の甥御さんは積み団子を作って仏前にお供えしたとのこと。
美矢子ちゃん、無心に手を合わせる彼らの姿が見えますか。
彼らの心の中に貴女は生き続けています。
いつもいつも彼らを見守り続けてくださいね!
[PR]
by tianzao | 2007-07-25 16:55 | Ms Miyako 


ズッキーニ

家庭菜園で育てたというズッキーニをいただいた。
e0111220_17581125.jpg

そのズッキーニをごま油で軽く炒めて、我が家の庭で初収穫できたキュウリと、自生するハーブも使ってマリネ風の料理を作ってみた。レタスも我が家産。
これが結構おいしかった!でも、写真を撮るなら盛りつけにひと工夫をネ!
e0111220_17585190.jpg
e0111220_187282.jpg
e0111220_18102100.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-07-24 18:17 | 出来事


お地蔵さま

可愛らしいお地蔵さまを祀っている洞爺寺というお寺がある。
e0111220_20385059.jpg
このお寺は旧洞爺村の高台にあり、洞爺湖が一望できる。
e0111220_210890.jpg

【様々な表情を見せるお地蔵さま】
e0111220_2035157.jpg
e0111220_21101973.jpg
e0111220_2110386.jpge0111220_211118.jpg
e0111220_21121875.jpge0111220_2121883.jpge0111220_2124419.jpg
e0111220_2126056.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-07-23 21:27 | 静心


検査

ここ数年、私にとって嬉しいことではないが、さまざまな症状が現れて病院と仲良くしている。
先々週の脳CT検査に続き、昨日は脳のMRI(核磁気共鳴)検査をうけた。頭を固定されてトンネルの中に入る。今までに脳以外でもこのMRI検査を数回受けたことがあった。身動きしてはいけないのでじっと我慢の時間が過ぎる。
ダンダン、ドンドン・・・・かなりの騒音、それを相殺するように流される音楽。でも検査音のほうがはるかに音楽を凌駕している。
脳、血管などのMRI画像を見ながら先生の説明が続く、・・・・・・・。
おまけに記憶力検査もうけたりして。
結果は?・・・・・にこっ!

最近風邪を引いたのか喉がイガイガ、声がかれて咳が続いている。それで呼吸器内科も受診することになった。血液検査、CT検査、レントゲン検査、肺活量検査をする。気管が弱って肺活量が落ちているそうな。
診断は風邪ではなくて「ぜんそく」。そんなことって・・・。
そう言えば、以前他の病院でも「ぜんそく」といわれて吸入薬を使ったことがあったなあ。
吸入薬やら、なにやらかにやら処方されて。
e0111220_1139344.jpg

その日の室蘭民報夕刊にこんなニュースが載っていた。(タイミング、良すぎ)
e0111220_115179.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-07-20 11:51 | 出来事


サクランボ狩り

いとこ夫婦が毎年7月にサクランボ狩りに誘ってくれる。3年振りに私も参加した。
e0111220_1992623.jpg

仁木町にある本間果樹園は入園料がかからない。今年は7人で行ったのでそれだけでも得した気分になる。

e0111220_19433100.jpg
サトウニシキ・スイモン・サミットなどが食べ頃でとても美味しい!
e0111220_195239.jpg

サクランボ狩りのあとは小樽の新南樽市場へ。
新鮮な魚介類が所狭しと並べられている。お店の人のすばやい手さばきに見とれてしまう。お客が多くて活気があって、どの店で買おうか迷ってしまうほどだった。
毛無山展望台から見た小樽市内
e0111220_1932721.jpg

ホピの丘で昼食
e0111220_194939.jpg

e0111220_1946563.jpge0111220_19462562.jpg
[PR]
by tianzao | 2007-07-16 19:52 | 出来事


ナナカマド

毎年、父の命日に子供達が母の家に集う。
e0111220_21404515.jpg

父は米寿の祝いをした翌月にこの世を去った。
その様なことがあったので母の米寿の祝いは延び延びになっていたが、子供達が集まったのを機会にささやかながら母の長寿を祝った。

父母が家を建てたときに植えたナナカマドは、たくさんの小鳥たちが羽を休めに訪れる大木に成長した。
e0111220_2264444.jpg

しかし、ここ数年は強風が吹くたびに今にも倒れそうな状態ではらはらしていた。
母も納得し子供達が協力して木の丈を詰める作業をすることになった。
母は塩とお酒をナナカマドの根元に供えた。
e0111220_2221333.jpg
e0111220_2223961.jpg

たくさんの実をつけたナナカマド、まさか切られるとは思わなかったことだろう。
勝手な思いかもしれないがいつかたわわに実をつけるナナカマドを目にする日が訪れてほしいと願っている。
[PR]
by tianzao | 2007-07-12 22:20 | 出来事


瑞世拝登(2) 

曹洞宗の本山永平寺と総持寺で大光寺の若さんの瑞世式がおごそかに執り行われた。
e0111220_17403316.jpg

【大本山永平寺】
e0111220_8331523.jpg
e0111220_8334767.jpg
e0111220_834365.jpg
永平寺瑞世記念
e0111220_8392074.jpg

永平寺にて(2001年5月24日・25日)
吉祥閣の総受付所で受付を済ませる。
三黙道場:
黙する所《東司(お手洗い)・浴室(入浴の前後に菩薩様に参拝)・僧堂》
手の作法:
《合掌・叉手(歩くときの手の作法)・法界定印(座禅をするときの手の形)》
足の作法:
結跏趺坐(けっかふざ)・半跏趺坐(はんかふざ)
食事:
食事の前後に「5観の偶」を唱える。朱塗り・紋入りの器で2の膳付きの精進料理。
座禅1:夜、18時40分から19時まで
座禅堂で参禅。鐘3つで開始、鐘一つで終了。
座禅2:朝、3時50分から4時10分まで
振鈴、鐘の音、カエルの鳴き声。
法堂(はっとう):4時30分
92段の階段を昇り・・・・・。
朝課:5時
100名を超す僧侶・雲水の読経、しばしの静寂、鳥の鳴き声・・・・・。
光明蔵:5時25分
若さんは請状をいただく。
承陽殿:5時55分から6寺5分
瑞世の儀式。

総持寺にて(5月21日・22日)
総持寺瑞世記念
e0111220_8375234.jpg
e0111220_10404519.jpg

朝課:5時
法堂で100名を超える僧侶の読経、華麗な儀式。随行の5名も一人一人焼香の機会をいただき、心を込めて、感謝しながら・・・・。
瑞世の儀式:6時10分
板橋貫首さまは御簾の中に・・・・。
写真撮影、堅院老のお話を聞く。

写経
e0111220_10415761.jpg
永平寺納経塔への納経供養をお願いする。
(般若心経写経を10枚自筆し、持参した。)
瓦の修理のための普請料も志納する。
[PR]
by tianzao | 2007-07-02 10:31 | 静心

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧