tianzao


<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧



お久しぶりです。(好久没见了)

【敦煌】
8月28日朝8時30分に酒泉を出発して嘉峪関・長城第一トン等を見学したのち、夜7時過ぎに敦煌のホテルに到着した。外はまだまだ明るい。日暮れまでにはあと2時間ほどありそうな気配。
3年前の敦煌訪問のおり、自宅へ招待し歓迎してくださった範さん一家がホテルのロビーで待っていた。
又见到你们我很高兴!
e0111220_2036516.jpg
29日は夕食に招待された。
太太亲手做的菜都很好吃。
e0111220_205253100.jpg
吟味された食材で作られた料理は油っこくなく淡泊な味でとても美味しかった。
e0111220_2049553.jpg

今年中学生になった息子さんは二胡の演奏で私たちを歓迎してくれた。
他拉的二胡很好听。
e0111220_21244999.jpg
彼は一生懸命勉強していつか日本へ留学したいと私たちに話した。あと何年?長生きしなくちゃね。

2歳の息子さんとは初対面。
他很可爱!
e0111220_21393412.jpg

敦煌莫高窟「双飛天」の掛け軸を贈られて。
谢谢你。
e0111220_21454220.jpg
前日莫高窟の売店で母への土産にと買い求めた掛け軸も「双飛天」だった。飛天に会いたくて敦煌に来た私。
その二幅の飛天は母宅と我が家の部屋に彩りを添えながら今日も美しい姿で舞っている。
e0111220_2154023.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-10-31 22:05 | 交流


秋深し

今日、急に母に会いたくなって洞爺湖町の実家に出かけた。
母は同行できなかったが、秋晴れに誘われて姉と二人で洞爺湖を一周した。
湖畔の木々はすっかり紅葉して、落ち葉がかさこそと風に揺れていた。
洞爺湖畔道路
e0111220_215899.jpg
e0111220_22244422.jpg

母の庭も秋の色に
e0111220_2235690.jpg
e0111220_124246.jpg
e0111220_124439.jpg
e0111220_1245626.jpg
姉夫婦が丹誠込めて育てた菊
e0111220_22422100.jpg
e0111220_22115113.jpg

亡き父が植えた柿もたわわに実を付けて
e0111220_2272221.jpg
キウイも負けじと
e0111220_2283470.jpg
イチジクの実もなって(黄色の葉)
e0111220_0473076.jpg
e0111220_1192515.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-10-28 22:17 | 出来事


ようこそ北海道へ(2)

【釣り体験】於:虎杖浜山本養鱒場釣り堀
e0111220_17163999.jpg
e0111220_17375188.jpg
ウリジさんの竿がしなって
e0111220_17215860.jpg
釣れたっ!
e0111220_17234549.jpg
2匹目をゲット
e0111220_17274220.jpg
自分で釣った魚の味は?
e0111220_1747385.jpg

【アイヌ民族博物館】(白老ポロトコタン)
「アイヌ」とはもともと「人間」を意味するアイヌ語。独自の言語と文化を持つ先住民族。
e0111220_17502627.jpg
e0111220_1752887.jpg
e0111220_17524549.jpg
e0111220_17533874.jpg
e0111220_17545139.jpg

モンゴル民族はアイヌ民族と同じように自然に対する考え方に共通点が多いという。彼らは自然を敬い自然の恵みに感謝して暮らしていた。
知里幸恵・アイヌ神謡集《序》より
その昔此の広い北海道は、私たちの先祖の自由の天地でありました。天真爛漫な稚児のように、美しい大自然に抱擁されてのんびりと楽しく生活していた彼らは、真に自然の寵児、何という幸福な人たちであったでしょう。

[PR]
by tianzao | 2007-10-21 18:22 | 交流


ようこそ北海道へ

北海道は紅葉真っ盛り、マ・ウリジさんとドライブに出かけた。
有珠山
e0111220_22592865.jpg
e0111220_22594732.jpg
昭和新山
e0111220_024670.jpg
地球岬
e0111220_2305988.jpg
電信浜
e0111220_231269.jpg
e0111220_2315224.jpg
電信浜では遠足に来ていた地球岬小学校の児童たちに出会った。彼らにカメラのシャッターを押してもらったり、捕まえた魚を見せてもらったり、砂浜にモンゴル文字を書いたりして交流することができた。
室蘭の美しい風景
e0111220_23201728.jpg
e0111220_23203459.jpg
e0111220_004325.jpg
e0111220_01945.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-10-20 23:22 | 交流


遠来のお客様

【内モンゴル教育基金】
e0111220_1541667.jpg
中国・内モンゴル自治区から現地事務局長のマ・ウリジさんが来日。NHKプラザミューを会場に基金の報告会を開催した。
報告会
e0111220_14301025.jpg

内モンゴル教育基金設立から4年間で支援した子供は550人を数える。学びたくても学ぶことが出来なかった辺地の子供たちに、病気の子供たちにも手を差し伸べて。
モンゴル民謡を披露
e0111220_143414100.jpg
モンゴル書道
e0111220_14572672.jpg
画家の手による似顔絵
e0111220_1514159.jpg

多くの方からの善意の寄付金と毎年6月、留学生が協力してくれるシャンシャン共和国フリーマーケット、シルクロード同好会のご協力によりNHKプラザミューで開催する秋の民芸品即売会、会長夫妻が経営する喫茶店で開催しているフリーマーケット、クリスマスの前にNHKプラザミューで開催される「あったかサロン」で得意の手作りを菓子を販売する会員の好意などが基金の原資となっている。
e0111220_153292.jpg
e0111220_1532436.jpg
e0111220_1534790.jpg
e0111220_1545918.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-10-17 15:06 | 交流


内モンゴルからようこそ

【内モンゴル教育基金】
内モンゴル教育基金スタッフは2004年にシルクロード同好会会員と共に内モンゴルを訪問し、現地事務局を設立した。
e0111220_1457626.jpg
e0111220_14583599.jpg
翌2005年、教育基金のスタッフ3名が内モンゴルの現地を再度訪問し交流してきた。
e0111220_14383744.jpg
e0111220_1439516.jpg

その時お会いし、お世話になったマ・ウリジ現地事務局長がNHK室蘭プラザミューでの行事に合わせ、10月13日に来日する。
14日の午後2時から現地の状況報告とモンゴル民謡を披露する予定。
内モンゴル教育基金展&シルクロード写真展
会場:NHK室蘭プラザミュー
1日目:13日・・・12時〜18時まで
2日目:14日・・・10時〜17時まで        
*シルクロード同好会会員の寄贈によるウイグル自治区の民芸品と基金会員手作り品の即売、昨年好評をいただいた似顔絵描きも実施する。これらの益金は全て内モンゴル教育基金へ寄付される。
e0111220_14404839.jpg
e0111220_14291690.jpge0111220_14293335.jpg
e0111220_1491779.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-10-11 15:05 | 交流


ルミックス

【デジタルカメラ】
旅の途中で誤ってデジタルカメラを地面に落としてしまった。
大切にしていたキャノンのデジタルカメラ。私の行く先々の記録を切り取り続けてくれたカメラ。
衝撃でレンズの蓋は壊れて傷ついて、たまに機嫌を直すこともあったけど、殆ど液晶も表示できない状態で、旅行保険会社へと送られ、ついに悲しい別れとなってしまった。
そして、あきらめの早い私の元へ新しいデジカメはやってきた。
これが携帯電話のカメラで写した新しいデジカメ
e0111220_15131965.jpg

卓上三脚も買い求めて(¥1.680)
e0111220_15142221.jpg

【LUMIX FX55】
ライカのレンズ・おまかせ iA搭載・3.0型液晶大画面・軽量
e0111220_15305184.jpg
何時しか秋たけなわ、庭の菊の花にミツバチが群れる季節になっていた。
e0111220_15473150.jpg

[PR]
by tianzao | 2007-10-06 15:37 | 出来事


嘉峪関

【嘉峪関長城】
天下第一の雄関と称せられる。万里の長城の西端の関所で現在の嘉峪関は明代(1372年)に建造されたもの。
e0111220_2122286.jpg
e0111220_21225517.jpg
嘉峪関城の城壁上から万里の長城を望む。
e0111220_21231989.jpg

【長城第一墩(トン)】
万里の長城の西端。
e0111220_21452591.jpg
対岸にはトンネルを通っていくことが出来る。右手に長城第一墩が見える。
e0111220_21455736.jpg

【あの世で使うお金(冥紙)】
e0111220_21462240.jpg
亡くなったゆかりの人を偲びながら・・・・・

亡くなった人があの世でお金に困らないようにと紙幣のように印刷されている紙をお墓参りの時などに焼いてあの世に届ける。中国では陰暦の7月15日(中元節・盂蘭盆会)にお墓参りをするそうで、この冥紙を店で売っている。この風習は沖縄にもあるとのこと。
[PR]
by tianzao | 2007-10-05 23:10 |

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧