tianzao


<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧



閻魔大王

9月に妹夫婦と鎌倉に行った。
この地はかつて鎌倉幕府が置かれていたところ、古刹が多い。北鎌倉駅で下車し円覚寺や明月院を巡り鎌倉駅を目指してひたすら歩いた。
建長寺の近くで「閻魔大王の寺」というのぼりが目つき、引かれるように境内の参観をした。
鎌倉円應寺
e0111220_13313194.jpg

初七日から四十九日までの間は「中陰」といい、この間亡者はこの世からあの世へと旅を続けるといわれている。冥界で出会う十王を祀ってあった。
《閻魔大王座像》国指定重要文化財 伝運慶作
e0111220_13303247.jpg


《父のお墓》
鎌倉の旅で母のこと、父のことを考えた。
つかの間良い人になった妹と私は、父の七回忌に合わせて墓を建てたいと兄弟姉妹に相談した。皆が賛成し、90歳になる母もとても喜んでくれた。
11月30日、内浦湾を望む高台の墓地に父は永久の眠りにつく。
[PR]
by tianzao | 2008-11-28 14:26 | 出来事


仕上げサンダ

【母の表札】
先日私が母宅に行ったとき、母は父の名前が書かれた赤十字の木札(会員証)とかんなとを手にしていた。
「母さん、大工仕事をするの?」と私が聞くと、
「この表面を削って私の名前を書こうと思ってね」と母は言った。
「えっ!母さんの名前を書いた赤十字の木札もあるでしょう」と私。
「私の表札ね、あれは駄目!木札の真ん中に横線が入っているでしょう。そのせいで腰が痛いのが治らないんじゃないかと思って、ずっと気になっていたんだよ」と母。
玄関前の壁にかけられた母の名前の木札には確かに木の節目らしい線が真一文字に。

私が用事を済ませ、母宅に戻ってみると、
「うまく書けなくて変な表札になってしまった」と見せられたのは、うっすらと消えた父の名前の上に被さるように弱々しく書かれた母の名前だった。

新しく母の表札を買うといいのだが、母はこの木札を使いたいと言う。

【仕上げサンダ】
私がどうにかするからと持ち帰ったその木札。それを眺めているうちに閃いた。
e0111220_11153740.jpg

夫の形見の仕上げサンダを使うことを。

夫が使っていたようすを思い出しながら、
丁寧に木札の表面を削り滑らかになるようサンダをかけ、その上に墨で母の名前を書き、雨や雪にも耐えるようにとニスを塗って母に届けた。
母は自分の表札ができた、娘が墨で書いてくれたと大喜び。
今、母宅には両親の結婚以来使われてきた父の表札の横に母の表札が並んで掛けられている。(ちょっと気恥ずかしいけれど)

娘が初めて書いた母の表札、拙い字だったのにとても喜んでくれて、私は胸がいっぱいになった。ちなみに節目のあった木札は塩で清めて、その役目を終えた。
[PR]
by tianzao | 2008-11-20 11:45 | 出来事


ソラ

【Y先生のかわいい家族】

名前はソラ(宙)
スコティシュフォールド種の猫です。
e0111220_16582534.jpg

光の加減でこのような毛色にも見える。
e0111220_11382069.jpg

アフリカヒメツメガエルも家族の一員です。
e0111220_11385923.jpg

[PR]
by tianzao | 2008-11-19 17:14


白鳥大橋建設の記録

【月岡正明写真展】
今年は白鳥大橋(室蘭市)開通10周年記念の年。
それに合わせて白鳥大橋建設の記録展を開催している。
e0111220_1747320.jpg


 会場:室蘭市民美術館
 期間:11月6日(木)から16日(日)まで

月岡正明氏は主塔着工から開通にいたるまでの6年間を記録し続けた。
e0111220_1851328.jpg
大きな石は海底から引き上げられた300万年前の安山岩。
e0111220_1853228.jpg
月岡氏の側にはいつも夫人が寄り添い、助手としてかいがいしく働いている。
e0111220_18215046.jpg
特別の許可を貰って主塔の上からも撮影した。
e0111220_1842722.jpg
ダンスをしているのかな?何だか楽しそう!
e0111220_1838166.jpg


月岡氏ご夫妻は一緒にシルクロードを旅したお仲間。
とても仲の良い素敵なご夫婦です。
奥様も4年前から写真撮影を始め展覧会での受賞歴もある。
e0111220_18464399.jpg


月岡氏は白鳥大橋の記録、有珠山の記録、室蘭イタンキ浜に流れ着いた漂流物の記録なをライフワークに写真を撮り続けている。
[PR]
by tianzao | 2008-11-07 18:59 | 美術館


登別中国語交流会

《平成20年度中国語講座新規会員歓迎会》
e0111220_23331128.jpg
鮭のちゃんちゃん焼き、刺身、海苔巻き、高校生の会員が作った美味しいケーキも彩りをそえて。
e0111220_23315467.jpg
老師と一緒に皆で作った餃子に舌鼓。
e0111220_23351591.jpg
遅ればせながら会員しえんじゅさんの専門学校合格祝いも兼ねて。
e0111220_23454460.jpg
3月まで教わっていた老師がお忙しい中、千葉と札幌から来て下さいました。
e0111220_011982.jpg
花屋さんの会員がみんなに季節の花をプレゼント。うれしい!

参加者は15人、話が弾んで飲んで食べて楽しい時間を過ごしました。
[PR]
by tianzao | 2008-11-06 00:29 | 交流

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧