tianzao


<   2010年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧



故国に帰ります

《チャムハくん、元気でね!》
チャムハは室蘭で生まれ育って2歳半、もうすぐママと内モンゴルに帰ります。
e0111220_231118.jpg

パパはちょっと寂しくなりますね。
e0111220_2312393.jpg

大好きなおじちゃん、おばちゃんありがとう!
e0111220_238056.jpg
e0111220_2381618.jpg
e0111220_2384211.jpg

じいちゃん、ばあちゃん、今度また遊んであげるね!
e0111220_231192.jpg
e0111220_23113177.jpg
e0111220_23121044.jpg
e0111220_23124989.jpg


チャムハとママは5月8日に帰国して、もう一度日本に戻るかどうかは未定という。故郷ではおばあちゃんが首を長くして孫との対面を楽しみにしていることでしょう。

どうぞお元気で。また会いましょう。
e0111220_23232324.jpg


母の日には早いけれどとママが可愛い花かごを持ってきてくれました。いつもお心遣いをありがとう!
e0111220_2327140.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-04-30 23:27 | 交流


キウシト湿原に春がきました

《キウシト湿原のミズバショウが見頃を迎えました》
5月1日から3日まで午前10時より1時間30分ほど湿原内をご案内します。
10時までに直接「キウシトの家」にお集まりください。
お問い合わせ:(堀本会長 電話)83-2420 (熊谷さん携帯)09075132983

4月25日に会員による湿原内の清掃作業とミズバショウなど春の花を観察しました。
e0111220_22154298.jpg

ミズバショウ
e0111220_1722443.jpg
e0111220_1728331.jpg

エゾノリュウキンカ
e0111220_17242151.jpg

ギョウジャニンニク
e0111220_17252410.jpg

バイケソウ
e0111220_17264252.jpg

スミレ
e0111220_17321698.jpg
写真提供:堀本会長
[PR]
by tianzao | 2010-04-28 17:32 | 出来事


鍛冶屋さんは97歳

《NHK・いぶり&ひだか特集 》
北の匠として紹介された友人のお父さんは97歳にして現役の鍛冶屋さん。
e0111220_16132627.jpg

使いこまれた道具は自ら手作りしたもの。その道一筋に道を極めてもなお、まだまだ新たに湧きいでるアイデアは尽きることがないそうです。
e0111220_1627388.jpg

本業の鍛冶屋のかたわら奥さんとともに始めた書道でも才を発揮され受賞を重ねております。今年の国際現代書道展・祝賀会では最高齢の出品者ですと会場のスクリーン上に、ご活躍のようすが写しだされました。
友人の話では
「父は耳は遠くなったけれど息子や娘に見守られてのバリバリの現役です」
e0111220_16521655.jpg


益々のご活躍と御健康をお祈りいたします。
[PR]
by tianzao | 2010-04-28 16:53 | 出来事


早起きをして

寝がけにお風呂で温まり、電気毛布を入れて寝た。痛みはまだあるが今日は昨日より少しはマシ。この分だと病院やマッサージに行かなくても大丈夫かも。冷えと筋肉痛なのかな?

今日は月命日、方丈様のお参りがあるので早起きして「おりくぜん」を作った。
e0111220_13205547.jpg
「積みだんご」は端折って三段重ねにした。
e0111220_1321119.jpg
妹が浅草寺の門前で買ってきてくれた平べったいお線香、点火すると「南無釈迦牟尼佛」と有り難い文字が。
e0111220_13504150.jpg


風の冷たさはあるものの明るい日差しがいっぱい。我が家の庭に、もみじの小さな木がある。背が高くならないようにと素人の私が毎年下手な剪定をする。伸びよう、伸びようとしているもみじにとっては災難この上ない。その根元に三つ葉がたくさん出ていた。
e0111220_1342204.jpg
早速摘みとっておりくぜんの具材にした。
おりくぜんはお参りがすんだあとの私の昼食となる。春の香りを楽しんだ。

我が家の仏間は二階にある。供物を持って何回も階段を行ったり来たり。方丈様が帰られてから私も正座して久しぶりに長いお経をあげた。どっこいしょ! ああ、立ち上がるのが・・・。
やっぱりマッサージに行こうかな?
チチンプイプイ、痛いの痛いの飛んでいけ!
[PR]
by tianzao | 2010-04-27 13:55 | 出来事


カイロで温めて

体がミシミシと痛い。痛くない、痛くないと念じながら買い物に行ったり、掃除をしたり。でも痛いものはやはり痛い。だんだん脚を上げるのも億劫になったので、カイロを5枚も貼りつけてみたら、なかなか良いのだ、これが。
午後、書道教室にきた子どもたちが今日は暑いと言うので外気を入れるため窓を開けた。カイロをベタベタ貼った私だがそれほど暑いと思わないのは歳の差か?
今日は天気が良いので自転車できたと言う子どもたちを送り出して、玄関フードに出てみると地区の15軒分の広報誌が・・・。足と腰をなだめながら、階段を上ったり下りたりして配り終えた。
今日も眠れなくて午前様だ。さあ、アロマを入れた風呂で温まって寝よう!
[PR]
by tianzao | 2010-04-27 00:19 | 出来事


シルクロードへ、壮大な夢の続き再び!

《「シルクロード同好会」設立10周年企画 2010年の旅》
8月18日から9月1日までの15日間、新疆ウイグル自治区、天山南路・西域南道のオアシス各地を訪る。
千歳→北京→ウルムチ→天山越え(列車泊)→カシュガル→タシュクルガン→カシュガル→メルケト→ホータン→ウルムチ→北京→千歳

今までお世話になったふたつの旅行社を利用する。
旅費は千歳・北京(ホテル料1泊込み)・ウルムチ往復航空券は現地払いで91,000円
新疆ウイグル自治区内の全行程費用は現地払いで1.205ドル
事務局振込は11,000円

いつものメンバーと初めて参加する会員が集まり旅の最終打ち合わせがあった。父娘二組の参加申し込みがあり、平均年齢をグーンと引き下げた。
e0111220_1235647.jpg


《旅の見どころ》
☆ウルムチ郊外、天山の懐カザフ族の緑の里「南山牧場」で羊肉の丸焼きパーティー、新彊ビールで乾杯!
☆新装なった新彊歴史博物館で「楼蘭の美女」と対面。
☆ウルムチから南彊鉄道で天山越え、中国最西端の地・古代シルクロードの要塞の街カシュガルへ。
☆世界の屋根パミール高原、美しいブルンクル湖とカラクリ湖を経由してタシュクルガンへ。
☆ウイグルの郷メルケトで世界無形文化財、魂を揺さぶる「ドラムカム」鑑賞。
☆西域南道最大のオアシス都市ホータンへ。白玉河で玉探し。
☆新しく開通した沙漠公路を沙漠風景を堪能しながらアクスへ。
☆トルファンではロバタクシーで唐代の廃墟、玄奘三蔵も滞在した「高昌故城」へ。翌日、「交河故城」を見学。
☆北京では昨年も利用した鳥の巣近くの五洲大酒店に宿泊し、徒歩で「鳥の巣」のライトアップを楽しむ。

宇宙の法則で何事にも良い法則と悪い法則があるらしい。
願っていると、それは叶えられると本で読んだ。
今年も行けるといいな!
[PR]
by tianzao | 2010-04-26 12:40 |


肩が腰が足が腕が

《書道の作品作り》
昨日は毎日書道展に出す作品を、午後から夜の11時近くまで書いた。紙の上にお座りをして左腕をついて体を支えながら多字数4行物を書いていた。
e0111220_1871411.jpg

今朝身体の痛みで目が覚めた。左腕は上がらないし体中、腰も足もあっちもこっちも痛い、痛い!背中がかなり痛かったので、病気が再発したのではないかと心配した。

買い物に行った先の店のウインドウに映る我が姿、よちよち歩きで腰を曲げ、あーあ、あ〜〜。
必然的に毎日展の作品書きは昨日で終了となった。明日、白老で書道の会があるので選別の日まで先生に預かっていただくようお願いした。

それなのに体を動かすと少しは良くなるかもと、ずっと気になっていた物置の整理整頓をすることにした。夕方までに物置はきれいになったけれど、身体の痛みはまだとれない。
これが歳を重ねたということなのか。
[PR]
by tianzao | 2010-04-24 18:40 | 書道


マイホーム

昨年暮れから空き家になっていたお隣さん、春とともに業者さんが来て壁と屋根をあっという間に塗り替えた。
数日前から売物件とその家の前に看板が立てられている。
e0111220_11441336.jpg

数日前に優良物件のご案内と、当地のタウン誌にその家が掲載されていた。あくまでもうわさで真偽の程は分からないが、手放した時の値段よりも数倍の値がついているらしい。今日の朝刊にも明日まで内覧会があるとの千ラシが入っていた。家の前にはオープンハウスの旗が風に揺らめいていて、何組かのお客さんが見に来ているようだ。
前の持ち主さんは事情があってマイホームを手放されたのだろうが、建築業者は違うけれど我が家と同時期に新築し隣同士になった縁なので、外観にお化粧を施して買い手を待っている隣家をなんとなく複雑な想いで眺めている。
[PR]
by tianzao | 2010-04-24 12:23 | 出来事


内モンゴルの子どもたち

内モンゴル教育基金の満都拉(マンドウラ)副会長が帰国してから8か月が経ちました。仕事は順調で忙しい日々を送られているようです。
満都拉さんと現地事務局長マウリジさんが、支援対象の現地の学校を訪問し、顔の見える形で活動しているようすの写真が届きました。。
e0111220_13374064.jpg

e0111220_13432596.jpg
e0111220_13435039.jpg
e0111220_13524782.jpg
e0111220_13531464.jpg
e0111220_13541625.jpg

経済状況の悪化により善意で寄せられる基金は先細りを懸念されます。基金では今後、内モンゴルの子どもたちを北海道に招くことも念頭に置き、寄付金に加え様々な資金造成を図りたいと考えているようです。
[PR]
by tianzao | 2010-04-23 14:09 | 交流


今日は診察日

3月まで診ていただいていた主治医が旭川に転勤してしまいました。
今日、新しく赴任された先生の診察を受けました。
女性の医師で、今までの先生同様話しやすそうな雰囲気でした。
一病息災、今後ともよろしく。

今日は春日和、薬局の前の道端ですみれの花が咲いているのを見つけました。
e0111220_11184496.jpg


チュウリップ、ヒヤシンス、水仙の葉が緑の葉を伸ばしてきました。
北国ではもうすぐ百花繚乱の季節を迎えます。待ち遠しい。

我が家の庭で今咲いている可憐な花です。
e0111220_11202920.jpg
e0111220_1120418.jpg
e0111220_11205310.jpg


一到春天花就开了。在北海道的5月是百花缭乱,樱花,梅花,辛夷都同时开了。
[PR]
by tianzao | 2010-04-22 11:37 | 出来事

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧