tianzao


<   2010年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧



ちょっと疲れが出たようで

最近出歩いて楽しく過ごし、美味しいものを食べすぎたようです。肩は痛いし、吐き気はするしで子供たちの書道教室はお休みにしました。夕方には回復しおかゆを食べています。

5月30日に日本書道アカデミースクーリングがあり参加しました。

《講評を受けた作品・香》
e0111220_2223823.jpg

文字の傾き、点画の長短、余白の取り方、アンバランスの良さ。研究科の参加者は60数名、遠く東京から参加された方もおりました。それぞれに書き上げた作品が体育館の壁面に貼られて多くの視線がそそがれるなか先生の講評で締めくくりです。自分の作品以外は皆上手に見えて、かなりドキドキものでした。「なかなかおもしろい線がでていますが・・・・」

《私が作っていった草稿》
「龢」「疆」
e0111220_22262136.jpg

「宝」「無」
e0111220_22263827.jpg

その中から「香」を選びました。
e0111220_22271367.jpg
e0111220_2249388.jpg
「入筆は筆をたてて、毛のよじれ、側筆、線の多様さ、強弱、横線を円にしてみては、左右対称にではなくアンバランスでいてバランスがとれていて」先生の助言で少しずつ香の文字を変化させていきました。まだまだ甘い線しか出せませんがこのようにして書くのも楽しいものだと感じました。

《日本書道アカデミー》
「基礎科・師範科」4年を終え、その後数年のブランクを挟んで現在「研究科臨書と展覧会併習コース」で学んで13年になりました。昨年研究科12年努力賞をいただけるとの知らせがあり数年ぶりにスクーリングに出席しました。熱心にご指導くださる講師陣、遠路はるばる参加された学生たちの書に向かう真摯な姿に触発され、今年もスクーリングで学んできました。
昨年知り合った網走の書友と再開し、隣り合わせで四苦八苦しながらも充実した時間を過ごしました。
[PR]
by tianzao | 2010-05-31 23:03 | 書道


请多多关照

《登別中国語交流会歓迎会》
今年度は新規会員が3人、今夜幌別つぼ八で彼らの歓迎会をしました。
e0111220_2310470.jpg

歓迎会といっても会費は歓迎される人も負担してもらうという古会員に都合のよい決まりがあり、果たして歓迎会といえるのかどうか?
e0111220_23192569.jpg

6時30分から1時間半の飲み放題で3,500円、車を運転する人以外はピッチがあがって・・・。
e0111220_23183197.jpg

飲みながらも勉強熱心な会員たちです。
e0111220_23522025.jpg
e0111220_23272838.jpg
新会員のみなさんは中国語で自己紹介。(写真左側の3人)
e0111220_23313536.jpg

xiao run(小潤)、xiao xiang(小香)、geng ke(更科)さんの3人のネイテブな発音にやんやの喝采。今後を期待される新人たちです。
話が弾みそのまま会場に居座りましたが、追加料金を請求されることもなく、10時15分過ぎにお開きとなりました。
[PR]
by tianzao | 2010-05-29 23:49 | 交流


母と妹と3人で

「白老のお墓参りに行こうかと、ばあちゃんを誘ったら行きたいというので一緒に行く?」と妹から電話があった。
「白老に行くと妹たちにも会えるしね。」と母は嬉しそうにいう。
5月29日、母は自分の妹たちに会うのを楽しみにお菓子と花束を持ってそれぞれの家を訪ねた。
母は91歳、すぐ下の妹は90歳、そして80代の妹が2人。それぞれに一病息災で過ごしているが皆元気そうだった。長居はできなかったが姉妹仲良く話に花を咲かせて再会を約した。
「いつ会えなくなっても不思議ではないから会えてよかった、連れてきてもらってうれしい!」母は満足そうにいう。
妹たちとの再会を果たしたあと母と私と妹の3人で母の実家の墓参りに行った。母は両親の墓前で舎利禮文と般若心経を唱え、「お陰様で今日は妹たちにも会えました。みんな元気にしていてほっとしました」と報告していた。
今日は久しぶりの春日和、お寺の境内にはスモモ?の花も咲いていて、暖かな日差しが優しく降り注いでいた。
e0111220_1543586.jpg

「足が弱くなった。歩けなくなったらつらいから」と毎日手押し車を押しながら散歩している母、それでも自分の身の回りのことはすべてこなしている。
「いつまでも元気でまた妹たちに会いに行こうね。母さん」
[PR]
by tianzao | 2010-05-29 16:14 | 出来事


頑張っています

《書道教室》
ある日近所の70歳代の女性が書道道具を持って、「書道を教えてください」と我が家にやってきた。その日は出かける直前だったので日を改めて来ていただくことにした。彼女は「病後のリハビリのためにも筆を持ちたい」という。それでは協力しましょうということになり、マンツーマンでの書道教室が始まった。半年ほど熱心に通われたが、病が再発し、入院を経て今は自宅療養中。息子さんの「母に会っていってください」との言葉に数回見舞いに行った。「また書道を一緒にしましょう」という私に涙をいっぱい光らせてベッドの上で手を握りしめ大きくうなずいた彼女。本当にまた筆を持てる日が来るようにと祈る気持ちで一杯です。

《学生書道展》
e0111220_1223936.jpg

それがきっかけで始まった私の書道教室。教室は自宅、書道を始めて5ヶ月から2年半までの小学生4人が毎週通ってくる。彼らのお母さんに頼まれて背中を押されて重い腰を上げ教室を開いたのは2年半前。狭い自宅で書くには4,5人で精一杯。いまは、週に2回以上は無理なのでお友達を誘わないでねという私。
「小さいくらいがちょうどいい、私にとってもちょうどいい」
私が書道教室を開くなんて奇跡みたいなものなんだから。
e0111220_12113072.jpg
学生書道展やコンクールで特別賞、特選、優秀作などを受賞している。

《7月の書道コンクール頑張るぞ!》
e0111220_1231769.jpg
e0111220_1233540.jpg
e0111220_123546.jpg
e0111220_124695.jpg

彼らはやる気満々で頑張っています。教えながら学び、学びながら教える。いま私は子供たちにたくさんのパワーをもらっています。

《第62回毎日書道展》
私も子供たちに見習って頑張ってみました。頑張りすぎて空回り、肩は痛いし足はあがらなくなるし、喘息は再発するしで年相応にと戒めているところです。
でも、おかげさまで毎日書道展7回目の入選を果たしました。嬉しい!
e0111220_12324776.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-05-26 12:37 | 書道


若き日の大川橋蔵

《大川橋蔵のロケ風景》
e0111220_17415172.jpg

愛媛の花さんからtianzaoのブログ「遠き日に」にアップした大川橋蔵の写真を見て感動したとコメントをいただいた。あの写真を見て喜ぶ方がいるとは思ってもみなかったので、そのコメントはとても嬉しかった。
以前、ロケの写真のネガを見たような気がして探した。あった、あった!それもカラーで。早速写真館で焼いてもらった。色が褪せているので修正してくれたその写真の中に若かりし頃の夫の姿を重ね合わせ、とても懐かしくてついつい涙ぐんでしまった私。
この映画の題名は「紅顔の密使」という作品だそうです。
e0111220_17572091.jpg
e0111220_17573749.jpg

中村錦之助、東千代之介、市川雷蔵、大川橋蔵は時代劇黄金期の四大スターだった。小さな田舎町で育った私はお祭りの余興として上映される移動映画会が楽しみだった。今では考えられないけれど映画館など無い地域では小学校が上映会場になった。窮地に陥った人々を助けるべく颯爽と登場したスターたち、観客は拍手をして英雄の勇姿に酔いしれた。
そんな思い出も連れてきてくれた大川橋蔵さん、そして花さんありがとう!
[PR]
by tianzao | 2010-05-25 18:00 | 遠き日に


病院に行って

喘息の薬を飲んで10日目に受診した。病院内では見計らったように咳、咳、咳のお出まし。それでも前回受診時の半分くらいかな。ずいぶんとよくなったと思う。
3年前まで喘息の薬を飲んでいた。薬を卒業していたはずなのに、今でも年に4回ほど喉が痒い、背中が寒いとなると必ず咳が付いてくる。その症状が少しでも軽くなるようにと再開したぜんそく症状をおこりにくくする薬、来週までちょっと強めの薬を飲んで効果を見ることになった。
薬と毒は背中合わせ、副作用はどうなんだろうかと思いつつ、いろんな薬に助けられている私です。
夜更かししないで早寝早起きが一番の薬なのかも。
[PR]
by tianzao | 2010-05-21 23:13 | 出来事


日立海浜公園

《友人が送ってくれたネモフィラの写真》
8日に日立海浜公園にネモフィラ を見に行ってきました。
人人人でしたがみごとに丘一面ブルーに染まってきれいでした。
e0111220_1643762.jpg

e0111220_1665251.jpg
e0111220_1671958.jpg

広い広い公園ですね。私もネモフィラで染められた丘に立ってみたいな!
[PR]
by tianzao | 2010-05-18 16:19 |


桜満開、こぼれるばかりの花ざかり

姉妹旅行で函館に行き満開の桜を愛でてきた。
e0111220_21535218.jpg

《五稜郭公園》
e0111220_21404942.jpg
e0111220_21422746.jpg

e0111220_21474377.jpg
e0111220_21553634.jpg

五稜郭公園の桜を見るのは20年ぶり。夫の実家から歩いて10分ほどのところにあった公園、帰省したときの散歩コースだった。今回は工事中のためお堀端を一周できずに残念だったが、たくさんの木の中にあの当時目にした桜もあって美しい花を付けているんだと思うと、とても懐かしい気持ちになった。

《トラピスチヌ修道院》
e0111220_21574096.jpg
e0111220_220816.jpg
e0111220_225917.jpg
e0111220_2221687.jpg

《函館山》
e0111220_221932.jpg

《ハリスト正教会》
e0111220_22201137.jpg
e0111220_22202511.jpg

夫の両親のお参りに行きたいけど以前のように自分で車を運転していくのはどうも大儀でと、義弟にお願いした函館行き。それがきっかけとなって10数年ぶりに実現した姉妹6人旅。宿は幼馴染のお姉さんご夫妻が経営している民宿北洋、心づくしの料理の数々に舌鼓を打ちながら、懐かしくも楽しい旅となりました。
e0111220_23531181.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-05-17 23:29 | 出来事


さくら、咲く

e0111220_1617574.jpg

季節がめぐり、空き家になった隣家の裏で桜がほころび始めた。寒空の中、ピンク色のはなびらが春を告げている。去年も一昨年も同じように咲いていたはずだけど、ことしの桜は今までよりも、何となく寂しげで儚げで健気に感じるのは見てくれる主がいなくなってしまったせいなのか。
e0111220_16321316.jpg

裏の事業所では毎年暖房用に薪を焚いている。軒に積み上げられた薪も残り少なになっていたが、最近また大量の薪が運び込まれた。この寒さ、何時まで続くのやら。
その事業所が私道に砂をたくさん入れてきれいに整備してくれた。、私道の半分は我が家の名義、とはいえ私はほとんど使わない。草むしりが関の山、とても助かる。ありがとうございました。
[PR]
by tianzao | 2010-05-14 16:46


身体不舒服

どうしてこんなに咳が出るの。
喘息気はあるけど風邪も引いているのかも。
こんなときなのに、久しぶりにかな書道をした。
写経も実用書道も書いてみたけど、咳をする度に字がクネクネ。
ゆらゆらクネクネの字、案外一字書なんかは面白い作品になったりして。
でも、力が入らず芯のない字なんだよね。
体力消耗、熱も出てきた。さあ、もう寝よう。
[PR]
by tianzao | 2010-05-12 21:47 | 出来事

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧