tianzao


<   2010年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧



母と一緒にお買い物

母の庭に咲くコデマリ
e0111220_2345542.jpg

先日母の家の押し入れの棚の上から古いアルバムを引っ張り出して、母の若い頃の写真を見た。それらの写真を見ながら母は懐かしそうに嬉しそうに話してくれた。
「母さんの着物姿、決まっている! きれいだね!」
「これは私が19歳の時に撮った写真。旭川でツルおばあさんと一緒に住んでいたときにおばあさんが作ってくれた着物なの。この着物を着てお花の師範お披露目もしたんだよ。お花は初めは東池坊を習っていたんだけれど、その後未生流のお免状を貰ったの。そのあと白老でお弟子さんを取って、白老神社で社中展もしてね」
母が生け花・未生流の師範免状を持っていることは知っていた。けれどお弟子さんを取って教えていたことは知らなかった。ここ数年来お正月に南天を活けている母、やっぱり昔取った杵柄だったんだね。

「私もたまにはスカートでもはいておしゃれをしてみようかな。母さん、どこか良い店知っている?」
「伊達の大和田という店にに行ってごらん。良い品ぞろいだから」
翌日、妹に頼んで母と一緒に連れて行って貰った。
私があれこれと迷いながらやっとのことで決めて試着室を出たとき、母はすでに買い物を済ませて大きな袋を大事そうにかかえていた。
「母さん、何を買ったの?」
「デイサービスに持って行くのに良さそうだと思ってきれいな模様の入ったバッグ、それに帽子とカーディガン」
満面の笑みを浮かべている母は、お気に入りの店で買い物ができてとてもうれしそうだった。

母は7人の子供を育てた。子供が巣立つまで自分の服を買う余裕なんてなかった。やっとちょっとだけおしゃれに目を向けられるようになったときに出会った店が大和田だったらしい。
「秋物シーズンにまた洋服を見に行こうね、母さん」
[PR]
by tianzao | 2010-06-14 23:05 | 出来事


百花繚乱

母のお庭は花咲き乱れて
e0111220_21174897.jpg
e0111220_2118459.jpg
e0111220_21182146.jpg
e0111220_21183373.jpg
e0111220_21184816.jpg
e0111220_2119978.jpg
e0111220_21193544.jpg
e0111220_21195455.jpg
e0111220_21202528.jpg
e0111220_2120468.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-06-14 21:23 | 出来事


天平の甍・唐招提寺

唐招提寺の冊子を友人からいただいた。簡単な解説書とのことだったが唐招提寺発行のすばらしい冊子だった。
e0111220_22172752.jpg
e0111220_22174364.jpg
e0111220_22175558.jpg
e0111220_2218637.jpg

《松尾芭蕉》
若葉して おん目のしずく ぬぐわばや 
e0111220_22181856.jpg

《北原白秋》
水楢の 柔き嫩葉(わかば)に み眼にして 
花よりもなほや 白う匂はむ

唐代の高僧・鑑真和上は天平5年(742年)、聖武天皇の要請を応じ渡航を決意した。5度の渡航失敗、失明と愛弟子を失うという試練を乗り越え、艱難辛苦の末に6度目の渡航が成功し薩摩に着いたのは渡日を志してから12年目の天平勝宝5年(753年)12月、和上はすでに66歳になっていた。
鑑真和上が唐律招提寺を開いたのは来日6年後の天平宝字3年(759年)だった。

今年は奈良遷都1300年、天平文化に触れる絶好のチャンス、テレビ、新聞等のメディアを通してその時代の様々を知る機会が増えた。
古刹、仏像に心惹かれる私はその記念すべき年に鑑真和上ゆかりの冊子をプレゼントされてとても嬉しい!
[PR]
by tianzao | 2010-06-11 23:19 | 出来事


女三人寄ればなんとやら

仲良し3人、かしましく過ごした。
開店前に並んで買ってきたという室蘭・「御園」の甘み抑えてまろやかなかぼちゃパイとプリンに舌鼓。これらのお菓子はテレビで紹介され人気に火が付いて、すぐに売り切れになるそうだ。
ようやく私の体調が戻ってきたので、お昼は室蘭のショッピングモールの「ボーノボーノ」で和風味のスパゲッティ。美味しくいただきました。
食後は洋服を見たり、電気店をのぞいたり、リサイクル店を探検、腹ごなし。
その後、友人の喫茶店に行っておいしいコーヒーを味わいながら4人で楽しくおしゃべり。
“笑门开幸福来”
涙が止まらないくらい笑い転げる私たち。

喫茶店の店先では内モンゴル教育基金資金造成にとリサイクルフリーマーケットを開いている。かしましおばさん3人は衣類を物色して、それぞれ気に入ったセーター、スカート、カーデガンをゲット。
e0111220_22391683.jpg

私が買い求めたカーデガンは300円の値札が付いていたにもかかわらず100円で、友人のセーターもスカートも500円を300円に。
ご厚意に甘えてコーヒーをご馳走になった上、炊き込みご飯のおむすびまでいただいて。和子さん、これじゃ商売にならないでしょう!
“今天我们真有口福!”

内モンゴル教育基金ホームページ日本語版
内蒙古教育基金HP汉语版
[PR]
by tianzao | 2010-06-10 22:50 | 出来事


ハーブティを飲んでいます。

《レモンバーム(別名メリッサ)》
e0111220_17111274.jpg

我が家の庭にたくさんのレモンバームが生えている。繁殖力旺盛なので、毎年株の一部だけ残して後は引き抜いていたが、最近ハーブの本を借りて読み進むとレモンバームは「命のメリッサ(不老不死の薬、万能薬)」で古くから強心剤をはじめ、呼吸器系やアレルギーなどの薬として幅広く使われてきたとのこと。何ていままでもったいないことをしてきたのだと気づいた。
《主な特徴》
心の緊張をほぐし、不眠を解消する。感情のバランスをとり、情緒を安定させる。吐き気を抑え、消化不良を改善する。湿疹の治りを促し、かゆみを解消する。

えぇっ、なんて私にぴったりのハーブなのでしょう。最近、毎日のように生の葉を摘んできてはハーブティにしてして楽しんでいる。隠し味としてオリゴ糖を少したらして飲むとおいしい! 
レモンバームにミントやミカンの皮をブレンドしたお茶も美味しいし、入浴剤にしても良いらしい。

《アップルミント》
e0111220_17442315.jpg

次々と根を伸ばし増えていくこのハーブ、調べてみたらアップルミントらしい。これもハーブティや入浴剤としてまた天ぷらにしても美味しいらしい。今までのように邪険にしないで大切に育てなくては。

《めがねは何処?》
めがねを外すと文字が見えやすくなった。それでたびたびめがねを外すことになる。携帯電話もそうだが、ついつい置いたところを忘れてしまい、「私のめがねは何処? 携帯電話のように音で知らせてよ」となる。
今朝も「ここに置いたらまずい!」と思いつつ・・・、案の定何処に置いたか失念。予備のめがねで出かけようとして玄関に行った。あああ、あんなに探していためがねは靴箱の上に。まったく・・・。

《ツイッター》
私も時々つぶやいています。

今まではマイブログに広告は入っていなかった。でも、最近一番上のニュース面に広告が表示されるようになったらしい。日々変化しています。
[PR]
by tianzao | 2010-06-09 18:01 | 出来事


寿町子育てサロン

《お父さん、ありがとう》
e0111220_22511884.jpg

参加した母子24人は支援センターの保育士さんのご指導で父の日のパネル作りをしました。
e0111220_22553184.jpg
e0111220_22555614.jpg

お父さんの顔を描き、星や花を貼り付け、ラミネート加工をしてできあがり。
e0111220_22585220.jpg
上手にできたでしょう!
e0111220_231184.jpg
e0111220_231217.jpg
e0111220_2314169.jpg
e0111220_2315920.jpg
e0111220_2321290.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-06-08 23:03 | 出来事


書道研究一葦会

《今日は一葦会の錬成日》
主宰者佐藤翔雲先生は調和体の錬成中
e0111220_22395998.jpg

みんな熱心に書いて
e0111220_22435872.jpg

批評を受けて
e0111220_22452580.jpg

和やかに
e0111220_22455741.jpg


《一葦会25周年記念展》
11月4,5,6日の3日間、白老コミニュティセンターで開催予定。
会員は臨書、創作、調和体それぞれ1枚ずつ出品すること。
調和体は白老に縁のある詩、俳句、短歌などを題材にすること。
ということでいよいよ一葦会展に向けての作品作りが始まりました。

今日は私も全紙+全紙三分の一の作品に取り組みましたが足と肩が痛くて一気に書けません。1枚仕上げるにも途中休みながら遊びながら書いていました。集中力が途切れた文字は・・・・です。
焦らずのんびり書きましょか。
[PR]
by tianzao | 2010-06-06 23:15 | 書道


歩け、歩け

今日は久しぶりに良い天気。ちょっと足に不安はあるけど花の季節だ、歩こう、歩いてみよう。
まずは肩のマッサージを受けるため25分ほど歩いて接骨院に行った。車に乗っていては見えないものが歩くとみえてくる。
e0111220_21365811.jpg
接骨院の駐車場に着いてふと見上げるとピンクの八重桜が満開でそこだけが華やいでみえる。まだまだ桜の季節が続いているんだ。

帰りは違う道を遠回りして花を見ながら歩いた。北電のショールームの前庭に気品漂う御衣黄桜が咲いていた。
e0111220_21455086.jpg
思いがけず見つけた高貴な色の珍しい桜に思わず笑顔がこぼれた。
e0111220_2149166.jpg

ショールームに電磁対応のお鍋がたくさん並んでいた。我が家はオール電化なので電導効率の良い鍋を探しているところだった。外から眺めていると手招きされ中へ入って品定め。少し値ははるんだけどと思いながら衝動買いしたお鍋はこれ。
e0111220_2252310.jpg
エコキュートとIH器具のキャンペーン中でマンツーマンでお話を聞いてアンケートに答えたら、コンロ磨きクレンザーと長寿命・小エネの電球をプレゼントされた。

重い鍋を抱えて東中学校の前を通りかかった。市内の学校は再編まっただ中、この学校もほかの学校と合併し別の地域への新築移転が決まっている。時代の流れとはいえ地域から学校がなくなるのは寂しい。桜の花はそのことを知ってか知らずか、今年もいつもと変わりなく美しく咲いていた。
e0111220_22301253.jpg

e0111220_22451181.jpg


先日整形外科で足の処置を受けた後、サポーターで患部を圧迫し続けている。まだだるさはあるが、腫れが引いた状態をキープしている。今日はちょっと歩き疲れたかな。足がジンジン、ビリビリ。何をするにも足腰丈夫で過ごしたい。旅を楽しむためにも足を鍛えなくっちゃ!
[PR]
by tianzao | 2010-06-05 22:48 | 出来事


広澤徳治郎さんが描いた屯田絵巻(旭川市指定文化財)

《旭川兵村記念館》
e0111220_2253421.jpg

5月30日に従兄弟が所用で旭川を訪れた折、屯田兵の記念館を訪れた。記念館の壁画は広澤徳治郎さんが描いた絵巻を元に作られている。
e0111220_2374523.jpg

広澤徳治郎さんは私の母方の曾祖母中村ツルさんのお兄さんで慶応元年(1865年)大分県中津市で生まれた。27歳の時屯田兵として家族とともに東旭川に入地、その時ツルさんも10歳違いの兄と同道し、以来故郷の土を二度と踏むことはなかった。

《屯田絵巻(旭川市指定文化財)画・広澤徳治郎》
e0111220_2316734.jpg

e0111220_23191510.jpg
e0111220_23203942.jpg
e0111220_2321356.jpg
e0111220_23212380.jpg
e0111220_23214876.jpg
e0111220_2322923.jpg
e0111220_23223365.jpg
e0111220_2323034.jpg


《屯田物語原画綴り(旭川市指定文化財)著・広澤徳治郎》
e0111220_2331366.jpg


従兄弟が私の母に見せてほしいと届けてくれた記念誌には徳治郎さんの他の作品も掲載されていた。
e0111220_05557.jpg


旭川兵村宅地割一覧図には何と隣り合わせに広澤徳治郎さんと曾祖父の中村榮太郎さんの名前が。これで京都出身の榮太郎さんと大分出身のツルさんのなれそめが何となくわかったねと従兄弟と頷きあった。
榮太郎さんも悠々自適の風流人、ツルさんの苦労も並大抵なものではなかったと母から聞いている。

昨年、母のたっての願いで優しかった曾祖母の生まれ故郷を訪ねた。中津は著名な文化人を輩出している文化の香りのする城下町だった。
e0111220_011848.jpg

e0111220_004534.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-06-05 00:03 | 出来事


スクーリング模範揮毫の動画

《日本書道アカデミースクーリング・研究科「大字書の学習」》
研究科講師による模範揮毫
動画を見るには上記の赤い文字をクリックしてください。

e0111220_014326.jpg

古典を踏まえ、古典を、伝統を突き破る意志力を持って、より独創的に、より古典的に、より芸術的に。

小原道城先生
e0111220_027870.jpg
e0111220_0273610.jpg

安永掃城先生
e0111220_0291767.jpg
e0111220_0294065.jpg

片倉大成先生
e0111220_0312075.jpg

中西春湖先生
e0111220_032854.jpg
e0111220_0322934.jpg
e0111220_0324347.jpg
e0111220_0325561.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-06-03 00:34 | 書道

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧