tianzao


<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧



室蘭民報にも大賞受賞の記事が掲載されました

《北海道書道展》
e0111220_1428675.jpg

佐藤先生は最高賞の大賞受賞で、会員に推挙されました。北海道書道展、毎日書道展、国際現代書道展の各審査員に就任し、書道界の三冠に輝きました。
心よりお祝い申し上げます。
[PR]
by tianzao | 2011-04-27 14:36 | 出来事


一葦会会長・佐藤翔雲先生の北海道書道展大賞受賞を祝う会

e0111220_21481391.jpg

佐藤翔雲先生の大賞受賞を祝って、一葦会会員が白老の『聚楽』に集いました。
e0111220_21533352.jpg

佐藤先生はすでに毎日書道展、国際現代書道展の審査会員に就任して活躍中です。今回の北海道書道展大賞受賞で次回展から審査会員に就任されます。
毎月2回、佐藤先生にご指導いただいている一葦会会員は、先生の快挙に拍手、感涙、大喜びです。
e0111220_23472197.jpg

e0111220_23161560.jpg

e0111220_23163829.jpg
e0111220_23172692.jpg
e0111220_23175669.jpg

栄誉を手にするまでには見えないところでのご努力がありました。
ご自分の作品はいつ書くのだろうと思うほど多忙を極めている先生、ますますお忙しくなることでしょう。
笑顔の素敵な先生、どうぞお身体を愛いくださいませ。
さらなるご活躍をお祈りいたします。
[PR]
by tianzao | 2011-04-24 23:48 | 書道


山菜の季節・春一番の香り

《春ですね》
洞爺湖町で採ったフキとボウナが義弟から届いた。
e0111220_19192018.jpg

もうこんなに大きくなったんだね。
我が家のミツバも食べられるようになって、春の味覚をたのしんでいる。
[PR]
by tianzao | 2011-04-23 19:27 | 出来事


茨城産のピーマン

毎週火曜日にスーパーで野菜が格安で買える火曜市がある。昨日は北海道産のほうれん草、ニラ、小松菜などが99円で売られていた。
その中に茨城県神栖市産のピーマンを見つけた。
e0111220_217285.jpg
地震後の原発の影響で店頭では殆ど見かけなくなった茨城産の野菜。安心安全なんだよとささやくピーマンが愛おしくて買い求めた。

先ほど震災以来断水が続いていた茨城県神栖市で、水道管を地中ではなく地上に設置して、ようやく復旧できたとのテレビニュースが流れた。昨日買ってきたピーマンの産地なんだと気がついた。

柔らかくてとても美味しいピーマンだった。
[PR]
by tianzao | 2011-04-20 21:46 | 出来事


チャムハが1年振りに室蘭に帰って来ました

《ハダンチャムハに会いに行ってきました》
【チャムハ、お帰りなさい!】
チャムハがパパとママの故郷の中国・内モンゴル自治区に帰省してから1年、こんなに大きくなって生まれ故郷の室蘭にもどってきました。
e0111220_19194794.jpg
故郷では民族の言葉・モンゴル語で会話していたので、モンゴル語はかなり覚えたようです。中国語は少ししか話せないようですが、来年は一家揃って帰国する予定なので母国語は自然と身につくと思います。
あちらでは日本語を殆ど使わなかったようですが、18日から室蘭の保育所に再び通うようになったので、すぐに思い出すことでしょう。チャムハは日本で覚えたひらかなと、ABCの英語の歌もちゃんと覚えていました。
30分ほどで辞去するときにチャムハがモンゴル語で何かを言いながら大泣き、
「何て言ってるの」とママに訊ねたら、
「帰らないで」と言っているそうで。
「ごめんね!また来るからね」泣き声を背に帰宅しました。

《お土産を頂きました》
【瑪瑙(Agate Jasper)の腕輪】
e0111220_20234655.jpg
パワーストーン・緑色のメノウは古代チベットでは『神の石」と呼ばれ、不安と憂鬱を取り除き心身の調和と再生を促す石なのだそうです。

【内蒙古錫林浩特(内モンゴルシリンホト)特産チーズ】
e0111220_20341182.jpg
日本で日頃味わうチーズと食感が違ってとてもおいしいチーズです。

【河南省信陽(シンヨウ)花果茶】
e0111220_20583211.jpg
薔薇の花、干しブドウ、クコの実、ウメ、リンゴ、スイカ・・・・、氷砂糖などをミックスしてありとてもきれい、身体に良さそうなお茶です。
[PR]
by tianzao | 2011-04-19 21:01 | 交流


室蘭市の施設・つどいの広場「サンキッズ」

e0111220_20274771.jpg

寿町子育てサロンのスタッフ6人が、子どもの健やかな育ちをサポートする室蘭市の施設・つどい広場『サンキッズ」を見学した。
e0111220_20272914.jpg

広々とした空間で数組の幼児とお母さんが木のおもちゃを使ってゆったりと楽しそうに遊んでいた。
e0111220_20372795.jpg

つどい広場a室、b室、畳敷きのランチルーム、授乳・お昼寝室、相談室、読書ルーム、幼児用トイレなどの部屋があり、3人のスタッフが常駐しサポートしている。子育て中のお母さんにもっともっと利用してもらいたい施設だと思った。
e0111220_21183032.jpg
e0111220_21195348.jpg


つどい広場「サンキッズ」
所在地:室蘭保健センター5階(室蘭市東町4-20-6)でんわ0143-45-2022
開催日時:月、水、金曜日の10:00〜16:00
利用料:無料 (室蘭市の施設のため基本的には市民限定)  
*駐車スペースが無いので、公共の乗り物をご利用ください。
[PR]
by tianzao | 2011-04-18 21:20 | 出来事


佐藤翔雲先生、北海道書道展大賞受賞おめでとうございます。

4月13日北海道新聞朝刊紙上に北海道書道展・入賞者が掲載されました。
e0111220_2055281.jpg

《最高賞受賞者・佐藤翔雲先生》
e0111220_22145245.jpg

今日の新聞紙上で佐藤先生の受賞作品を初めて拝見しました。佐藤先生は白老書道研究・一葦会会長で、いつもご指導いただいている会員は皆大喜びです。
先生の作品は5月6日から10日(火)まで、パークホテルに展示されます。
一葦会会員は佐藤先生からお手本を頂いて北海道書道展に出品し、秀作賞5人、入選6人でした。
5月7日の表彰式・祝賀会は盛り上がることでしょう。

【北海道書道展会場】
公募:札幌市民ギャラリー 、5月4日(水・祝)〜5月8日(日)
招待・会員:札幌市民ギャラリー、4月27日(水)〜5月1日(日)
会友:パークホテル、5月6日(金)〜5月10日(火)

【tianzao・綾雨】
私も佐藤先生のお手本で挑戦し、驚いたことに秀作賞を受賞できることになりました。信じられない! 嬉しい!
e0111220_2328528.jpg

[PR]
by tianzao | 2011-04-13 23:31 | 書道


王羲之と顔真卿の書がふくろう文庫に収蔵されました

《ふくろう文庫》
室蘭市立図書館3階にあり、市民からの、人生の節目を記念しての寄付で購入した美術書を収蔵している。
選者はふくろう文庫顧問で前室蘭市立図書館長の山下敏明氏
年間200冊の本を読むという山下氏。電話は無し、テレビも無し、本を読んでいるときが至福の時間とのこと。新聞紙上に連載し、室蘭民報社から出版している『本の話』の著作料とふくろう文庫ワンコイン講座の参加費の全てをふくろう文庫書籍購入にあてている。
その文庫にtianzaoの寄金で購入された台北故宮博物院蔵の書の逸品がこの度収蔵された。
e0111220_1191749.jpg


【快雪時晴帖・全十四開】 
その才能を「古今二なし、神功より得たり」と称されている、書聖・王羲之の作品で、清朝の乾隆帝が紫禁城内『三稀堂』で至上の宝として愛でていた書。
e0111220_1111640.jpg
e0111220_111131100.jpg
e0111220_11115194.jpg
e0111220_11314864.jpg


【祭姪文稿】
愛する甥の死を嘆いて慟哭の稿を残した千古に光彩を放つ傑作顔真卿の書。
e0111220_11312739.jpg
e0111220_1115317.jpg
e0111220_11135389.jpg
e0111220_1114725.jpg
e0111220_1117582.jpg


ふくろう文庫催し物のお知らせ
《第6回 ふくろう文庫特別展in輪西》
ふくろう文庫の展示会を開催します。
会場:ぷらっと・てついち集会室
(商業施設ぷらっと・てついち内、室蘭市民会館隣接)
日時:5月13日〜5月15日10:00から19:00まで(最終日は18:30まで)
入場料:無料

【展示内容】
〔台北・故宮博物院蔵 傑作展〕
書二点:
王羲之・快雪時晴帖・全十四開
顔真卿・祭姪文稿
画六点:
李迪・風雨帰牧図
郎世寧・白鷹図
e0111220_1140577.jpg

特別展示絵巻二点:
明和9年(1772年)目黒行人坂火事絵巻 全
安政2年(1855年)安政大地震絵巻
[PR]
by tianzao | 2011-04-11 11:56 | ふくろう文庫


さんさ日記より(室蘭美術館)

室蘭市民美術館にご一緒した、書道の吉田三沙先生がご自分のブログに感想を書かれておりましたので、転載させていただきます。ちなみにTはtianzaoのことです。

《さんさ日記》
 ふと開けてみた Tさんのブログに 小さな展覧会が 案内されていたので 出かけて見ました。
場所は室蘭美術館 『 三和展 』 と題した 和の名前を持った 3人の方々の書作展、あわせて 金子鷗亭・佐々木寒湖・松本春子・大平山涛・中野北溟・桑原翠邦 各先生方の色紙展。
三和展は 上村和牛・大堀和雪・加藤和亭 各氏。
 見に来ている方が さんさたちだけだったので、和牛氏が ご自分の書を 終始解説してくださいました。
『 落筆高く、最初の一画目に 気合を入れる。 筆を抜く時は 腹から抜く。 ここは 筆がねじれたので だましだましまとめた。 これは もうすこし 筆が斜めからのほうが 飛沫が出たかもしれない。 』
 作品作りの 途中を 惜しげもなく 教えていただいた。
 大正14年うまれとか、86歳になられる。
 やはり 書道をやられてきて 良かった と 言っておられた。
 字も 体も 矍鑠(かくしゃく)として 凛としておられた。
 隣には 室蘭を代表する画家 佐久間恭子氏の見事な作品が あった。
室蘭市の所蔵品だという。
さすがに 勢いが衰えたとはいえ 文化の町室蘭、まだまだ健在と 感じた。
 室蘭には Tさんに催し物を教えてもらって 年に数回は 足を運ぶ。
今年は きのうが 初めてとなった。
一緒に 連れ立った Sさん、Mさん、そしてTさん、楽しかったですよね。
みなさんきのうは 楽しい春の一日を ありがとうございました。
[PR]
by tianzao | 2011-04-10 22:02 | 美術館


室蘭市所蔵作品・佐久間恭子展

e0111220_22385134.jpg

《佐久間恭子・画》
e0111220_2237078.jpg
e0111220_22371842.jpg
e0111220_22373577.jpg
e0111220_22375048.jpg
e0111220_2238120.jpg
e0111220_22381510.jpg
e0111220_22382760.jpg


会場: 室蘭市民美術館
会期: 5月7日まで
[PR]
by tianzao | 2011-04-09 22:42 | 美術館

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧