tianzao


<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧



陶陶(トウトウ)と鵬鵬(ポンポン)姉弟

【陶陶】
お姉ちゃんになりました。
e0111220_18181737.jpg

【鵬鵬生後100日記念の写真】
2月27日生まれの鵬鵬、健やかに育っていますね。
e0111220_189568.jpg

e0111220_18114956.jpg

【姉弟仲良く】
8月1日生まれの陶陶はもうすぐ5歳、お姉ちゃんが板についています。
e0111220_18164840.jpg

【幼稚園の運動会】
よく頑張りました。
e0111220_18181011.jpg
e0111220_18175488.jpg

[PR]
by tianzao | 2012-06-30 18:22 | 交流


雑草が気になって

ピンクのシャクヤクがもうすぐ咲きそう、アズキ色の花は一足早く散り始めている。
e0111220_22152464.jpg

今日、北海道の北見や名寄は30度を超え真夏日、札幌など各地で夏日だったと報道されていた。
我が家ではラベンダーやツツジ、キンロウバイも咲いている。
e0111220_2218699.jpg
e0111220_2218432.jpg
e0111220_22182472.jpg

ここ数日からっと晴れ上がって気持ちの良い日が続いている。気分転換に昨日と今日の2回、軽く庭の草むしりをしてみた。疲れたけれど少しずつ体力が戻ってきている感じがするのでありがたくうれしい。
義兄からもらったササギとキュウリの苗は私と同じようにひょろんとしている。トマトも大葉も、パセリも我が家の菜園の苗はちゃんと根付いたようだ。
e0111220_2219229.jpg

私はまだ半袖を着たいとは思えないので、今日の室蘭の気温は高くても22度か23度くらいではないだろうか。買い物に行くと半袖姿を多く見かけるので気温はもっと高いのかな。病後の私は体重減が回復せず只今41キロ余、身長が158センチなのでかなりの痩せ、皮下脂肪が足りなくて寒がりになってしまった。歯が浮いて歯医者通いもしている私、体力が落ちているときはこんなものかもしれない。

日にち薬が効いてきて、草むしりもできるようになって、少しずつやる気が出てきたので、体調は確実に回復してきている。
[PR]
by tianzao | 2012-06-29 22:35 | 出来事


招聘する内モンゴルの高校生たちの写真と滞在日程

《内モンゴル教育基金》
内モンゴル教育基金が支援している中国・内モンゴルの高校生4人が、8月1日から8日まで室蘭市と登別市に滞在します。
8月3日以外はすべて市民のご協力でホームステイ宿泊になります。
8月3日のフォレスト鉱山行事には参加自由。
8月1日(参加費1000円)への参加希望者は7月15日までの事前申し込みが必要です。

申し込みと連絡先携帯電話・伊原:090-2872-9936
メールアドレス:utimongoru@gmail.com

【来道する高校生たち】
○テルゲル(特日格勒)
ウランチャブ蒙古族高校3年生、趣味:絵、歌
e0111220_12502359.jpg


○シディ(茜迪)
包頭蒙古族高校3年生、趣味:踊り、歌
e0111220_1253451.jpg


○ハサール(哈薩尓)師範大学蒙古族高校3年生、
趣味:バスケットボール、サッカー
e0111220_12562955.jpg


○エンへー(恩和)
趣味:バスケットボール、歌、踊り
e0111220_12575281.jpg


《滞在中の日程予定》
【8月1日(水曜日)】
12:50新千歳空港着→室蘭へ
18:00 室蘭プリンスホテルにて歓迎会、和太鼓にて来日歓迎。
参加費:1,000円 参加希望者は7月15日まで事前申し込み必要。

【8月2日(木曜日)】
午前:室蘭市長・登別市長表敬訪問
午後:イタンキ浜、追い直し浜散策。

【8月3日(金曜日)】
登別フォレスト鉱山に滞在し宿泊
終日:フォレスト鉱山にて市民、高校生などと交流。一般参加自由。
午後:モンゴルの歌と踊りを披露。

【8月4日(土曜日)】
登別観光:熊牧場、伊達時代村、マリンパーク

【8月5日(日曜日)】
終日洞爺湖観光:西山火口遺構散策、湖畔散策、レイクファーム、湖畔亭露天風呂体験。

【8月6日(月曜日)】
室蘭工業大学見学後、海星高等学校を会場に市内高校生と交流する。
11時から16時頃まで室蘭栄高等学校、室蘭清水丘高等学校、室蘭海星高等学校の3校合同で卓球などのスポーツやモンゴル料理と日本料理を一緒に作って交流を深める。
ホストファミリーも参加予定。室蘭工業大学留学生数名がモンゴル料理のアシストをする。

【8月7日(火曜日)】
午前:鉄の街室蘭のボルタ工房でボルタ作りを体験。室蘭八景観光。
午後:イルカクジラウオッチング船に乗り、大海原を体感する。
夕方:霧笛楼にてお別れパーティ。

【8月8日(水曜日)】
新千歳空港から帰国
朝8時に室蘭出発、空港内で2時間のフリータイム。
[PR]
by tianzao | 2012-06-26 13:00 | 北海道内モンゴル友好協会


週末は母と共に過ごした

最近遠出の運転を控えていたが、体調が落ち着いていたので、金曜日に、虻田の母宅まで車を運転した。妹たちも仕事を終えてから母宅にきて賑やかな夕食会になった。
来月6日は父の命日で今年も家族が勢揃いする。今年は翌7日に母の息子娘、孫、ひ孫総勢20人で登別温泉に1泊する。
その日に着る母の服を買おうと、母、姉と妹2人と私の5人で伊達へ出かけた。「ブテックおおわだ」で母にぴったりの洋服を見つけた。嬉しそうな母を見ておしゃれもいいもんだなあと思った。

【母の庭】
e0111220_14305941.jpg
e0111220_14304181.jpg

キウイの花盛り、花はいっぱい咲いているけど雌花が少ないようで実はなるのかどうか。
e0111220_14283939.jpg

【散歩】
e0111220_1434187.jpg

e0111220_1434136.jpg

母宅の近辺を妹と散歩した。内浦湾が見え、駒ヶ岳も少しだけ見えた。きれいな花も咲いていた。
日曜日は豊浦でジャムにするイチゴを、洞爺のサムズで新鮮な野菜を買った。

2泊3日、行きは高速道路、帰りは国道37号線を走った。帰宅後疲れていたけれどイチゴは足が速いので待ったなしでジャム作りをした。小さなイチゴのへた取りで親指が痛くなった。煮詰めるのに時間がかかったがおいしいジャムができた。ヨーグルトに混ぜてたべよう!
[PR]
by tianzao | 2012-06-25 14:50 | 出来事


ふくろう文庫ワンコイン美術講座と映画会

《ワンコイン映画会》
【第五福竜丸】新藤兼人監督
ビキニ環礁で遭遇した水爆実験の悲劇がテーマ
日時:6月23日13:00開場、13:30開演
場所:ぷらっと、てついち集会室
入場料:500円(ふくろう文庫美術本購入資金になります)
この映画についてふくろう文庫山下敏明代表が解説する。

《第27回ワンコイン美術講座》
「黒の版画家浜口陽三」&「童心の版画家南桂子」
e0111220_13372910.jpg

日時:2012年7月28日、13:00開場、13:30開講
場所:ぷらっと、てついち集会室
【浜口陽三】
カラーメゾチント技法の開拓者として国際的に評価が高い。
e0111220_13374959.jpg

【南桂子】
少女、鳥、魚などをメルヘンチックに描いた。浜口陽三の妻
e0111220_13384391.jpg
e0111220_13383221.jpg

[PR]
by tianzao | 2012-06-22 13:39 | ふくろう文庫


山下敏明・著「本の話」

《室蘭民報6月9日朝刊》
e0111220_20105836.jpg

市立室蘭図書館元館長でフクロウ文庫代表の山下敏明氏は室蘭民報文化欄にコラム「本の話」執筆している。
《室蘭民報6月10日朝刊》
e0111220_2094241.jpg

e0111220_2095884.jpg

【連載中のコラムをまとめた「本の話」「続・本の話」好評発売中】
e0111220_20143959.jpg

1冊2,300円
お問い合わせは発行元の室蘭民報本社編集局、電話:43-22-5123


以前に読んだことがある「本の話」を入院中に持参した。山下氏の博識で洒脱な文章が楽しみで、もう一度読み進もうと決めて持って行ったのだが、当然のことながら体調がよくなく、文字を追うだけでなかなか頭に入ってこないので、テーブルのうえにその本を置くだけになっていた。
まどかり響氏の挿絵がとてもほほえましく気に入って眺めていたとき、看護助手の方が「山下さんの本ですね、その絵を書いたのは私の姪です」と言った。
山下氏のふくろう文庫とご縁があって時々ポスターを書かせてもらっている私。人のつながりって面白いと思った。退院後しっかり読み終えることができてよかった!
[PR]
by tianzao | 2012-06-13 20:14 | ふくろう文庫


母の庭は花盛り

遠出の運転を控えている私を義弟が迎えにきてくれたので久しぶりに母宅に行った。
季節の変わり目にちょっと元気がなかった母、
「最近は復活したよ。パーマをかけたらとってもべっぴんさんになったよ」との妹の言葉通りとても明るい顔をしていたので、ほっと安心。
「体大丈夫なの」と母に私の病気を気遣われ、母より元気でいなくてはと改めて思った。
洞爺湖町の母の家ではボタンの花は散り始めていたがテッセンや藤の花が今を盛りと咲いていた。
e0111220_10431477.jpg
e0111220_10425928.jpg
e0111220_10423777.jpg
e0111220_10421671.jpg


毎年7月の父の命日に合わせて、母の家に兄弟姉妹が家族と共に勢揃いする。
今年は全員で登別温泉に一泊する予定。
みんなで楽しみにしている。
[PR]
by tianzao | 2012-06-12 10:51 |


内モンゴルの書家

1月に札幌で開催された国際現代書道展に、白老書道研究・一葦会の佐藤翔雲先生を通じて、内モンゴルの書家4名がその書道展に出品し、全員好成績を残した。
作品と賞状、それに贈呈される作品集も届いたと佐藤翔雲先生から連絡があった。
今年8月に内モンゴルから出品の仲立ちをした満都拉さんが来道し、お国に持ち帰る。
私は体調不良で4月から一葦会をお休みしており、まだ遠出の運転は無理なので、義弟の車を頼んで一葦会の錬成日の9日に白老へ受け取りに行ってきた。

《国際現代書道展外国人部門》
【会友・奨励賞 白音夫・書】
(インジャナシの詩)
「よい詩というのは青い雲が風にながれるようなものです」
e0111220_22163317.jpg

e0111220_2216523.jpg


【金賞 吉木彦・書】
「ゴビの故郷」
e0111220_22264830.jpg


【銀賞 査森蓮花・書】
(バ・ジャンブドルジの小説の一節)
「真夜中はとっくに過ぎたが・・・・・」
e0111220_22271390.jpg


【銅賞 図布信・書】
(日本語の五十音図を与える)
「モンゴル文字のチャガントローゲ」
 
e0111220_22314539.jpg


*モンゴル文字は縦書きで、左から右へと書き進みます。

久しぶりに書のお仲間さんたちが熱心に書に取り組んでいる姿を目にした。私はいつ復帰できるのかしら、筆を持てない日がまだ続いている。まずは今日から小学生たちの書道教室を再会した。
家で月例課題を練習してきてもらい、今日が仕上げの日。みんな一生懸命書きあげた後、子供たちはコンクールの作品作りもはじめた。それを見ていて私は少しだけ力を貰えたような気がした。
[PR]
by tianzao | 2012-06-11 22:22 | 書道


季節を感じて花は咲く

我が家の庭の花
e0111220_11273255.jpg
e0111220_1127444.jpg
e0111220_11265477.jpg
e0111220_1126338.jpg
e0111220_11275557.jpg


体調のせいにして、庭の手入れを怠っている。凍れの強かった冬、枝先が枯れてしまったツツジも健気に花をつけている。スズランは勢力範囲を拡大してほっておくとどんどん増えてしまう。かわいそうだけど少しだけ残して抜いてしまおう。今年はまだ支柱を立てていないシャクヤクがつぼみをつけて重たげに頭を下げている。がんばってみようかな。

りーろんさんからいただいたお花
e0111220_12302741.jpg

[PR]
by tianzao | 2012-06-07 12:30 |


第1回むろらん港鉄人舟漕ぎ大会

《むろらん港鉄人舟漕ぎ大会》
室蘭港開港140年、市制施行90年に合わせて、海の日の前日7月15日に開催する。
【室蘭民報記事】
e0111220_18282034.jpg

【北海道新聞記事】
e0111220_18312733.jpg

[PR]
by tianzao | 2012-06-05 18:33 | 出来事

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧