tianzao


<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧



キウシト湿原

【登別のキウシト湿原を紹介するパネル展】
e0111220_16235159.jpg

会場:イオン登別
会期:6月28日(金)〜30日(日)まで
まちなかに残された貴重な湿原に咲く花や生息する昆虫などの写真が展示されています。
e0111220_1627398.jpg
e0111220_16254698.jpg


【キウシト湿原ほたる鑑賞会】
期日:7月20日(土)〜7月31日(水)まで
集合時間:19時45分までにキウシト湿原においで下さい。
鑑賞時間:20時〜21時
問い合わせ:熊谷さんまで 携帯:09075132983

キウシト湿原を見学したい方は概ね午後に熊谷さんまで連絡すれば湿原内を案内してくださいます。

今日、熊谷さんのご案内で湿原の花を見に行き、緑豊かな湿原で森林浴をしてきました。
e0111220_16532728.jpg

【ただいま見頃の湿原の花】
カキツバタ
e0111220_16435092.jpg

ヤナギトラノオ
e0111220_1645217.jpg

ヒツジ草
e0111220_16464698.jpg

エゾカンゾウ
e0111220_16474129.jpg

カンボク
e0111220_1648769.jpg

登別が南限のミズゴケ
e0111220_1650478.jpg

絶滅危惧種のミクリ
e0111220_165366.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-06-28 16:55 | 出来事


お帰りなさい

元留学生の王一家が帰国することになり、第二の故郷室蘭に帰省した。
e0111220_18315580.jpg

室蘭生まれの陶陶は8月1日に6歳になり、今年9月に中国の小学校に入学する。
e0111220_18333776.jpg

1歳4ヶ月の鵬鵬は歩くのが楽しくて、躓いて転びあちこちぶつけてもべそもかかずに歩きまわる。
e0111220_18453448.jpg

お友達も来てくれた。
e0111220_18482271.jpg

楽しい思い出も一杯できた。
e0111220_18533641.jpg
e0111220_18591223.jpg
e0111220_18532096.jpg
e0111220_18525314.jpg
e0111220_18523645.jpg
e0111220_18521842.jpg
e0111220_1852263.jpg

3泊4日、ゆかりの人たちと旧交を温め、再会を約して旅だって行った。
e0111220_1935967.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-06-25 19:05 | 交流


ふくろう文庫蔵書5000冊達成

6月17日室蘭プリンスホテルでふくろう文庫蔵書5000冊達成祝賀会が開催され、関係者107人が出席し盛大に祝いました。
e0111220_942591.jpg


芝垣ふくろうの会代表による発起人挨拶、青山室蘭市長と美術書出版の原書房社長の祝辞、山下ふくろう文庫代表の謝辞のあと、新宮前室蘭市長の乾杯のご発声で杯をあげ、蔵書5000冊達成を祝いました。
e0111220_94541.jpg
e0111220_9493748.jpg
e0111220_9503458.jpg
e0111220_9552311.jpg
e0111220_9565398.jpg
北海道新聞社と室蘭民報社の報道関係者、市議会議員有志、ふくろう文庫を支援して下さっている方々のご挨拶が続き、室蘭市議会議長の万歳三唱で宴の終了となりました。

e0111220_101219.jpg


ふくろう文庫は平成11年に発足、市民から人生の節目や出来事の記念に寄付をいただき、寄付に応じた図書を山下代表が選書し、図書館に寄付している。蒐集にあたっては50年、100年を経ても文化財として生き残り、市民文化度向上の一助となり得る美術書を中心としている。市民の力で豪華限定本や原本から忠実に復元した美術品(国宝や重要文化財の巻子本や軸物)を集めて、地元室蘭で内外の美術品に親しむようにしたいとの考えが中心にある。
年2回開催しているふくろう文庫特別展、毎週木曜日と土曜日に図書館三階で開催しているミニふくろう文庫展、奇数月開催しているワンコイン美術講座には毎回40名に市民が受講し、参加費はすべて蔵書購入にあてている。

ふくろう文庫にはこれまで約300件の寄付、約4200万円が寄せられている。他に類を見ない室蘭のユニークで貴重な「ふくろう文庫」は蔵書1万冊を目指している。

e0111220_14354625.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-06-18 10:23 | ふくろう文庫


調和体書の講習会

苫小牧市文化会館で佐藤翔雲先生を講師に、調和体書の講習会と錬成会があった。
e0111220_21104998.jpg

道新文化センターで佐藤翔雲先生に教わっている方々と白老一葦会の仲間有志が参加した。
e0111220_218756.jpg
e0111220_218313.jpg

e0111220_21101037.jpg
e0111220_21144577.jpg
e0111220_21143073.jpg

参考手本
e0111220_21215272.jpg
e0111220_21212018.jpg
e0111220_21233557.jpg
e0111220_2123419.jpg

講習会で教わったり皆が書くのを見ているうちに、敬遠しがちだった調和体も案外面白いと思えてきた。講習会に参加して良かった。でも楽しみながら書けるようになるのはいつの日だろうか。

窓の外は青空、緑が目に優しい。
e0111220_21334042.jpg

会場の会館向かいにロシア(旧ソ連)の宇宙ステーション「ミール」が展示されていると聞き、本物の宇宙船を見たいと思いちょっと抜け出して、見学に行った。
e0111220_21314054.jpg
e0111220_2132216.jpg

凄いすごい、青い地球を見てきたんだね、ミールさん。
[PR]
by tianzao | 2013-06-17 21:44 | 書道


正しい筆順は?

e0111220_19351570.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-06-12 19:35 | 書道


花に癒やされ

今朝の我が庭、露に濡れて咲く花たち
e0111220_10513964.jpg
e0111220_10511714.jpg
e0111220_1051539.jpg
e0111220_10581964.jpg
e0111220_10535960.jpg
e0111220_10532383.jpg
e0111220_1114594.jpg
e0111220_1124753.jpg
e0111220_1145977.jpg

[PR]
by tianzao | 2013-06-12 11:03 |


今、北海道に来ています

昨日、茨城在住の友人が帰省していると連絡があったので伊達まで迎えに行った。初めて行く東関内、ナビの案内通りに走ったのだがパークゴルフ場に到着してしまい、携帯電話で友人と連絡をとりながらようやく彼女の実家にたどり着くことができた。
広い庭には緑豊かな木々が茂り、花もたくさん咲いていた。
e0111220_204636.jpg
e0111220_20482456.jpg

幹の途中から枝分かれして緑の葉と赤い葉が茂るようにとお祖父様が接ぎ木をして丹精込めて育て上げた一本の大きな楓があった。
e0111220_20365437.jpg


室蘭に戻り鷲別川沿いの桜を見に行った。北海道でもう一度お花見ができてうれしいね!
e0111220_20545324.jpg

e0111220_20532010.jpg


亀田記念公園をのんびり散策
e0111220_20594638.jpg
e0111220_2101177.jpg

子供たちが沼でトンギョやオタマジャクシをすくっていた。私も子供の頃トンギョとりをして遊ん日々を思いだしていた。
e0111220_2181792.jpg
e0111220_2175629.jpg
サンショウウオだよと見せてくれたのは
e0111220_2194597.jpg


夕ご飯はタケノコご飯とクロソイの刺身、茹でアスパラ、焼きナス・・・・、二人の合作のはずが殆ど友人の手作り料理。おいしくいただきました!

夜、母の家にも行きたいのでと友人を送っていった。隣に友人が乗っているので方向音痴の私でも迷うことはなかった。

彼女は私の妹の家がゲリラ豪雨で被害を受けた数年前、妹に茨城の野菜を届けてくださいました。
あのときはありがとうございました。
[PR]
by tianzao | 2013-06-05 21:31 | 出来事

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧