tianzao


タグ:シルクロード同好会の旅 ( 65 ) タグの人気記事



シルクロード同好会の旅をNHK室蘭で紹介

《NHK室蘭》
e0111220_20514187.jpg

由佳(小佳)さんがNHKの番組に出演し、シルクロード同好会の旅を紹介しました。
e0111220_2051936.jpg
小佳は落ち着いてアナウンサーの問いかけに受け応えしており、感心しました。
e0111220_2133366.jpg
e0111220_2135274.jpg
今回のテレビ出演は彼女にとって、旅の思い出と共に忘れ得ぬ貴重な体験になったことでしょう。
e0111220_21174482.jpg


《シルクロードの由佳さん》
同好会の旅に参加した中で最年少の小佳はスケッチをしたり、現地の子供たちと交流したりして旅を楽しんでいるようでした。
e0111220_2134893.jpg
e0111220_21342386.jpg
e0111220_21373861.jpg

e0111220_21375279.jpg
e0111220_21381378.jpg


私もNHKで流れた映像を見て、あの旅で体験した様々な出来事を懐かしく思い返しております。また旅にご一緒できるといいですね。
[PR]
by tianzao | 2010-11-02 21:40 |


小佳がNHK室蘭放送局番組に出演

《NHKで旅の報告》
11月2日NHK地域版番組でシルクロード同好会の旅が取りあげられます。
出演は同好会の旅参加者の中で最年少の由佳(小佳)さんです。
小佳のお母さんはシルクロードに造詣が深く、同好会の旅にはいつもご夫妻で参加しておりました。
e0111220_16494778.jpg
今年の旅に小佳は亡きお母さんが歩いたシルクロードをお父さんと共に歩きました。きっとお母さんも共に歩かれたと思います。タクラマカン砂漠でも、オアシス都市でも、バザールの賑わいの中でも、新疆のあちらこちらでお母さんを感じたのではないでしょうか。

新疆は果物の宝庫。実りの秋、街路沿いにもホテルにも街のあちこちに葡萄棚がたくさんあって葡萄がたわわに実っていた。
e0111220_13323919.jpg


《ホータンホテル(和田賓館)の葡萄棚の下で》
e0111220_13331763.jpg
ホータンホテルの建物を囲むように葡萄棚が作られている。小佳がお父さんと葡萄棚の下を散策していると棚の手入れをしているおじさんに出会った。
e0111220_13335880.jpg

ニイハオと挨拶をすると、おじさんはするすると葡萄棚に登って、大きな袋にいっぱい、ご自分が丹精した葡萄をプレゼントしてくださったのだ。
e0111220_1337334.jpg

e0111220_13342542.jpg


小佳がいただいてきた薄緑色の葡萄を、旅の仲間みんなでご馳走になった。おじさんの優しさと相まって、摘みたての甘酸っぱくておいしいホータンの葡萄はとびっきりの味がした。
[PR]
by tianzao | 2010-10-29 13:40 |


旅を振り返って

《記念集合写真》

【ポプラ並木、ロバ車】
e0111220_21462727.jpg

【参加者全員15人、タクラマカン砂漠に立つ】
e0111220_22271084.jpg


【旅の一コマ】

ほこほこ、焼き芋!
e0111220_2148246.jpg

散策
e0111220_22301283.jpg

山の向こうはパキスタン
e0111220_2231576.jpg

石頭城に咲く花
e0111220_22513776.jpg

賑わい
e0111220_2252867.jpg

お宝見つけて一攫千金
e0111220_2312912.jpg

ゴビ灘の岩塩
e0111220_2313982.jpg


《シルクロードの旅・納会》
旅が終わってもうすぐ2ヶ月になる。22日に今年の旅に参加できなかった会員も出席して、伊達温泉で納会をした。写真を見ながら旅のよもやま話で盛り上がった。
e0111220_22475968.jpg


来年の旅の候補は内モンゴルと黒水城。決定までには紆余曲折がありそうな・・・。
[PR]
by tianzao | 2010-10-24 21:34 |


無事に帰国しました。

《9月1日(15日目)あっという間の15日間》
昨夜は一晩中雷が鳴ってうるさかったらしい。でも私は眠剤を飲んで寝たので気がつかなかった。
朝4時50分:ロビー集合。
5時10分:北京空港へ向け出発する。
5時40分:空港着。
6時00分:搭乗手続き。出国カードを持って出国の手続き後、シャトルバスで第3ターミナルへ。
6時40分:安全検査、手荷物チェック終了し、Eスポットへ移動。

日本時間8時35分:CA169便に搭乗。
9時5分:北京空港離陸。私の席は3人がけの真ん中だったが、春木さんが窓側の席を譲ってくださった。お陰さまで、機内で眠ることが出来ずいぶんと楽になった。助かりました。
12時43分:新千歳空港に着陸。
13時40分:防疫、入国審査、税関検査終了。
13時50分:再会を約して挨拶を交わして皆と別れた。

今回の15日間の旅は道路事情が悪いこともあり、交通事故発生でバスが5時間近くも停車して動けない状態で目的地到着は夜遅くになるなどかなり過酷な旅になった。
また必要にせまられたこともあって、いつもの旅より中国語で会話をする機会が多かったので中国人といっぱい話をした。文法的にはおかしいかもしれないが、そんなことにとらわれず、単語をならべるだけでもコミュニケーションがとれればいいと開き直ったら、思いもかけず今までため込んでいた単語が口をついてでるようになって自分でも驚いた。予期せぬ事がたくさんあった旅だったが、今ではそのことが案外忘れがたい旅の想い出になっていくのだと実感している。

【体調】
出発前にかかりつけのクリニック通いが続いて旅行に参加できるかどうか心配したが、どうにか回復が間に合って薬の助けを借りながら参加することができた。旅行中、飲み水と油っこい食べ物とにはかなり神経をつかった。旅の後半に少し体調が優れなかったけれど、あのくらいで済んだのだから上出来だと思う。

旅の終盤に歯が浮いて痛みで噛むのもままならなくなった。でも、出かける前にかかりつけの歯科医院で念のためにと痛み止めと化膿止めを出してくれたおかげでずいぶんと助かった。帰国翌日から10月19日まで歯医者通いが続いたが、漸く解放されてほっ!
[PR]
by tianzao | 2010-10-21 23:39 |


ありがとうございました。

《多承您帮忙深表谢意》
新疆でお世話になったガイドさんと運転手さんへ中国語で謝意を表わしたいということで、tianzaoが短い挨拶文を書いた。ガイドのイミンさん、李洲さん、運転手の張さん、ありがとうございました。

我们感谢不尽真给您添麻烦了。
给我们都留下了,美好的回忆。

ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
  シルクロード同好会一同

[PR]
by tianzao | 2010-10-21 22:21 |


新疆ウイグル自治区にさようなら

《8月31日(14日目)ウルムチから北京へ》
ガイドのイミンさんが仙台の旅行団と一緒に北新疆のカナス湖12日間のツアーに出発するので、岡本、工藤、兼近、高橋、田澤の5人が一行を見送る。私たちの旅と同じように道路事情に泣かされるのかも。

【新疆歴史博物館】
e0111220_17164649.jpg

新しくなった博物館。館内説明を聞きながら楼蘭の美女に対面したり、陳列の文物を見学したり。
私は元気なふりをしているけれど、昨日から吐き気、頭痛、歯痛など体調の不具合が出てきていたので、博物館で立っているだけでもかなりしんどい状態。外に出たいと思ってもかんかん照りで・・・。
あぁあー、横になりたい!

【ウルムチ空港で李洲さんと別れて一路北京へ】
再会したときは嬉しいけれどお別れは寂しい。
15時22分ウルムチ空港を離陸、18時50分北京空港着陸。
預け荷物がなかなか出てこなくて、到着してから50分ほど経過してようやく全員の荷物が揃った。
昨年の旅でお世話頂いたガイドの金さんの出迎えで、今夜泊まるホテル強強国際酒店へ向かう。

【満都拉さんと一年ぶりに再会】
20時40分、ホテル到着。満都拉さんが出迎えてくれた。
満都拉さんは内モンゴル教育基金で支援している高校生3人と先生たちを伴ってはるばる内モンゴルフフホトから北京まで6時間余をかけて同好会一行を歓迎するため、北京に来ていた。
21時5分『金百万』というレストランへ案内され、大歓迎を受けた。
高校生が奏でる馬頭琴の響き、そして歌声、踊り・・・・。
e0111220_1757204.jpg
馬乳酒、北京ダック・・・・・。
e0111220_17581739.jpg

私はご馳走を前に、食べることができない。タクシーでホテルへ帰りたいと満都拉さんに伝えるが、日本と違って夜中にタクシーで帰るのは危ないから駄目だと言われた。体調、最悪。中座して宴会場の外のロビーで横になる。中では結構盛り上がっていたようだ。
レストランの従業員に「ペットボトルの水を分けてほしい」と言ったら、普通は高くても2元出せば買える物なのに「10元」と言われる。足下を見られたようで不快。でも、どうしても欲しかったので交渉して5元に負けて貰う。
宴会終了後、歩いてホテルへ。23時過ぎホテルに戻る。何もしないでベッドに潜り込む。
[PR]
by tianzao | 2010-10-21 17:59 |


トルファンの交河故城再訪

《8月30日(13日目)新疆ウイグル自治区とももうすぐお別れ》
【交河故城】
二つの河が交わる高台にある城址遺跡。紀元前2世紀に城郭を有し、漢代に軍隊が屯田したので「交河壁」とも称された。元代に廃棄されるまで1500年の歴史がある。
e0111220_16341394.jpg

中央大通りを歩く。
e0111220_155586.jpg
交河台地は柳の形をし、長さが1700メートル、最大幅300メートル。
e0111220_1554015.jpg
e0111220_1555210.jpg
大仏寺の周囲を3回廻って、ゆかりの人たちを偲んだ。
e0111220_15695.jpg
僧堂を背に夫の写経を広げる。
e0111220_15331771.jpg
故城下には河が流れ緑豊か。
e0111220_1562473.jpg
居住区?
e0111220_15365939.jpg


【ウルムチへ】
トルファンからバスで3時間ほど、旅の初日に泊まったウルムチの屯河美達酒店到着。
昼食後二道橋バザールに出かける。巨大なテントを張ったような店で値段交渉を楽しんだ前回とは大違い、立派なビルにそれらの店が入ってしまっていた。旅行者の勝手な思い入れなんだけれど何となく興ざめ。

【お別れパーティ】
とても美味しく皆食欲が戻ってきた。
e0111220_15563752.jpg
一足早くウルムチに戻っていたガイドのイミンさんがホテルに会いに来てくださった。
e0111220_15591210.jpg


【ウルムチ最大の屋台村】
李洲さんの案内で岡本会長、佐々木さん親子と私の5人で屋台村を散策する。夜の9時半を過ぎていたのにこの賑わいには圧倒される。
e0111220_1642843.jpg

イカ、エビ、カニ、シャコ、カイコ、リボンをつけた羊の頭・・・・。
魚の開きを回転させながら焼いているのを見て、一匹の魚なのに李洲さんは
「頭が二つだから2匹だ」と言う。
日本に精通していても、ホッケやアジの開きを食べたことがないのかな。
岡本会長曰く「今度ご馳走するから、室蘭に遊びにおいで」
[PR]
by tianzao | 2010-10-21 16:27


トルファン(吐魯番)観光

《8月29日(12日目)トルファン》
11時40分、トルファン駅到着。カシュガル、トルファン間の列車軟臥料金486元。
トルファンは天山山脈の内側にあるカイ山に囲まれた盆地で、駅はトルファン市内から50キロメートルの郊外にある。

【農家の葡萄棚の下で昼食】
e0111220_14581718.jpg
気温は46度、暑い!
e0111220_13145073.jpg
e0111220_13152686.jpg
ポロが美味しい!
e0111220_13163099.jpg


【カレーズ】
天山山脈の雪解け水は流れてくる間に蒸発してしまうので、水路を地下深くに掘った。その施設がカレーズ。中はとてもひんやりしている。入場料40元。
e0111220_13195230.jpg
地上に上がると気温は50度、その後2度ほど上昇。さすがに暑い! きつい!
e0111220_1321915.jpg


【トルファン、4つの一番】
〔暑い〕
6月7月の平均気温は43度。56度の記録がある。昼と夜の温度差が20度の時もあったそうだ。
〔低い〕
トルファンの面積の4%は海抜マイナス100メートル。高昌故城はマイナス46メートル、アイン湖はマイナス154メートル。
〔乾燥〕
1年の降水量は10ミリメートル。
〔甘い〕
乾燥、昼夜の温度差が甘い果実を実らせる。葡萄、ハミ瓜、うめ・・・。

あまりにも暑いので2時間ほどホテルで休憩してから観光に出かける。
【高昌故城】
前漢時代に漢の守備群が城壁(高昌壁)を築き、その後高昌故城郡が置かれ、この地は高昌国の国都として1000年の間栄えた。840年滅亡。
入場料40元、ロバ車10元。
ロバ車1台に御者を含めて10人ほど乗る。いくら力持ちのロバでもかわいそう!
e0111220_13354565.jpg

綺麗に整備され(過ぎ)ていて・・・。
e0111220_1341370.jpg
e0111220_13525478.jpg
スケッチをする。
e0111220_13531097.jpg
ここをはいると、
e0111220_13534033.jpg
640年、玄奘三蔵が3ヶ月間高昌国に滞在し、この場所で説法した。
e0111220_140974.jpg


【火焰山】
風が強いぶん、涼しく感じられる。
e0111220_14123510.jpg


【ベゼクリク千佛堂】
火焰山山中にある仏教石窟。入場料20元。
e0111220_1425085.jpg
この地では仏教から偶像崇拝を否定するイスラム教に改宗が進み、壁画や仏像を破壊した。破壊を免れた壁画も殆どが外国の探検隊によってはぎ取られて持ち去られてしまった。
e0111220_14391740.jpg

太陽と月を崇めるマニ教をまつった石窟がかろうじて残されている。これは世界で随一との説明があった。

ホテルに戻る。
ここでガイドさんが交代する。
イミンさん、ありがとう!お世話になりました。
李洲さんお久しぶりです。また、お世話になります。
李洲さんと夜の散策にでかける。
e0111220_14393334.jpg

[PR]
by tianzao | 2010-10-21 14:40 |


シルクロードの写真・スケッチ展と民芸品バザー

《展示会》
e0111220_2319124.jpg
e0111220_23193118.jpg
e0111220_2217296.jpg

9月15日、3人の室蘭工業大学留学生が準備作業を手伝いました。
e0111220_2320786.jpg

16日、多くの市民が来場、バザーにもご協力頂きました。
e0111220_2321384.jpg
e0111220_23212136.jpg

工藤善蔵画伯のご厚意でシルクロードのスケッチ全てを葉書に加工して販売したところ、とても好評でした
e0111220_2322244.jpg

今年はかなり厳しいシルクロードの旅になりました。砂漠、オアシス、洪水の爪痕、羊の丸焼き、玉探し、バザール、ポプラ、会場でそれらの写真と絵画を見ていると、旅先で体験した辛かったことも楽しかったことも、今ではとても懐かしく思えるてくるから不思議です。
e0111220_22142171.jpg
e0111220_222033100.jpg

オアシスの民芸品なども多くの皆様にお買い求めいただきました。
e0111220_22165721.jpg
e0111220_22181297.jpg


バザーの売上金は内モンゴル教育基金に全額寄付されます。
満都拉(マンドウラ)内モンゴル教育基金副会長と玉栄(イールン)夫人が支援金を届けるため各地の学校を訪問しています。
e0111220_22513245.jpg

詳しくは
内モンゴル教育基金ホームページをご覧下さい。
[PR]
by tianzao | 2010-10-16 23:30 |


列車のなかで交流

列車の通路にいた女性が部屋の椅子に座っていた私に話しかけた。

《在列车里,我和1个小姐聊了一会儿天儿》
(列車内で私と女性がおしゃべりをしました)

小姐:我想去厕所,请这件行李求你照看一下。
(私トイレに行きたいのです。どうかこの荷物を見ていてくれませんでしょうか)
我: 好。(いいですよ)

小姐:谢谢,你去哪儿?
(ありがとう、あなたは何処に行くのですか)
我:我去吐鲁番。(私はトルファンに行きます)
小姐:你们和旅游团出来吗?
(あなたたちは旅行団なんですか)
我:从日本北海道来新疆我们都15人的旅游团。
(日本の北海道から新疆に来た15人の旅行団です)
小姐:我家住库尔勒,我去库车玩。
(私はコルラに住んでいて、クチャに遊びに行くところです)
我:5年前,我去过库尔勒和库车。你的工作什么?
(5年前に私はコルラとクチャに行ったことがあります。あなたのお仕事は?)
小姐:卖服装。(洋服を売っています)
我:这是日本硬币,5日元。5元的日语发音是Goen,御缘也Goen。
(これは日本の硬貨です。これが5円。5円は日本語の発音でごえん、ご縁もごえん)
旅游团的会长:这个1日元,这个10日元,这个50日元,这个100日元。送给你。
(これが1円、10円、100円、1000円。あなたにあげます)
小姐:没有纸币吗?
(紙幣はありませんか)
旅游团会长:这个1000日元,这个5000日元,这个10000日元,这个500硬币。
(これが1000円、これが5000円、これが10000円、これが500円硬貨)
小姐:那个人是谁?(その人は誰ですか)
我:他是野口英世,是有名的细菌学者。你知道日本吗?
(彼は野口英世、有名な細菌学者です。あなたは日本を知ってますか)
小姐:知道富士山。要是会说汉话,还可以交朋友。
(富士山を知っています。中国語でお話できるので友達になれます)
我:我姓田泽,你呢?(私は田澤、あなたは?)
小姐:我叫李春燕。请多多关照。(私は李春燕、どうぞよろしく)
我:我也你请多关照。(こちらこそよろしく)

小雅:你好,送给你这个。这是日本北海道的有名产品叫夕张甜瓜冻。
(こんにちは、これをどうぞ。北海道名産の夕張メロンゼリーです)
小姐:第一次吃这么好吃的。谢谢,送给小雅这些坚果。
(初めて食べてとても美味しかった。ありがとう、小雅にこれらのナッツをあげます)
小雅:有很多,谢谢你。
(こんなにたくさん、ありがとう)

小姐:我要下车了,库车到了。再见。
(クチャに着きました。降ります。さようなら)
我:再见。(さようなら)


相変わらず私の中国語は間違いだらけで時々ちぐはぐ。でも知っている単語を羅列して、楽しく会話できました。おばさんは怖い物知らずなんです。
[PR]
by tianzao | 2010-10-15 22:47 |

    

はなこよみ
by tianzao
カテゴリ
全体
写真
出来事

交流
たび
遠き日に
美術館

書道
静心
Ms Miyako 
北海道内モンゴル友好協会
ふくろう文庫
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧